スポンサーリンク
スポンサーリンク

【艦これ】1-5.鎮守府近海-鎮守府近海対潜哨戒_攻略(第二期)

通常海域攻略(第二期)

 

 

スポンサーリンク

1-5海域について

神楽です。

今回は、デイリーやウィークリーの潜水艦狩りから

食材集め等のプチイベ、

その他色んな用事で訪れることの多い海域、

1-5の周回について述べてみようと思います。

 

・潜水艦しか出現しない

・編成に制限がある

・司令部Lvで敵が変動する

・ドロップ艦

 

こんなところでしょうか。

 

潜水艦しか出現しない

正確には、

ボス確定ルート上では潜水艦しか出現しない

でしょうか。

後述の編成縛り以外で進軍した場合、ルートを逸れた先で

鎮守府海域にいるのはおかしい強さの敵の待つ

お仕置き部屋に連行される場合があります。

対潜装備しか持たない艦隊ではまず勝てないので、

酷い仕様だと思います。

ともあれ、編成の制限を守れば大量の潜水艦を狩れるため、

デイリーやウィークリーの潜水艦撃破任務が

短時間で終わることになります。

もっとも、新海域7-1の出現によりその座は脅かされていますが。

 

編成に制限がある

1-5海域は途中で逸れずにボスまで辿り着くために

幾つかの制限に応じた艦隊編成をする必要があります。

 

・艦数が四隻以下

・戦艦は航空巡洋艦のみ可

 

といった縛りです。

1-5海域はこれらの制限を下敷きにした上で、

様々な追加要素によりその時々のトレンドが変遷してきた海域であります。

実装当初と現在では、全く異なるテンプレートになっているのが面白いですね。

早速、第二期では

 

・海防艦×4隻で内側ルートを通れる

 

という新仕様が用意されました。

 

司令部Lvで敵が変動する

1-5海域の敵編成は、司令部Lvで変わっていきます。

特に顕著なのが、最初のマスの潜水艦単艦が

司令部Lv80から単縦陣に変わり

非常に凶悪な開幕雷撃を仕掛けてくるようになることでしょう。

実装当初からの古参提督は

何度となくヤツに苦渋を舐めさせられてきたものです……!

今でこそ対策が立てられるとはいえ、

受けた恨みは晴れることはないでしょう。

第二期に移行して、

初手マスには複数の潜水艦が出現するパターンも設けられ

またまたレギュレーションが変わってしまいました。

1-5海域は、最低限の対潜能力を持つ艦隊でないと

安定した周回の出来ない海域であると言えます。

 

ドロップ艦

1-5では、ビギナーであれば初めて

潜水艦がドロップする海域

になるのではないかと思います。

ある程度の司令部Lv以上であれば

 

・伊168

・伊58

・伊19(道中で司令部Lv80以上/ボスマスで司令部Lv40以上)

・伊8(ボスマスで司令部Lv80以上)

 

がドロップします。

また、未所持の場合に限り、

司令部Lv80以上で明石がボスマスでドロップします。

どれもプレイの幅を広げる貴重な戦力なので、

ビギナーであれば積極的に狙っていくべきでしょう。

 

――以上が、1-5海域の概要になります。

続けて、具体的な周回方法に移ります。

 

効率的な1-5海域周回

先程も述べましたが、

1-5海域は幾度もの仕様の追加・変更により

最適な攻略編成が変わっていった海域であります。

実装当初に確立したのは

ボスルート固定のために軽空母や水母を一隻入れ、

二巡にして手数を増やすために航空母艦を、

それ以外を軽巡一隻までの対潜艦で編成する、

というようなものでした。

初手の鬼畜単縦陣潜水艦を始め、周回が著しく不安定であった時代の話です。

先制対潜攻撃実装からの仕様変更に伴う現在におけるトレンド及び

ちょっとした周回の豆知識などを説明していきましょう。

 

