スポンサーリンク
スポンサーリンク

【艦これ】E-5・第三戦力ゲージ攻略(第二期)

イベント海域攻略(第二期)
E-5海域・第一戦力ゲージの攻略記事はこちら
【艦これ】E-5・第一戦力ゲージ攻略(第二期)
2018年初秋イベント:抜錨!連合艦隊、西へ!_E-5・第一戦力ゲージ攻略

 

E-5海域・第二戦力ゲージの攻略記事はこちら
【艦これ】E-5・第二戦力ゲージ攻略(第二期)
2018年初秋イベント:抜錨!連合艦隊、西へ!_E-5・第二戦力ゲージ攻略

 

E-5海域・ルートギミック攻略の攻略記事はこちら
【艦これ】E-5・ルートギミック攻略(第二期)
2018年初秋イベント:抜錨!連合艦隊、西へ!_E-5・ルートギミック攻略

 

スポンサーリンク

E-5:全力出撃! 新ライン演習作戦 欧州作戦海域方面 北海/北大西洋海域・第三戦力ゲージ攻略

神楽です。

いよいよ最終海域・最終局面に到着しました。

ルートギミックを解除して、ボスマスまで楽に辿り着けるようになったため

クリアに向けての準備が整った状態にあります。

攻略に際しては、水上部隊による「ライン演習」札ルート

機動部隊による「Force H」ルートの二通りがあります。

どちらでも攻略可能ですが、一長一短が存在します。

また、札を統一していないと攻略出来ません(甲難易度限定)。

それから、戦力ゲージを削りきり、戦力ゲージ破壊可能段階に突入すると

ボス編成が異常なまでの強化を果たします。

第一艦隊、全艦姫クラスという威容……!

2016年春イベントのラスボス、中枢棲姫戦を彷彿とさせます。

第二艦隊も付随している分、戦力比は今回が上でしょうか。

それとも、厄介な回避盾である駆逐古姫がいない分マシでしょうか?

……そういえば今回、いませんねコキちゃん。

水着になるのが嫌だったんでしょうか?

 

装甲破砕ギミック

さて、そんな倒せそうもない強大極まるラスボスですが、一つ突破口があります。

戦力ゲージ破壊可能段階に突入した状態で

水上部隊「ライン演習」札ルート、機動部隊「Forve H」札ルートの

それぞれで一回ずつA勝利することで装甲破砕ギミックが解除されます。

こうなると、ボス艦隊全体に対する与ダメージ量が劇的に向上します。

こうすることでようやく、互角に殴り合うことが可能になります。

ただ、ひとつ気を付けなければならないのは、

装甲破砕ギミックを解除する前にラスボスを撃破してクリアしてしまうという

極めて恵まれた幸運に与ってしまった場合(低難易度では有り得る状況)、

装甲破砕状態のラスボスを拝めないばかりか、

装甲破砕ギミックが解除されないまま初期状態に戻ってしまうため

与ダメージ上昇の恩恵が得られなくなってしまうことです。

当然、クリアしたこと自体は問題ではないのですが、

その後に掘りを考えている場合には多大な影響があります。

念の為、装甲破砕ギミック解除中は

昼戦でA勝利が確定したならば(敵艦×八隻以上撃破)、

夜戦に突入しないことをお勧めします。

このバグか仕様かはわかりませんが、

装甲破砕ギミックが解除されない不具合を解消する方法は

現時点では見つかっていないようですから。

 

特効艦

第三ゲージボスにも、特効を持つ艦が設定されています。

イギリス艦からは、Warspite、(Nelson)、Ark Royal、Jervis

ドイツ艦からは、Bismarck、Prinz Eugen

イタリア艦からは、Littorio/Italia、Roma、Aquila、Zara、Pora、 Libeccio、Maestrale

これらの子たちが、ボス編成全体に対して

およそ1.2倍ほどのダメージ補正を得られているようです。

ルート固定のために多くの欧州艦を組み込むことになるので、

自然とその恩恵にあやかれるでしょう。

 

ボスルート

ボスマスに到達するには、

水上部隊「ライン演習」札ルート、機動部隊「Force H」札ルートの

どちらからでも可能です。

甲難易度未満であれば、両方の札の付いた艦娘が混在していても構いません。

ルートも途中まで、

機動部隊「Force H」札ルートであれば、第一戦力ゲージ攻略道中のHマスまで

水上部隊「ライン演習」札ルートであれば、第一戦力ゲージ攻略道中のMマスまでは

条件は一緒で到達出来ます。

そこから先は、ルートギミック解除で出現したZ3マスを通るのが楽なのですが、

それには諸処の条件があります。

この際、E-5海域のルート分岐をまとめてフローチャートにしてしまいましょう。

 

