スポンサーリンク
スポンサーリンク

【艦これ】5-3-Pマス・レベリング(第二期)

艦これ(第二期)
スポンサーリンク

冬イベに向けて

神楽です。

ここのところの艦これ界隈の動きは――

 

7-2・7-3海域の実装が予告され――

 

秋イベを飛ばして冬イベの告知がなされ――

 

そこでの報酬艦として、(ほぼ確実に)日進の登場が告知されました。

最強の水上機母艦がいよいよ来ますか。

 

ランカー報酬で配布された、

甲標的 丙型の妖精さんがその外見的モデルではないかと予想されます。

そんなわけで、来る来月から冬イベ開始とのことですが、

神楽は資源備蓄はまだしも練度向上があまり捗っているとは言えません。

季節グラの改造画像収集にかまけすぎています故。

本筋の攻略には何ら寄与しない趣味でしかありませんが、これもコレクターのSAGAか……。

ってなわけで、これまでに紹介してきたレベリング・スポットに加えて

新たに5-3海域でのレベリングを紹介します。

 

5-3海域・Pマスレベリング

今回紹介するのは、かの魔海・5-3海域でのものです。

夜戦マスが連続する過酷な海域ですが、

その途上、能動分岐から敢えて遠回りとなるPマスで得られる経験値が法外なことで

にわかに注目されることになったレベリング方法です。

ついでに、補給艦が多数出現することからウィークリーろ号任務の消化にも適しています。

 

5-3-Pレベリング・低レベル旗艦

早速、やっていきましょう。

まずは、改造すらしていない低レベルの子を旗艦に据えて行ってみます。

 

改造間近の多摩キャットを旗艦に置き、装備は連撃仕様にします。

随伴艦は、いわゆる魚見電カットイン装備の駆逐艦を並べます。

魚雷+熟練見張員+命中+3以上の対水上電探を装備することで

発動率の高い、火力補正1.2倍の夜戦カットインを繰り出せる装備パターンです。

この装備パターンの真骨頂は、夜戦時の回避力が向上することです。

夜戦が連続するこの海域にはうってつけと言えるでしょう。

また、あまり火力が向上しない上に単発の夜戦カットインであるため、

連撃仕様の旗艦がMVPを取りやすくするという目的もあります。

 

5-3低レベル旗艦レベリング・Iマス

では、出撃します。

 

順当に一戦目となるIマスに辿り着きました。

ここでのレベリングを行う場合の注意点としまして、

低速艦や潜水艦がいるとCマスに逸れることがあり、

航空戦艦や航空母艦がいるとJマスへ逸れてしまいます。

また、このIマスでの戦闘後、

重巡洋艦と航空巡洋艦が多かったり重雷装巡洋艦がいたりする場合にも

Jマスへ逸れてしまいます。

要するに、大型艦は基本NGということになります。

高速戦艦や重巡を一隻、旗艦に据えてのレベリングであれば問題はないですが。

どうせ随伴艦は燃費等の問題で駆逐艦で固めることになりますし。

 

で、低レベルな旗艦の攻撃ですが、

やはり改修もしていないために満足な威力が出ずにMVPを取れません。

ちゃんと改修してあればまた違うのでしょうが、

Lv20かそこいらで改造してしまう子にいちいち改修の手間を掛けるのも、

という話になります。

Lv40や50で改造出来るようになるような子であれば、また話は変わって来ますが。

つまるところ、ここでレベリングを行うのであれば

最低でも火力や雷装をフル改修、出来れば改造してからとなるでしょう。

 

旗艦MVPでなければ、Iマスでの経験値はほぼ横並びとなります。

 

5-3低レベル旗艦レベリング・Pマス

能動分岐では、本命であるPマスを選択します。

 

旗艦の連撃が決まりますが、やはり威力不足です。

 

随伴艦の魚見電カットインですが、言うほど発動率は高くないように思います。

そもそも当てにしているのは回避UPの方ですし、

旗艦にMVPを取らせたいのでそんなもんで良いのかもしれません。

そして、回避UP効果は良いですねぇ。

目に見えて当たりづらいと思います。

特にフラリ級の夜戦カットイン発動率がゴッソリ減ります。

アレ、当たらないと演出が入りませんからね。

逆に言うと、カットイン演出が入ると食らってることになるわけですが。

 

Pマスで旗艦MVPを逃すと、こんな感じの経験値となります。

これでも割りと多めに得られますね。

 

折角なので、改造寸前の多摩キャットを1-1海域で端数合わせして改造レベルに到達です。

 

そして、多摩キャットを秋刀魚祭り仕様で改造です。

こんなことばっかやっているから、練度上げが捗らないわ

余計な時間と手間と資源を浪費しているわけですが、仕方がないのです。

性分ですから。

 

5-3-Pレベリング・低レベル旗艦(改修済み)

後日、対空以外の改修を終えたLv1フルタカエル(古鷹)を旗艦にしてみました。

さすがに素の命中が低いせいか、なかなか連撃が両方ともクリティカルせず

重巡の夜戦補正ありとはいえMVPを取ることが出来ません。

 

