スポンサーリンク
スポンサーリンク

【艦これ】2-5周回

通常海域攻略(第二期)
スポンサーリンク

2-5周回に際して

神楽です。

月が替わりまして、マンスリー任務や

EO海域ゲージが新たに出現しました。

そこで今回は、2-5のゲージ割り

及び周回について述べようと思います。

神楽はEOは月初めにとっとと終わらせる性質なので、

間を置かずに他のEO海域についてまとめると思います。

 

2-5海域の特徴

毎度のように、箇条書きで見てみましょう。

 

・確実にボスマスに到達出来る

・索敵値によるルート分岐

・敵編成

・ドロップ艦

 

こんな感じかと。

では、個別に見ていきましょう。

 

確実にボスマスに到達出来る

南西海域諸島のボスを撃破することで達成となる

デイリー南西任務において、最大の強敵こそ

羅針盤によるルート逸れであります。

2-2や2-3で、そりゃあもう悩まされる提督も多いでしょう。

ところが、この2-5では基本的に

羅針盤に悩まされることはありません!

編成や装備さえちゃんとしていれば、

ボスマスまで逸れずに行けるのです。

さっさとデイリー南西任務を終わらせたい時や、

他の海域で逸れまくってムカついた時や、

ドロップ艦が足りなくて潜水艦隊も疲労している時の神楽や、

各種収集イベントなどで行く必要がある時に重宝します。

ボスまで行ける編成例は幾つもあるのですが、

逸れてしまう編成は

・戦艦二隻以上

・正規空母二隻以上

でしょうか。

もっと細かい分類があるのですが、簡単に。

駆逐艦の数や、後述の索敵値も重要となります。

 

索敵値によるルート分岐

2-5は索敵値によるルート分岐が

初めて導入された通常海域であり、

その中でも特に要求索敵値が厳しい海域となっています。

その理由は、司令部Lvに応じて

要求索敵値が上昇するという仕様のためであり、

熟練提督であればあるほど辛くなるのです。

もっとも、司令部Lvは現状120までとなっているので、

いずれ頭打ちにはなるのですが。

計算式により具体的な要求数を

割り出すことも出来るのですが、

神楽は経験や慣例に従ってダラダラしちゃうほうなので、

巡洋艦に零観☆MAX3機乗せて

あとは駆逐艦に電探乗せときゃいいや

って感じで編成しています。

 

敵編成

2-5の敵は道中、ボスともに手強いです。

初手マスでは、討ち漏らした際の閉幕雷撃

上ルート二戦目では、夜戦カットインによる無慈悲な大破

下ルート二戦目では、戦艦によるアンラッキーヒット

ボスマスでは戦艦3隻といった、

一応対策がないでもないわけですが

確実に突破できるわけでもないという歯がゆさとなっています。

開幕爆撃や夜戦装備が

常に効果を発揮してくれるわけではないので。

 

ドロップ艦

2-5で特筆すべきドロップ艦というと

江風、大鯨、明石(未所持時のみ)

でしょうか。

これらの艦を持っていないのであれば、

デイリー南西任務を2-5でこなして

狙ってみるのも一興でしょう。

 

――以上が、2-5海域の簡単な概略となります。

続けて、具体的な周回方法や

マンスリー任務についての解説をしていきましょう。

 