E-5海域・ルート分岐条件フローチャート

機動部隊「Force H」

機動部隊「Force H」である

Aマス・分岐

欧州艦の合計数

甲:六隻

乙:四隻

丙:二隻

丁:一隻

以上

戦艦と空母の

合計数が

四隻以下で

全艦、速度が

高速以上

戦艦と空母の

合計数が

二隻以下

 

全艦、

速度が

高速+以上

それ以外

Bマス

(空襲

マス)

経由で

Dマスへ

Dマス・能動分岐

Eマス選択

Fマス選択・能動分岐

索敵判定・失敗

索敵判定・成功Hマス選択

Iマス選択

GマスJマス

(第一戦力ゲージ

・ボスマス)

Xマス

                                             ↓

Iマス・分岐

索敵判定・失敗

索敵判定・成功

補給艦がいる

Gマス

Jマス

(第一戦力ゲージ・ボスマス)

                                            ↓

Lマス・分岐

ドイツ艦と

フランス艦の

合計数

甲:四隻以上

乙:三隻以上

丙/丁:二隻以上

全艦、速度が

高速以上

それ以外

Oマス経由でWマス(第二戦力ゲージ・ボスマス)

Nマス

 

Xマス(機動部隊)

Hマス→Xマス・分岐

全艦、

速度が

高速+以上

戦艦と空母の

合計数が

二隻以下

全艦、速度が

高速以上

 

軽巡洋艦と

駆逐艦の

合計数が

五隻以上

水上機母艦

がいる

潜水艦

(低速)

がいる

それ以外

駆逐艦の数

三隻

以上

三隻

未満

Z3マスへ

Yマスへ

Z2マス(第三戦力ゲージ・ボスマス)

 

水上部隊「ライン演習」

水上部隊「ライン演習」である

Sマス(潜水新棲姫マス)・分岐

いずれでもない

戦艦と空母の

合計数が四隻以上

重雷装巡洋艦がいる

欧州艦の合計数

甲:六隻

乙:四隻

丙:二隻

丁:一隻

以上いる

足りない

Rマスへ

Sマス(潜水棲姫マス)経由で、

Rマスへ

Qマス・分岐

補給艦か

水上機母艦

がいる

いない

第二戦力ゲージがある

第三戦力ゲージがある
戦艦と

正規空母の

合計数が

三隻以上

第一艦隊の

戦艦と正規空母の

合計数が三隻以上

第一艦隊の

戦艦と

正規空母の

合計数が

二隻以下

駆逐艦の数が

二隻以下

駆逐艦の数が

三隻以上

Pマスへ

Mマス

                       ↓

Pマス・分岐

戦艦の数が

甲:二隻以下

乙:三隻以下

丙/丁:四隻以下

戦艦の数が規定数以上

↓                          ↓

Lマス・Kマス

Lマス・分岐

Kマス・分岐

ドイツ艦と

フランス艦の

合計数

甲;四隻以上

乙:三隻以上

丙/丁:二隻以上

全艦、

速度が

高速以上

それ以外

第二戦力

ゲージ

がある

第三戦力ゲージ

がある

Iマス経由で

↖Lマスへ

(第一戦力の

ボスには

行かない)

戦艦と

正規空母の

合計数が

四隻以上

戦艦と

正規空母の

合計数が

三隻以下

Oマス経由でWマス

(第二戦力ゲージ・ボスマス)

NマスIマス

経由で

↖Lマスへ

Hマス

経由で

Xマスへ

 

Mマス

Mマス・分岐

第二戦力ゲージ

がある

第三戦力ゲージがある

低速艦

がいて、

正規空母

がいる

いない

戦艦と正規空母の合計数

既定値以上

甲:二隻以下

乙:三隻以下

丙/丁:四隻以下

欧州艦の数

六隻未満

六隻以上

 

 

第一艦隊の軽空母の数

二隻

一隻以下

重雷装巡洋艦が

いる

いない

Kマス

Xマス

 

Xマス(水上部隊)

Xマス・分岐

全艦、

速度が

高速+以上

水上機母艦

もしくは

あきつ丸

がいる

戦艦と空母の

合計数が

二隻以下

 

軽巡洋艦と

駆逐艦の

合計数が

三隻以上

潜水艦

(低速)

がいる

それ以外

Z3マスへ

Yマスへ

Z2マス(第三戦力ゲージ・ボスマス)

 

これで合っていますかね?