ちょこっと育って、ようやく連撃で300オーバーのダメージを稼げました。

 

やはり、多少でも育っていた方が良さそうです。

表示状の火力はともかく、命中はレベルアップしないと上がりませんからね。

 

5-3-Pレベリング・高レベル旗艦

次に、旗艦を高レベルの子に替えて様子を見てみます。

 

旗艦は夜戦連撃のための主砲×二基の他には、照明弾を持って行きます。

 

5-3高レベル旗艦レベリング・Iマス

では出撃して、Iマスになります。

照明弾が発動しました。

多少でも命中やカットイン率の向上、敵のカットイン率の低下がなされると良いです。

 

旗艦の連撃は、さすが高レベルだけあって充分な威力です!

1.2倍の連撃ですから、スペック上は魚見電カットインの二倍のダメージが出るわけで

まず問題なくMVPを取れる目論見となります。

 

旗艦MVPを取れました。

ここでの経験値は600強といったところです。

夜戦という危険なフィールドですので、被弾は致し方ないところです。

もっとも、大破さえしなければなんとかなるのですが。

――かつて、地獄の2013年秋イベントではこう呼び慣わされました。

「中破は無傷」……と。

このレベリングの焦点は、バケツ(高速修復材)の確保であると言えるでしょう。

 

5-3高レベル旗艦レベリング・Pマス

さて、本命のPマスです。

 

ここでも安定して、旗艦MVPに足るダメージを叩き出します。

 

魚見電カットインにて、S勝利となりました!

 

PマスS勝利での旗艦MVPでは、2000近くもの経験値を得られます。

随伴艦の経験値も多く、これこそが5-3-Pレベリングの真骨頂ですね。

駆逐艦主体となるため燃費は微小なので置いておくとしまして、

どうしても発生する被弾損傷のためのバケツ消費がネックになります。

 

5-3-Pレベリング・改造済み旗艦

ついでに、改造したてでフル改修済みの子を旗艦にして試してみます。

 

旗艦の装備は先ほどと同様、主砲×二基に照明弾です。

……岸波とマエストラーレも育てたいのですが(最低でもLv93まで)、

なかなか季節グラの子達が捌けてくれませんからねぇ。

夏から秋にかけては特に季節グラが集中しますので。

 

5-3改造済み旗艦レベリング・Iマス

では、出撃してIマスです。

 

改造したてでも、改修さえちゃんとしてあれば充分な火力は出せていますね。

このダメージ量であれば、旗艦MVPは固いでしょう。

 

……返す刀で食らってしまいました。

しかし偶然とはいえ、有意義な検証が出来ますね。

中破状態でも旗艦MVPは取れるのか? ――と。

 

5-3改造済み旗艦レベリング・Pマス

Pマスに差し掛かります。

……何でか、Iマスでは照明弾が出るのに、Pマスでは出てくれません。

弾切れでしょうか?(ネルソンタッチじゃあるまいし)

もっとも、出てくれるなら危険なIマスの方が良いわけなので、

問題ないっちゃないのですがね。

 

さて、中破状態での連撃火力ですが、

問題なく旗艦MVPを取るに足る基準はクリアしています。

とはいえ、ダメージを負っているのは確かなので

ダメージが低下したり外したりといったことも考えられます。

結局は運次第ということになってしまいます。

 

無事、旗艦MVPを取ることが出来ました。

 

11/16アップデートによる経験値増加

このツイートで言及されたように、

経験値増加の区分に5-3-Pマスも含まれていました。

 

実地で見てみましょう。

5-3-Pマスに行きまして――

 

旗艦MVPを取らせます。

取れない場合もあれば、道中大破撤退に至る場合もあります。

効率を考えれば、全員に補強増設を空けてダメコンを仕込んで行くべきなんでしょうけど。

 

A勝利で、アプデ以前よりも400ほど増加していますね。

 

今度はS勝利を狙います。

 

これだけ与えれば大丈夫でしょう。

 

首尾よくS勝利です。

一巡しかしない夜戦では、どうしても運に左右されちゃいますね。

 

S勝利かつ旗艦MVPだと、ここまで増加します。

約2600の経験値は凄いです。

おおよそ1.38倍くらいの増加になるでしょうか。

 

――総評としては、確かに経験値効率は格別ですね。

装備面では良い魚雷と電探を揃える程度で、

あとはバケツ消費量をどうするかというところかと思います。

神楽は間もなくバケツカンスト領域に入りますので、

季節グラ回収が片付き次第、このレベリングを組み込んでみようかと思います。

7-1海域周回と併せて、疲労抜き中に5-3-Pを回す……というカタチになるでしょうか。

 


艦隊これくしょんランキング

スポンサーリンク
艦これ(第二期)
スポンサーリンク
神楽玲をフォローする
スポンサーリンク
アグリケラ(AGURIKERA)

コメント