スポンサーリンク
スポンサーリンク

【艦これ】2019年冬イベ・E-2-Qマス・PT小鬼狩り・水上打撃部隊レベリング(第二期)

イベント海域攻略(第二期)
スポンサーリンク

E-2-Qマス・PT小鬼狩り・水上打撃部隊レベリング

神楽です。

 

【艦これ】2019年冬イベ・E-3-Cマスレベリング&基地航空隊の熟練度上げ(第二期)
アグリケラ(AGURIKERA)_【艦これ】2019年冬イベ・E-3-Cマスレベリング&基地航空隊の熟練度上げ(第二期)

これまでにE-3-CマスやFマス絡みのレベリング方法を提示して来ましたが、

そろそろレベリング対象艦が乏しくなってきました。

それに、E-3-Fの空襲マスレベリングの方はともかくとしまして、

E-3-Cマス関連の方は

思ったより基地航空隊に掛かる燃費が重くてですね。

どんどこ資源が漏出していくという弊害に見舞われる運びとなりました。

安全策を取って、基地航空隊を二部隊、

対潜仕様にして出し続けているのが原因ではありますけど。

そこで、もちっとエコなレベリング方法をと目を付けていましたのがこちら、

E-2-QマスでPT小鬼を狩るレベリング方法でございます。

E-2海域の連合艦隊側のスタート地点、

水上打撃部隊で空母を含まず行ける、

いわゆる下ルートの最初のマスですね。

ここではPT小鬼が五隻群れていますので、

これを対PT小鬼用装備で撃滅しようというものとなります。

 

E-2-Qマス・PT小鬼狩り

まずはその編成ですが、大前提としてこのルートというかマスに進むには

水上打撃部隊で戦艦は二隻まで、

空母は編入してはなりません。

従って、このレベリング方法では空母を育てることが出来ないわけですが、

そこはE-3-Fマスなり5-2空襲マスなり幾らでも他の方法がありますからね。

また、PT小鬼に対して有効な装備といえば

小口径主砲や副砲、機銃、それに熟練見張員

これら全てが揃っていれば命中率は上限の97%まで高めることが出来ます。

もっとも、疲労やその他の要因で下がることはありますけれども。

 

それらの編成・装備を反映させた例がこちらになります。

可能な限りエコ編成にしたいので、

水上打撃部隊の第一艦隊に必須な軽巡洋艦以上の二隻には

攻撃を二巡させてPT小鬼の撃破を確実とするための戦艦

あとはPT小鬼に有効な装備の出来る軽巡洋艦を編入します。

PT小鬼相手に大口径砲を持ち出しても意味はないので、

戦艦には副砲を装備させ、機銃と熟練見張員で補強します。

牧場むっちゃん(陸奥)あたりが適任ではないでしょうか。

気を付けなければならないのは、

航空戦艦を入れるとRマスに行ってしまうことです。

残念ながら、航空戦艦をこのレベリングで用いることは出来ません。

軽巡は、小口径砲なり副砲なりと機銃・熟練見張員を。

阿賀野型や由良さんなら、瑞雲で制空権を取って命中・回避にボーナスを得られ

効くかどうかはともかく開幕爆撃も行えます。

神楽は、攻略で出てもらった神通教官にご出馬願いましたが。

あとは駆逐艦で、小口径砲と機銃・熟練見張員のセットを。

特にレベルは問いませんが、

PT小鬼からの攻撃を可能な限り食らいたくはないので、

ある程度の練度があることが望ましいでしょう。

第二艦隊にはまず手番は回って来ないので、練度も装備も問いません。

一応、神楽は余った対PT小鬼装備をさせてはいますけれど。

この第二艦隊が一斉レベリング対象となりますね。

特に、第二艦隊旗艦はまずMVPが確定しますので、

育てたい子を置くいつもの遣り方となります。

 

では、出撃しましょう。

戦闘隊形・第四警戒航行序列(単縦陣)にしましたが、問題なく撃滅です。

 

旗艦MVPであれば、一周で700前後の経験値を得られます。

そうでなければ、わりかし平均的に得られますね。

思ったよりも多めの経験値なので、第二艦隊旗艦はすくすく育つことでしょう。

神楽はここで、拾った瑞穂の新年グラ改造を目指します。

 

今度は前方警戒・第二警戒航行序列(複縦陣)にしてみましたが、

命中・威力共に問題はなさそうです。

個人的な体感としましては、

第四警戒航行序列(単縦陣)の方が当たりが良かった気がしますが、

この辺は好みの問題で良いのではないかと思います。

あと、アブーン(阿武隈改二)に積んでいた甲標的が中途半端に当たったため、

MVPを掻っ攫われてしました……。

どうせまず当たらないので、別の対PT小鬼用装備に替えます。

 

こちらが、E-2-Qマスレベリング編成の神楽的決定版となりますね。

赤疲労での鬼周回も可能ですが、さすがに命中が低下するので

第二艦隊まで手番が行ってしまうことがあります。

安全・安定を期すのであれば、適度な休息は必要かもしれません。

また、E-3海域でのレベリングと異なり、

毎回補給する必要がありますのでそこは若干手間かもしれません。

基地航空隊は、使わなくても良いでしょう。

別に使用に弊害はないので使っても良いですし、

熟練度上げに出すのも問題はありませんが。

今回のイベントでのレベリング方法の中では、

最も安全かつ安定して、なおかつハードルが低い

のではないかと思われます。

精々、熟練見張員を第一艦隊分揃えるくらいでしょうし。

小口径砲や副砲、機銃なんかはわりかし適当なものでも充分ですから。

あとはそうですね――

 

むっちゃんの牧場が完了したら、既に出撃札の付いている長門改二を出しましょうか。

小口径砲が装備出来るので、優秀なPT狩り要員になってくれます。

ついでに無駄に制空権も取って、命中・回避にボーナスを付けてもらいましょう。

 

――こんな感じで、おそらく本イベント最後のレベリングスポットの紹介となります。

幾つかある中から、自分にあったレベリング方法を模索する手助けになればと思います。

 


艦隊これくしょんランキング

コメント