――最終海域・最終局面の概略は、以上です。

 

E-5海域・第三戦力ゲージ攻略

いよいよ、ラスボスに挑む時が来ました。

まずは、戦力ゲージを削りきらなければなりません。

幸い、道中戦は最終海域にしては大人しいので、

高い確率でボスマスまで辿り着くことは可能です。

ネックになるのは、水上部隊・機動部隊いずれの場合でも

初手潜水艦マスになります。

削りの段階であれば、基地航空隊の一部隊を

東海部隊にして当たらせると良いでしょう。

ただ、第一戦力ゲージ攻略の時に知ったはずですが

機動部隊で攻略する場合はエアベースからCマスまで遠いので

東海以外の対潜艦載機が届かない場合があるので、ご注意を。

攻略編成に関しては、第一・第二戦力ゲージそれぞれの攻略編成を基に

ラスボスへのルート条件に合うように調整する必要があります。

既に攻略編成は世に溢れているので、参考にすると良いでしょう。

 

E-5第三戦力ゲージ

ではここからは、神楽のラスボス攻略の模様となります。

 

まずは、このように組んでみました。

水上部隊ですね。

新たに、飛鷹・多摩改二・Z1・Z3が加入しています。

神楽がラスボス戦を始めた頃は、

Z3マス経由での水上部隊攻略が持ち上がった時でした。

先人の調査の結果、軽巡と駆逐艦の数が関わっていると判明しました。

第二艦隊に軽巡+駆逐艦が五隻、そして第一艦隊にも軽巡が必要とのこと。

……実の所、これは過剰でした。

実際は、諸々の条件をクリアした上で

軽巡+駆逐艦×二隻という常識的な数で良かったのです。

情報が錯綜していた過渡期にありがちなことですね。

なお、実用性の上で言えば対潜艦で初手の安全を確保し

道中が比較的大人しいことから第二艦隊に被害が及びにくいこと、

なおかつ欧州艦の数を確保した上で

駆逐艦とはいえ夜戦カットイン艦を揃えられたことで、

削りに関してはあまり問題ではなかったのです。

多摩改二も、制空補助として活躍出来ていましたし。

なお、道中支援は出していません。

水上部隊のZ3マス経由ルートでは、

道中一回しか来ない上にあまり強くはないですからね。

 

基地航空隊は、ボスマスまでの到達距離が7なので、

最上位の陸戦と陸攻×三機の二部隊をボスマスに集中させます。

もう一部隊は、例によって東海部隊をTマス潜水ロリにぶつけます。

 

E-5第三戦力ゲージ・Z3マス

道中は既に通った所ばかりなので、割愛します。

Xマスの分岐はかなりややこしいのですが、

結果的にYマスに行くことはありませんでした。

道中戦が増えてでも……という覚悟で行ったことはあったのですが、

偶然にも行かずに済む編成が当たったのですよねぇ。

 

ルートギミックの二段階目で出現したZ3マスは、空襲マスでした。

ボス前なのでどんなに苛烈なものかと覚悟していたら――

拍子抜けするくらい弱いのでした。

見れば、飛んでくるのは開幕爆撃が妙に弱い深海鳥艦載機ですね。

憎きヌ級改と共にデビューしたこのキモい艦載機、

射程・超長と砲撃戦時の破壊力と高い対潜値を備えたクソチートですが、

唯一の欠点として開幕爆撃だけは弱いのです。

なので、ここでの被害はほぼないと言って良いです。

神楽も、有効打は攻略中に一度、クリア後の掘り中に一度、

一隻が中破になったくらいですね。

 

E-5第三戦力ゲージ・ボス戦

本イベントのラスボスのお目見えです。

空襲マスでちらほら見えていましたね。

鉄兜を被った武人風の水姫タイプです。

砲塔が連装砲と三連装砲のハイブリットであることと

この海域及び作戦名(あと報酬艦)から、

ビスマルクとネルソン級の合いの子であると予想されます。

なんというか、シンプルに格好良いですね。

無駄のない質実剛健な感じと言いますか。

 

ラスボス編成は、既に姫級が四隻並んでいやがります……!

こ、甲難易度ならこれくらい普通だし!

