スポンサーリンク
スポンサーリンク

【艦これ】基地航空隊・対潜用部隊の運用の裏技(第二期)

イベント海域攻略(第二期)
スポンサーリンク

基地航空隊・対潜用部隊の運用の裏技

神楽です。

今回は、基地航空隊の一部隊を東海シリーズや対潜値の高い艦載機で揃える

対潜部隊――通称・東海部隊の運用に関する裏技です。

別にイベント海域限定というわけではありませんが、

通常海域では6-4・6-5海域でわざわざ東海部隊を出すことはないですからね。

内容としては、基地航空隊による対潜限定ではありますが

無補充かつ出撃要請による燃費を最低限まで削減するという方法の紹介になります。

 

基地航空隊・対潜用部隊のエコ運用

まずは、基地航空隊による対潜攻撃の仕様と

その仕様の穴を突いたエコ運用の方法です。

 

基地航空隊による対潜攻撃の仕様

基地航空隊は、通常は残り機数によって火力が算出されるわけですが

こと対潜に関しては一機でも残っていれば

火力的には問題がないという仕様になっています。

通常の基地航空隊がツ級や砲台小鬼の対空砲火で撃墜されまくって

充分な火力が発揮出来なくなるのとは違って

一機でも生き残っていれば万全の仕事はしてくれるわけです。

また、基地航空隊全体に適用される仕様なのですが、

基地空襲を受けると資源の消費と共に

基地航空隊の部隊(一番上のスロット)にも損耗が発生します。

その際の損耗は、一機未満にはならない仕様となっています。

割合で削られるので、0機にはならないようになっているのですね。

丁度、イベントボスなどで顕著ですが削るごとに割合ダメージが減っていくことと

対潜値が低いと大破状態の潜水艦を沈められないことに似ています。

というか、計算式としては同じものですね。

そして、基地航空隊を出撃させると燃料・弾薬が差っ引かれるわけですが

この燃費は基地航空隊の部隊機数に比例して消費されます。

 

――こういった仕様を組み合わせるのが、今回紹介する方法です。

 

基地航空隊・対潜用部隊のエコ運用

方法としましては、基地航空隊を運用可能なイベント海域で

基地空襲によって削られる対潜用部隊への補充を行わず、

全機数一機になるまで放置するのです。

何だか不安になる絵面ですが、

この状態でも普通に対潜攻撃を行ってちゃんと結果を出してくれます。

仕様により全機撃墜になることがありませんので、

熟練度も減ることはありません。

そして極限まで機数が削減されているので、

出撃要請による燃費も最低限まで削減されることになります。

ここに、無補充で最大のパフォーマンスを発揮するエコ対潜部隊が完成するのです。

 

基地航空隊・対潜用部隊のエコ運用の注意点

ひとつ注意しなくてはならないのは、

このエコ対潜部隊を間違って潜水艦マス以外の場所に飛ばしてしまった場合、

当たり前ですが撃墜されて熟練度が剥げてしまいます。

ケアレスミスには留意しましょう。

 

ラーズグリーズ飛行隊?

……しかし、たった四機で潜水艦隊を撃滅する部隊とか怖いですね。

ラーズグリーズでしょうか?(エースコンバットネタ)

E-1海域ボスの潜水ロリはシンファクシ

最終海域道中で邪魔してくる方がリムファクシですね!

……まさか、2019年冬イベE-3にて、

本当に潜水ロリが二回出てくるとは。

 

せっかくなので、基地航空隊の部隊名を変更してみました。

あまり知られていない機能ですよね。

遊べる方法もそんなにないですし。

……ソードフィッシュはグリム(アーチャー)でしょうか?

いや、スノー大尉(ソーズマン)かな?

つまり、もうチョッパーは……(敬礼)。

そういえば、もうすぐ新しいエースコンバットが出ますねぇ。

神楽はPS4を持っていないのが悩ましいところです……。

 


艦隊これくしょんランキング

コメント