スポンサーリンク
スポンサーリンク

【艦これ】13号対空電探改&三式水中探信儀の強化(第二期)

艦これ(第二期)
スポンサーリンク

13号対空電探改&三式水中探信儀の強化

神楽です。

先日、1/22のアップデートによって、

13号対空電探改と三式水中探信儀の

一部艦娘が装備することによる強化がなされました。

重ねて装備することによる累積強化も可能となっています。

もっとも、ソナーはともかく電探を複数装備する事態というのはそうそうないでしょうけど。

 

13号対空電探改の強化

装備することで強化のなされる艦娘は三グループに分かれています。

元々の装備による上昇分である対空+4・回避+1に加えて、

 

13号対空電探改の強化・第一グループ

第一グループは火力+1・対空+2・回避+3・装甲+1

対象艦は、潮・時雨・初霜・榛名改二・長門改二となっています。

一基装備で火力+1・対空+6・回避+4・装甲+1と、なかなかの強化です。

実用性はないことを承知の上で最大四基装備した場合は、

火力+4・対空+12・回避+13・装甲+4の上昇と凄まじい強化となります。

実用性は皆無ですけど。

対象艦の選定は、対空戦闘で目立ったエピソード持ちだからでしょうか。

特に、長門はマリアナ海戦での隼鷹を救ったという対空砲撃などが印象強いですね。

 

13号対空電探改の強化・第二グループ

第二グループは対空+2・回避+2・装甲+1

対象艦は、霞・雪風・磯風・浜風・朝霜・涼月・矢矧となっています。

一基装備で対空+6・回避+3・装甲+1です。

このグループでは三基同時装備が限界で、

その場合は対空+10・回避+7・装甲+3となります。

対象艦は、明らかに坊ノ岬沖組です。

はつしもふもふ(初霜)が外れているのは何故かわかりませんが。

肝心のヤマちゃん(大和)がいないのは、もしかしたら改二でないからかもしれません。

――つまり、来る戦艦改二はむっちゃん(陸奥)ではなく

ヤマちゃんである可能性もあるのです!

次の春イベは坊ノ岬沖海戦の行われた季節であり、

にわかに、これまで積み上げて来たピースが揃いつつある気がしてなりません。

イベントの規模にもよりますが、北号作戦や礼号作戦とも絡めやすいですし。

 

13号対空電探改の強化・第三グループ

第三グループは対空+1・回避+3・装甲+1

対象艦は、響・大淀・鹿島となっています。

一基装備で対空+5・回避+4・装甲+1です。

大淀・鹿島に四基積んだ場合は、対空+8・回避+13・装甲+4です。

このグループの対象艦も、対空戦闘に定評のある子でしょうか。

特に、日本海軍最後の砲撃(ラストシューティング)を行ったとされる

ビッキー(響)のエピソードは有名ですね。

ビッキーも沖縄特攻に参加する予定があった(損傷による入渠といういつもの不死鳥エピ)

わけですし。

 

――と、単純な強化というよりは、

来る坊ノ岬沖海戦に対する備えを促す目的であるように感じられるのでした。

 

三式水中探信儀の強化

三式水中探信儀も強化されまして、対象艦は二グループに分かれています。

素の対潜+10に加え――

 

三式水中探信儀の強化・第一グループ

第一グループは火力+1・回避+2・対潜+3となっています。

対象艦は、神風・春風・時雨・山風・舞風・朝霜がナインナップされています。

電探と違い、三式ソナーであれば複数装備の可能性はそれなりにあり、

三基装備した場合は火力+3・回避+6・対潜+19となります。

特に、対潜値が100に届かず先制対潜爆雷攻撃が出来ないというような場合に

大きな助けになってくれることでしょう。

とはいえ対象艦は元々、対潜値の高い子がノミネートされているわけですが。

それでも、ボーナスが得られるのには意味があります。

対象艦に選ばれているのは、いずれも対潜戦闘で名を成した子達です。

潜水艦ホークビルとの一騎打ちで知られる神風は、

この時期のマレーシアにて唯一行動可能な艦として

近海の潜水艦にことごとく対潜攻撃を仕掛けていたというトンデモエピソードの持ち主です。

時雨もまた、潜水艦四天王と目されるグロウラー撃破の功がありますね。

最終的には、潜水艦によって沈んでいるのが皮肉ではあります。

 

三式水中探信儀の強化・第二グループ

第二グループは回避+2・対潜+2となっています。

対象艦は、潮・雷・山雲・磯風・浜風・岸波が名を連ねています。

三基装備した場合は回避+6・対潜+16となります。

このグループも、対潜戦闘に定評のある子達ですね。

微妙に対潜値100に届かない子が多いので、この強化は有り難いです。

 

その他、近況

その他、近況としましては――

 

改造

まず、メンテ明けまで保留にしていたジョン子(Johnston)の改造を行いました。

開発資材が……。

5inch単装砲 Mk.30改系統を二基装備することで専用の対空カットインを発動可能であり

(ノーマルの5inch単装砲 Mk.30は対象外)、

5inch単装砲 Mk.30改+GFCS Mk.37を二基装備した時に

更に強力な対空カットインを発動可能となります。

とはいえ、非常に希少な装備ゆえ神楽はまだ一基しか所有していません……。

また、持参するSGレーダー(初期型)により射程が長になり、

火力+3・回避+3・索敵+4のボーナスも乗るようです。

これは、サミュ子(Samuel B.Roberts)も同様のようです。

他のアメリカ艦にも、火力+2・回避+3・索敵+4のボーナスがあるという有用装備です。

解体掘りで複数入手しようとした提督がいたというのも頷ける話です。

 

他、改造Lvで待機していたウラナージ(浦波)とアマギリン(天霧)を節分改造しました。

アマギリンはノーマル改造しようとしていたのですけどね。

もう一隻、Lv1のをストックしていたので、こちらをノーマルに当てようかと思います。

それとは別に7-2海域で拾って来ませんと。

サギリン(狭霧)も7-1海域周回で狙っていますが、来ませんねぇ。

カメラに備えて、ウラナージも2-4海域で探しませんと。

節分明石改造は、新年グラでやるのを忘れていたのです。

このままだと、四隻目のパーフェクト明石が出来てしまいそうです。

 

改修・更新

新任務に熟練搭乗員を消費するものがなかったので、

21型を熟練にしてしまおうと思います。

 

鳳翔さんに21型☆MAXを熟練にしてもらいました!

これで、21型熟練☆MAXは五機になりました。

あと一機あれば、54戦隊や64戦隊と合わせて航続距離7の二部隊編成が可能となります。

制空用基地航空隊の完成も間近です!

 

海域攻略

2019年冬イベが終了し、基地航空隊がフリーになったので

今月の6-5海域攻略に取り掛かりました。

ゲージを半分削ったところで、節分朝霜がドロップしました。

また……Lv45まで育てなければ……。

季節グラが豊富なのは良いのですが、頻繁に起こるこの手間はさすがに厄介です。

 

攻略の方は、下ルートで問題なく完了です。

 

節分グラまとめ

節分グラ中破・大破のまとめを置いておきます。

今回は艦数が少なかったので楽でしたね。

 

ついでに、いつものを。

 

ほっぽちゃん(北方棲姫)の節分グラも置いておきましょう。

 


艦隊これくしょんランキング

スポンサーリンク
艦これ(第二期)
スポンサーリンク
神楽玲をフォローする
スポンサーリンク
アグリケラ(AGURIKERA)

コメント