基地航空隊は、あまりパッとしませんでした。

これでも、ラスボスに挑むにあたり熟練度を上げ直して来たのですけどねぇ。

 

ラスボス戦には、水上部隊では事実上

正規空母を連れてくることが出来ないので、

制空周りは軽空母に頼らざるを得ません。

新たに参加した飛鷹は軽空母でも最大の艦載機搭載数を誇りますが、

RJ(龍驤)ちゃんは著しく偏った攻撃型ですので、そのへん心許ないです。

しかし、多摩改二が不足分を水戦で埋めてくれたため、制空権確保出来ました。

上手くすれば、空母BBAが枯れることも期待出来ます(実際、何度か枯れました)。

 

決戦支援も出していますが、第二艦隊を削ってくれれば御の字ですね。

姫級に有効打を与えることは……たまにあるっちゃありますけど。

 

この局面では、開幕雷撃は貴重なダメージソースです。

魚雷カットイン装備ですから、良く効きます。

しかし、彩雲を乗せる余裕もなかった第二戦力ボスとは違い、

丁字不利に怯えなくて済むのは安心です。

 

なんかね、妙に飛鷹さんがハッスルしていたのですよ。

別に特効とか補正とかないはずなんですが。

今までほとんど出番もなく母港で体育座りしていた鬱憤晴らしでしょうか?

 

昼戦は順調に推移しまして、夜戦に入ります。

なお、ボスは以後もずっと第二艦隊旗艦のタシュ子を狙い続けることになります。

そりゃ、探照灯を装備してますけど、まだ昼ですよ?

そのへん、ブッダと同じアルゴリズムなんでしょうか?

第二ん時も、第二艦隊旗艦コマちゃんが妙に狙われましたし。

さて、友軍艦隊です。

そろそろ見慣れたゴトランド君ですが、まだ神楽んとこに来てくれません……。

しかし、スウェーデン艦に率いられるイタリア艦隊ってどうなってるんですかね?

 

マエリベ姉妹も続きます♥

 

砲カットインの連撃で、重巡夏姫を戦闘不能に追い込みます。

 

よし子(Aquila)が当てたアアアァァァァァァッ!!?

実は、今回の友軍空母は軒並み強化されていまして、

しっかり大打撃を与えてくれるようになったのですよね。

 

ぅゎょぅι゛ょっょぃ

何と、ケツダイソンを沈めてしまいました!

 

ちなみに、ラスボスのステータスです。

相変わらずぶっ飛んだ数値が並んでおります。

で、例によって脱ぐと強くなるわけです。

 

満を持しての北上さまカットインですが、惜しくもボスを狙わず。

というか、今回のイベントの北上さまは妙にポンコツといいますか。

夜戦カットインの確率は非常に高かったのですが、

全くボスを狙ってくれませんでした……。

調子が悪かったのですかねぇ?

幾度もフィニッシャーになってきた実績があるだけに

つい頼りたくなってしまうのは仕方がないのです。

 

ラスボス戦の初戦はA勝利でしたが……、……? ……ッ!?

き、来ちゃいましたゴトランド君ッ!!?

まさかのラスボス戦一発ツモです!

いやー、こんなこともあるものですねぇ。

過去にも、2017年冬イベントのE-3ラスボス到達の初っ端で

ヒトミ(伊13)を引き当てたのです。

今回は、E-5第一丙掘りもしていましたけど、

結局は攻略中にドロップ新艦娘が揃うことになりました♥

これで、同2017年冬イベント以来ずっと継続している

攻略中新艦娘ドロップ記録が更新されました。

攻略運は腐っている神楽ですが、新艦娘ドロップ運だけはあるのですよねぇ。

 

E-5第三戦力ゲージ・削り

ここからは、ゲージ削りの模様です。

 

E-5第三戦力ゲージ削り・二回目

今度の友軍艦隊は、アーちゃん(Ark Royal)率いる英国艦隊です。

……知らない子がいますね。

 

ソーフィッシューが当たりました!

快挙です。

と、散々に風評被害を受けていたアーちゃんですが、名誉挽回の時ですよ。

今回はカスっていますが、ちゃんと有効打を出せるようになりました。

 

なんか立ち絵が変わってるウウウゥゥゥゥゥゥッ!!?

これが噂に聞くネルソンタッチか?

とも思いましたが、単なる砲カットインのようです。

えげつないダメージ出てますけどね。

 

やっぱりボスを狙ってくれない北上さまです……。

 

E-5第三戦力ゲージ削り・三回目

昼戦では姫級が全艦残ってしまいましたが、

ボスを半分は削ったので良しとします。

 

E-5第三戦力ゲージ削り・四回目

英国艦隊にちゃっかり紛れているワタシ(金剛)とヒエー(比叡)デース!