先制対潜攻撃と対潜装備シナジー

まずは1-5海域周回の大前提である要素、

先制対潜攻撃の仕様について解説します。

先制対潜攻撃は、

一定値以上の対潜値を持つ対潜可能艦種が

敵潜水艦の開幕雷撃前に対潜爆雷攻撃を仕掛けるというもので、

潜水艦を相手にする場合に大いに効果を上げるものです。

発動条件は、

・駆逐艦、軽巡洋艦、練習巡洋艦、重雷装巡洋艦、補給艦が

 ソナーを装備した上で対潜値100以上

・海防艦がソナーを装備した上で対潜値60以上

 あるいは装備の対潜値上昇が合計4以上で対潜値75以上

・護衛空母が零式ソナーを装備した上で対潜値50以上

 あるいは対潜値65以上

となっています。

また、五十鈴改二、龍田改二、

Jervis改、Samuel B.Roberts改、Johnston

装備によらず無条件で先制対潜攻撃が可能となっています。

対潜能力の強化は他にも

ソナーと爆雷投射機を同時に装備した場合に

対潜爆雷ダメージが増加するという仕様の追加や

新たに爆雷カテゴリの装備が実装され、

ソナーと爆雷投射機との装備シナジー及び

敵潜水艦に対する装甲破砕効果も相まって

爆発的に対潜ダメージが増加しています。

加えて、先の食材集めプチイベントの報酬として

三式爆雷投射機 集中配備(対潜値+12)や

試製15cm9連装対潜噴進砲(対潜値+15)といった

対潜値を飛躍的に上昇させる装備の導入によって、

四式ソナーとの組み合わせで

対潜値61以上の対潜可能艦が

先制対潜攻撃可能となるなど

対潜事情は常に大きく変動している要素です。

 

現在の1-5周回テンプレート

現在、最も安全かつ安定した1-5海域周回編成となると、

このようなボスルートを固定しつつ

全艦が先制対潜攻撃可能な艦で編成したものになるかと思います。

先制対潜攻撃が可能であれば、

軽巡(雷巡や錬巡を含む一隻まで)や駆逐艦でも可です。

これならば、余程不幸な事故でも起こらない限り

ノーダメでボスまで撃破可能となります。

攻撃を外して敵の雷撃を食らって大破、なんてことは往々にして起こるものですが。

手っ取り早く潜水艦撃破任務をこなす場合などは、

こういった編成をプリセットに記憶させておくのが良いのではないかと思います。

 

また、追加情報として

軽空母・水上機母艦・航空巡洋艦といった

旧来のボスルート固定に必要だった艦種がいなくても

四隻編成であればボスマスに行ける

ようになったようです。

 

ホラこのように。

一種の規制緩和なのですかね?

なお、軽巡洋艦が三隻以上だと三戦目の後に逸れて

お仕置き部屋に連行されるのは変わっていないようです。

 

1-5海域・海防艦編成

今まで意味深に存在していならがも、

実際はただのハズレルートだった1-5海域の内側ルート。

第二期になりまして、遂にその封印が解けました!

 

海防艦×四編成により、内側ルートが開通しました。

軽空母や航空巡洋艦、水上機母艦を入れずとも

ボスルート固定が出来るようになりました。

いよいよもってデイリーあ号待ったなしですが、

そもそも1-1海域キラ付けのボスマス到達率が上がったり

7-1海域という同系等で強烈なライバルの登場もあって薄れてしまっています。

とはいえ、海防艦の集中レベリングが出来るのは

1-5海域を除けばごく僅かであるため、その需要は今持って健在です。

2-2海域周回で海防艦が要るってのもありますがね。

 

また、海防艦五隻でも内側に入ることは出来るようです。

海防艦六隻だと外回りになってしまいました。

もしかしたらランダムかもですが。

 

……ただし、ボス前で逸れて

海防艦にとっては鬼畜極まる相手をさせられます!

一応、これを警戒して海防艦に砲を二基づつ乗せてはいったのですが、

全く手も足も出ませんでした。

同人誌ならさぞ酷いことになっている展開でしたよ……。

よしんば、この海防艦限定お仕置きマスというとんだエロ空間を抜けられたとしても、

ボスに向かうのかそのまま逸れて終わるのか

そこらへんはまだ確認出来ていないのですよねぇ……。

 

1-5海域周回によるキラ付け

上記の最適編成に比べれば安全・安定度は落ちますが、

1-5海域をキラ付けに利用する手もあります。

 

こういった感じですね。

旗艦にキラを付けたい先制対潜攻撃可能艦、

その他をドロップ艦なりちょっと育てたい艦などで編成。

神楽は現在、第二期移行による艦娘改造画像の再収集等で

中途半端に育った子がいたりします。

この方法でのキラ付けが可能なのは

先にも述べたように素の対潜値61以上の駆逐艦や軽巡、

あるいは海防艦なので

レベルによっては該当しない子達が出てしまいます。

そういう子達は従来どおり、1-1海域でのキラ付けですね。

神楽んとこであれば、

軽巡系列はみんなLv99以上なので問題はなく。

駆逐艦はLv94以上ですが、

ほとんどの改二駆逐艦(朝潮型は朝潮改二丁、霰改二のみ可能)、

陽炎型の後期型の子達、夕雲型、神風型、海外駆逐艦

といった面々は先制対潜攻撃可能です。

 

――以上で、1-5周回の解説とさせていただきます。

 

1-5海域攻略

では、1-5海域を攻略していきましょう。

どのルート・編成でも大した違いはありませんが、

オーソドックスな外回りで行きます。

 

1-5・一戦目

恨み募る一戦目です(過去の話)。

今でも、キラ付け先制対潜艦が外して食らうことがあtりますが。

とはいえ、第二期に至って敵艦数が増えましたが、

同時に単縦陣単騎の暴力も少なくなったので(未だ出ることがあります!