効率的な2-5周回

日頃から2-5を周回するに足るメリットは

既に述べた通りですが、

当然ながら2-2や2-3で

デイリー南西任務をこなすのに比べて

資源やバケツ(高速修復材)の消費は大きくなります。

確実にボスマスへ行けることとのトレードオフですね。

まず第一に、あまりにも不安定な

開幕夜戦マスのある上ルートは論外となります。

どんなに練度を上げようが、

夜戦装備を揃えようが、

やられるときはあっさりやられるのですから……。

となると、必然的に下ルートを選択となるのですが、

こと2-5周回に至っては戦艦や正規空母は

入れない方が良いというのが神楽の考えです。

下ルート初戦終了後に逸れたり、

二戦目の後に逸れて一戦多くなったりと、

余計な出費が増えてしまいますので。

敢えて逸れることで食材集めに活用する、

なんてテクもありましたけど。

ともあれ、神楽がいつも使っている編成は

軽空母×3+軽巡(阿武隈)+駆逐艦×2

という編成ですね。

とにかく開幕で可能な限り敵を排除していくスタイルです。

制空は初戦の敵軽空母が一隻の時しか必要とされないので、

対空値付きのレア艦攻・艦爆の数の暴力でゴリ押し。

ポイントは、瑞鳳改二乙と彗星二二型装備により

射程:長に揃えることで開幕爆撃のみならず

砲撃戦でも先手を取り続けることで敵艦を排除し、

被害を減らすことです。

攻撃は最大の防御なのです。

ボス前の索敵値分岐も、

彩雲や二式艦上偵察機などでクリアしています。

地味に触接確率や効果を高める狙いもあります。

今月も無事、2-5ゲージは爆破しました!

 

水上反撃部隊任務について

数ある任務の中でも難易度が高い部類である

「水上反撃部隊」突入せよ!

あえてやらない提督もいらっしゃるかと思います。

神楽は任務を残さずこなす派なので、毎月やってます。

駆逐艦旗艦で他3隻の計4隻、

残りを重巡洋艦(航空巡洋艦不可)

軽巡洋艦(重雷装巡洋艦、練習巡洋艦不可)

という、礼号作戦モチーフの編成縛りがある任務です。

駆逐艦が4隻なので強制的に上ルート固定、

つまりは夜戦マスを通過しなければならず、

ボスマスでも劣勢な戦力差でS勝利を取らねばなりません。

ボス前索敵値も厳しくなるなど、全方向で制約が課されます。

ある意味、この任務を習慣として難なく突破出来るようだと

ベテランを名乗ってもいいんじゃないかというくらいには

難関であるといえます。

神楽が毎月やっているのだと、

こういう編成になります。

ザラねーさまで制空権を取り、

お淀(大淀)で索敵値要求を満たし、

バルジを積める駆逐艦で生存性を高める

というコンセプトになります。

……バルジ改修で、中型艦用のは

この2枚しか残ってませんが(バシィ

今月は、一発で突破しました!

 

第五戦隊任務について

最後に、マンスリー「第五戦隊」出撃せよ! の任務です。

妙高・那智・羽黒の三隻を含む艦隊で2-5ボスS勝利する

という任務ですが、

まさか足柄さんをハブにする提督はいませんよね……?

これも、下手に戦艦や正規空母はおろか

軽空母を入れても逸れる可能性があるという

面倒な任務です。

逆に言えば、巡洋艦以下で揃えちゃえばいいんだ

ってことでもありますが。

そのへんは人それぞれといたしまして、

トレンドとされているのは、やはり足柄さんも加えた上で

航空巡洋艦二隻を加えて制空権を取りつつ

ルートを確保する編成となるでしょうか。

基本的には上ルートを進むので

照明弾や夜偵くらいは積んでいくと良いでしょう。

たまに下ルートに進んだり、

更に初手マス後に逸れたりもします。

それが嫌ならば、航空巡洋艦にドラム缶を二個積んで

上ルートに固定するという方法もありますが

その場合は照明弾は諦める必要があるかもしれません。

神楽の編成は、

という、概ねテンプレ通りのものとなっています。

この第五戦隊任務を円滑に終えられるよう、

装備を整えてきた部分がありますね。

3号砲☆MAXや2号砲☆MAXを揃え、

零観☆MAXを揃え、と。

イベントでも役に立つので無駄にはなっていないです。

夜戦マスで事故らなければ、

まず問題なく攻略できます。

 

――以上で、2-5周回の解説とさせていただきます。

 


艦隊これくしょんランキング

コメント