……おっと、お里が知れますね♥

金剛は純正の英国産ですし、

ヴィッカース社製でスパ子(Warspite)の先輩だし、

シーメンス事件の当事者(艦?)で歴史の教科書にも載っているし、

比叡だって部品は英国産で御召艦で知らないおじさんがバックに付いてますけどね!

 

うん、知ってた。

 

E-5第三戦力ゲージ削り・五~八回目

まぁ、そうなるな……。

ここからは、一気に行きましょう。

 

随伴艦がいなかったため、やっとボスに当ててくれた北上さまです。

途端にやる気をなくしたのか、今までポンポン出していたカットインもしてくれません。

……何か裏取引でもあったのでしょうか?

深海の連中に二枚舌交渉でも受けたのでしょうか?

ともあれ削り自体は終わりましたので、ここからラスダンに突入します!

 

E-5第三戦力ゲージ・装甲破砕ギミック解除(水上部隊)

装甲破砕ギミック解除のため、まずは引き続き水上部隊でボスA勝利を目指します。

……これが、途方もなく難しかったのですよ。

 

E-5第三戦力ゲージ装甲破砕ギミック解除・水上部隊編成一回目

編成は削り時とほぼ変わらず、道中支援に対潜航空支援を出しただけです。

 

基地航空隊を全て、ボスにぶつけるつもりですね。

後退のネジをひとつ外したことになります。

 

ボスの兜がなくなり、素顔を晒け出しました。

まさに悪落ちビス子って感じで素敵です♥

 

思わず、お里の方言が飛び出るくらいはご容赦ください。

いやー、狂ったボス編成ですねぇ。

第一艦隊、全部姫!

2016年春イベの再来ですよ。

しかも今度は連合艦隊で、ですからね。

そのあまりの大戦力に、健闘はしたもののA勝利に一歩届かず敗北を喫します。

 

二度目の挑戦も、第二艦隊を全滅させるまでは良かったのですが、

夜戦が振るわずまたあと一歩のところが足りません。

二連敗です。

 

三回目。

……もはや夜戦する意味すらない惨敗です。

ここまで負けが込んだことで、いい加減編成を見直す気になりました。

 

E-5第三戦力ゲージ装甲破砕ギミック解除・水上部隊編成二回目

道中は制空がさほど必要ないことから、

第二戦力ゲージのようにRJちゃんに第二艦隊に行ってもらいました。

代わりに第一艦隊に駆逐艦を迎えねばならず、

そうなると誰が良いかを考えた末に、対空要員としてテルー(照月)を選択しました。

……後で見れば、軽巡・駆逐艦に枠を割きすぎなのですが、

この当時はこれだけの軽巡・駆逐艦が必要とされていたのです。

 

テルーがしっかり空母BBAを枯らせたのもあって、

あと二隻というところまで行って夜戦です。

 

友軍アーちゃんがマトモなダメージを与えてはります!

 

しかし、ネルソンの夜戦砲カットインは強いですね。

発動すればだいたい姫級一隻持っていきます。

 

友軍が第二艦隊に残ったナ級を仕留められなかったのが痛いです。

ボスが的確に北上さまを無力化し、

あとマトモに夜戦が可能なのがRJちゃんしか残っておらず、

せめて随伴艦に向かえば何とでもなったものをよりによってボススナイプ……!?

結局、またもA勝利を逃しました。

四連敗です。

 

E-5第三戦力ゲージ装甲破砕ギミック解除・水上部隊編成三回目

とにかく夜戦火力が足りないと悟り、

プリンちゃんを夜戦カットイン装備に換装して第二艦隊に移します。

入れ替えでRJちゃんを第一艦隊に戻し、

Z3マスで逸れても良いという覚悟で多摩キャットをセカンド・オイゲンに変更しました。

レーベ・マックスの対潜コンビは、

夜戦に期待出来ないとして最後列に行ってもらいました。

 

またも一手足りず、五連敗です。

 

開幕であまり減らせませんでしたが、

空母BBAが片や中破、片や艦載機枯れで無力化しました!

 

良いダメージは入っているし、姫級も一隻落とせました。

 

閉幕雷撃は振るいませんでしたが、

昼戦で第二艦隊を全滅出来たのは大きいです!