相対的には安全になりましたね。

キラ付け艦隊でも、他に先制対潜艦がいても

ダメージコントロールで旗艦にMVPを取らせることも出来ますし。

 

1-5・二戦目

二戦目は第一期と変わりなく。

先制対潜攻撃で旗艦を潰せると安全です。

 

1-5・三戦目

三戦目も変わりませんね。

このあたりからキラ付け艦隊だと被害が出てくる頃合いです。

大破進軍には気をつけましょう。

 

1-5・ボス戦

このへんの空きマスも後で埋めないとなぁ、とは思いつつ。

 

ボス戦もいつも通りです。

通常の周回編成ならまず勝てますが、

キラ付け艦隊だと随伴艦がダメージを負っている場合も多く、

旗艦が二隻沈めれば勝てるとはいえ、外すこともありますからねぇ。

なんとなくですが、対潜値61あたりの

スーパー爆雷投射機&噴進爆雷を積んでる子は命中率が悪い気がします。

改修の差、でしょうか?

 

とりあえず、サクッとゲージは爆破しまして――

 

1-6は開放しました。

 

1-5海域・海防艦ルート

先に述べました、海防艦×四隻ルートです。

外回りルートの二戦目から分岐しまして――

 

内側での一戦を経まして、ボスに到達出来ます。

海防艦のみである以上、自動的に先制対潜攻撃可能なわけでして

より安全かつ燃費も宜しいことになっております。

燃費と言えば、第二期は1-5海域全体での燃費が良くなったようです。

というか、全海域でそういう傾向にあるっぽいですね。

どうも、対潜マスや航空戦マスや夜戦マスがレイテ前半E-4仕様になっているのだとか。

4-5海域の大外回りルートなんか顕著ですね。

 

1-5海域・空きマス埋め

では、残る1-5海域の要素を詰めていきましょう。

要するに、空きマス埋めです!

 

1-5外回り・空きマス埋め(上)

では、外回りの敢えて逸れる前提で行ってみましょう。

お仕置き部屋を逆にお仕置きする気満々の編成です♥

 

軽巡過多につき、逸れました。

マトモな対潜艦隊ではまず勝てない初見殺しであります。

既にその存在を知っていれば、こんなものです(ざまぁ)。

 

1-5外回り・空きマス埋め(下)

も一つ、逸れる編成で行ってみます。

今度は下のマスですね。

 

行ったのは上のマスの前ですが。

コチラはまだ有情な感じではありますが、

やはり対潜艦隊ではまず勝てない罠となっています。

これらのお仕置き部屋へ連行される条件は、

まず軽巡洋艦が二隻以上だと三戦目の後で逸れ

艦隊が五隻以上だと下に行ってから逸れる

――といったところでしょうか。

 

1-5内側ルート・空きマス埋め

最後に、内側に残った空きマスです。

ここには海防艦のみ五隻以下で確定で来ることが出来、

それ以外は五隻編成であれば外回りとのランダム分岐で来ることが出来ます。

更にボスマスから逸れてハズレマスに向かうには、

海防艦四隻以下以外の編成……つまり、このルートに来られる以上

五隻編成であれば良いわけです。

ついでに、補給艦がいるとより確率が高まるとのことですので――

 

こういう編成にしてみました。

補給艦なら、攻撃力に乏しい神威よりもはやスィー(速吸)ですよね。

神楽んとこのはやスィーは

旧来の3-5海域周回準下ルート旗艦で結構鍛えられています。

とはいえ、何度もの試行のたびに潜水艦に雷撃くらってやがりましたが。

ホント避けられない子です。

あとは、水上艦との戦闘が待っているので、その対策を。

手も足も出なかった海防艦の仇を討ってやりましょう!

 

三回ほど大破(はやスィーが)撤退したり、

外回りに逸れてはやスィーが中破したりしましたが、

ようやくお目当てのルートに進みました。

海防艦の仇には、苦もなく勝利出来ました。

 

そして、おそらくはランダムであろう羅針盤に勝って(負けて?)

空きマスを埋めることが出来ました♥

これで1-5海域もコンプリートです。

 

 

 


艦隊これくしょんランキング

コメント