これまでの連敗は、悪魔の采配かと思うような第二艦隊の討ち漏らしが原因ですから。

 

ネルソンが食って、やっとA勝利確定です……!

何でこんなに苦労するのでしょうかねぇ?

 

これまでは、あと一隻が落とせなかったのに

A勝利確定した途端、堰を切って始末に回る子たちです。

……なーんか談合くさいニオイがしますねぇ?(疑心暗鬼)

なんにせよ、やっとこさ水上艦隊でラスダンA勝利をもぎ取りました。

次は、機動部隊でA勝利を狙います。

 

E-5第三戦力ゲージ・装甲破砕ギミック解除(機動部隊)

機動部隊に関しては、あまり心配はしていませんでした。

そもそもが、持って行ける戦力が水上部隊とは違いましたからね。

むしろ懸念は道中戦で……というところで、

機動部隊でもZ3ルートを通れるんじゃないか?

と思いまして。

水上部隊と同じXマスから分岐するのですから、

軽巡・駆逐艦を多くすればYマスを回避出来るのではないかということですね。

既に同じ試行をしていた提督は多く、程なく行けることが判明しました。

なお、水上機母艦を入れてのZ3ルート固定はまだ判明していませんでしたね。

水上部隊では、水母がいると遠回り、あるいは第二戦力ボスに向かってしまうので。

で、神楽の機動部隊ボス攻略に関しては、

遂にここで欧州艦のストックが尽きてしまい、

加入したばかりのゴトランド君やマエストラーレを駆り出す羽目になったという。

ある種の舐めプでしょうかね?

 

基地航空隊は、水上部隊の方とほぼ変わらず。

ただ、東海部隊から艦載機を外してCマスに届くようにしただけです。

 

目論見通り、Yマスを迂回して安全なZ3ルートに入りました♥

この一手のために、右も左もわからない状態で最終海域に放り込まれた

ゴトランド君とマエちゃんは震えていたことでしょう。

 

機動部隊でのボス戦は……アレレ?

結構残っちゃってますよ?

 

途中、アーちゃんが大ダメージを叩き出していました。

しっかり特効があるようですね。

 

新人二名には無体なことをしてしまいました(パシャパシャ

お互いに抱き合って怯えていたことでしょう(パシャパシャ

尊い……(パシャパシャ

 

夜戦に移行します。

ここから最低三隻は落とさないとならないので、

この友軍艦隊の働きは重要です。

 

トップバッターの長波サマが、まずは威勢の良いのをカマします!

 

岸波さんが渋い一手で空母BBAにトドメを刺します。

 

朝霜も続きます。

でも、出来れば第二艦隊のナ級を落としてお願い……!

 

その願いに応えるように、娘……沖波がナ級を一隻屠ってくれました。

後でお小遣いあげませんと。

 

――遺憾ですが、ここで画像が途切れております。

この後、問題なくあと一隻沈めてA勝利は取ったのですが、

わりと劇的な逆転っぷりだったので、喜び勇んで画像を撮り損なった神楽なのでした。

なんにせよ、機動部隊でのギミック解除は一回で済んで良かったです。

母港に帰投したらピロリーンと鳴ったので、装甲破砕ギミックは解除されたはずです。

 

E-5第三戦力ゲージ・ラストダンス

いよいよ、このイベントも大詰めを迎えました。

やるべきことは全てやり終え、あとは戦力ゲージを破壊するのみです。

正真正銘のラストダンスが幕を開けます。

 

E-5第三ゲージラストランス・編成一回目

再び水上部隊に戻しまして、ラスダンに挑んで行くことにします。

機動部隊よりも、フィニッシャーが充実していることと

道中戦闘回数が少ないことがその理由ですね。

その分、潜水ロリが邪魔で仕方ないのですが……。

編成は、装甲破砕ギミック解除時のものと同じです。

道中支援は出していません。

 

つまり、基地航空隊を一部隊、東海部隊に戻してしまったということですね。

思えば、コレがいけなかったのです。

いくら装甲破砕ギミックによって劇的に攻撃力が増すといっても、

決して油断してはならないのが甲難易度ボスなのですから。

姫級がズラリと並ぶその火力は全く減衰していないのですからね。

そのいずれかを撃破、あるいは無力化出来る可能性を自ら減じていては

話にならないということです。

 

ボスも、最終段階に移行しました。

明らかにダメージを負った様子で、特に左腕を喪失しております……。

アーちゃんのソードフィッシュで舵がイカレた史実再現でしょうか?

 

なお、ラスダン失敗の様子は残しておりません。

惜しいところまでは追い込むのですが、今一歩足りないのが続きました。

挙げ句、何も上手く回らずラスボス戦六敗目も喫してしまいます。

確か、そん時キレて画像を消去しちゃったのでしたかねぇ……?

 

E-5第三ゲージラストランス・編成二回目

いい加減、埒が明かないと更なる手段を講じます。

第二艦隊に夜戦軽空母として、レイテで猛威を奮った瑞鳳改二乙を投入しました。

軽空母なら、第二艦隊のを含めて三隻まで編成出来ると聞きまして。

ボス戦での制空値が跳ね上がるので、

伊勢改二に変わってリシュに戻ってきてもらいました。

……真に本気を出すのであれば、武蔵改二を投入すべきでしたがね。

リシュにはラスボスに特効がないようなので(この時は知りませんでした)。

ここまですると、駆逐艦の枠がなくなって最低数の二隻まで落ち込んでしまいますが、

もはやZ3ルートに拘っている場合ではないと覚悟を決めました。

空いた一枠には悩んだ末、制空補助として鈴谷改二に来てもらいました。

摩耶様にしようかとも思っていたのです。

そういえば今回、セカンドが出たっきりでしたね摩耶様。

 

基地航空隊も、全てボスに向かわせました。

対潜は、対潜航空支援頼みです。

本隊の対潜要員も、ソナー一基で先制対潜攻撃するべるぬいのみです。

運を天に預けたカタチですね。

 

E-5第三戦力ゲージ・ラスダン道中

結果としては、開幕で上手いこと潜水ロリ以外の二隻を無力化!

開幕雷撃も全て躱し、雷撃フェイズまでに中破に追い込みノーダメージでした。

ずほ乙が先制対潜攻撃してくれることを失念していました。

 

続く水上艦との戦闘も快勝、またもノーダメージです!

 

これはひょっとするかも?

と思い始めていました。

このまま続くYマスの戦闘も……って、Z3に行っちゃいましたよッ!?

全くの想定外、嬉しい誤算でした。

慌てて撮ったのが、横線に表れていますね。

ここに来て、(水上部隊は)軽巡+駆逐艦は三隻で充分であることを知ったのでした。

つまり、今まで必要ではない駆逐艦に枠を取られて四苦八苦していたことになります。

必要だったのは、道中戦増加のリスクを抱えてでも前へ踏み出す勇気

……だったということです。

なお、Z3マスでの空襲もノーダメで、完全な状態でボスに到達したことになります。

「難関海域を突破出来る時は、最初から最後まで全てがありえないほど上手く回る」

この言葉がよぎります。

神楽しか言ってないんですけどね。

 

E-5第三戦力ゲージ・ラスダン開幕戦

もう幾度目の挑戦になるのか。

今度こそ、決着を着けさせてもらいます!!

 

まずは、基地航空隊三部隊フルバーストです!

何と、第二艦隊全滅に加え、ケツダイソン一隻も落とすという完璧な仕事です!

ここに挑むにあたり、

完全に剥げていた熟練度をMAXまで上げ直したのが効きました!

努力は裏切らない――そう信じます。

 

油断すると制空権を取れないラスボス戦ですが、

軽空母とはいえ三隻での制空(鈴谷の補助もあるよ)によって航空優勢を取ります。

開幕爆撃も、撃破にこそ至らないものの確かなダメージを重ねます。

 

決戦支援は……まぁ、うん、まぁ、そうねー(北上さまっぽく)。

 

開幕雷撃もしょっぱかったですが、同航戦で戦闘開始です!

 

E-5第三戦力ゲージ・ラスダン昼戦

まずはトップバッター、ビス子が重巡夏姫に手痛い一撃を見舞います!

 

二番手のリシュは、ボスを半壊させる致命的な連撃を叩き込みます!!

君、本当に特効ないの?

なくてもこれだけの大ダメージが飛び出るあたり、

装甲破砕ギミック解除の効果が絶大であることがわかります。

直後にカウンターで中破、追い打ちで大破してしまうも充分な活躍だったと言えます。

 

RJちゃんが、渋~く削っていきます。

 

二巡目のビス子は、一巡目から執拗に狙っていた重巡夏姫を落とします。

 

またも渋~く決めるRJちゃんです。

飛鷹が初っ端のボス砲撃によって無力化させられた代わりとでも言うように奮闘します。

 

閉幕雷撃は、空母BBAの片割れを撃破しました!

まだ的は多いですが、既にボスは一撃圏内。

友軍艦隊の働き如何で、もっとチャンスは広がることでしょう。

 

E-5第三戦力ゲージ・ラスダン夜戦

運命の夜戦が始まります。

友軍艦隊は、この局面で最も欲しかった英国(偽)戦艦艦隊です!

 

まずは、スパ子が極大の一撃で空母BBAを仕留めます!

姫様ッ! 姫様ッ!姫様ッ!大根ッ!林檎ッ!氷ッ!(何を摩り下ろさせるのか)

 

ネルソンは不発でしたが、続くワタ……金剛も残るダイソンのケツをしばきます!

やはりワタシは金剛門を責めるのが得意デース!

探照灯で引き付けたヒエーもGJデース!

 

ジャー子もカットインでボスに追撃です。

あるいは仕留めていてもおかしくなかったですが、

友軍艦隊は敵を全滅させ得る攻撃が出来ない仕様になっているため、

トドメは刺せなかったのかもしれません。

単に、装甲に阻まれて抜けなかった可能性もありますが。

 

ここからは、本隊の出番です。

既に「勝ったな。田んぼで海に入って風呂の様子を見てくる」状態ですが、

油断せずに行きましょう。

自ら灯す探照灯の輝きを背に、タシュ子が万感の思いを込めてカットインです!

……本当、これまでずっとボスに粘着されて

万全の状態でカットインを放つことが出来ないでいましたからねぇ。

探照灯を背負う者の宿命でしょうか?

 

べるぬいの連撃も決まります。

装甲破砕状態では連撃ですらも倒し得るらしいですが、今回はお預けです。

 

づほ乙の夜戦航空カットイン!

2!

なにげに、直前のべるぬいとダメージ2が連続しました。

 

焦らして焦らして、アブーンの攻撃はカットイン不発の雷撃。

「あー」とか思いましたが、まだあと二人いるし……ッ!!?(撃破)

な、なんと、アブーンのへろへろ魚雷で決着してしまいましたッ!!

締まらない感じで、盛り上がりまくった空気が微妙に冷めていくのを

気まずそうに感じているアブーンなのでした。

 

E-5第三戦力ゲージ・ラスダン戦後

どんな形であれ、勝ちは勝ちです。

今までどうやっても撃破出来なかったボスなんですから。

つまり、S勝利も初めてです。

 

ドロップは……水着の山風でした。

卑しい妹(つゆ/だね……/さめ/ぽい)

 

E-5甲・突破報酬です。

対潜型スツーカ熟練は、三機目の射程・長の艦爆になります。

また空母が強化されてしまいますね。

――何をしているガーデルマンッ、牛乳飲んで出撃だッッ!!(魔王ムーヴ)

ネルソン砲・最終型も強いですね。

強化型は、ネルソンが改造で持ってくるとのことです。

図鑑が埋まりますね♥

そして、14個目の甲種勲章GETです!

ワ甲×14デ

 

報酬艦・ネルソンです。

余ですってYO!

わかりやすい王様キャラが来ましたよ。

溢れる王気(オーラ)、零れるおっぱい!

しかも、ネルソンタッチという必殺技まで引っさげての参戦です。

……何か肥薩技とか変換しましたよ?

おいははずかしか! 生きておられんご!(介錯しもす!)

ネルソンタッチについては、またいつか。

 

この海域の主役たるビス子にスゥー…と皆川フェードさせつつ

本イベントもALL甲で突破出来ました♥

 

E-5甲だけで、相当に消費してしまいました。

上から、

E-5到達時

E-5丙・第一戦力ゲージ掘り打ち切り時

E-5甲・第一戦力ゲージ破壊時

E-5甲・第二戦力ゲージ破壊時

E-5甲・第三戦力ゲージ破壊時

となっています。

やはり、第二・第三の減り具合がエグいですね。

燃料は全体で11万吹っ飛んでいますし、弾薬だって7万も消費しています。

鋼材は3万弱となっていますが、ボーキは一日に1万吹っ飛んで-5万です。

バケツ(高速修復材)は、200個以上使ってますねぇ。

 

全体での消費は、こんな感じです。

一番減る燃料は、せめて半減くらいで済んで欲しかったですが、

それもこれも神楽の攻略運が悪いのがいけないのです。

 

――といったところで、ひとまず神楽の2018年初秋イベントは幕を下ろしました。

まだ掘りたい子もいるので、もうちっとだけ続くんじゃ。

 


艦隊これくしょんランキング

コメント