スポンサーリンク
スポンサーリンク

【艦これ】E-3海域:発動!「シングル作戦」・第一戦力ゲージ_攻略(第二期)

イベント海域攻略(第二期)

神楽です。

9/4のオンメンテにて、E-3海域が実装・開放されました!

 

懸念された一海域に複数札……ということはなく、

各連合艦隊や通常艦隊をひとつの海域札で共有することとなりました。

……あー、良かった。

そのぶん、全編成を駆使して挑むなかなかに複雑な構造となっています。

まずは、最初から見えている右の方にある

第一戦力ゲージ・ボスマスを目指すことになります。

他にも枝葉がありますが、今は気にしなくて大丈夫です。

 

なお、このE-3海域開放に向けて資源を備蓄……するどころか

ウィークリー・マンスリー・クォータリーの各任務に加え

EO海域の攻略もほぼ終わらせておいた神楽です♥

それだけならまだ燃料25万以上あったのですが――

 

【艦これ】2019年夏イベント:E-1&E-2海域の空きマス埋め・緊急泊地修理(第二期)
アグリケラ(AGURIKERA)_2019年夏イベント:E-1&E-2海域の空きマス埋め・緊急泊地修理(第二期)

そこからイベント海域の空きマス埋めに精を出していた体たらくでしたとさ♪

 

スポンサーリンク

E-3海域・第一戦力ゲージ

第一戦力ゲージ・ボスマスことJマスですが、

ここへ辿り着き攻略するには幾通りかの編成方針が存在します。

とはいえ現状はどの編成形態であってもここに行くことが出来るので、

相応しいと思うもので挑むことになりますが――

 

・通常艦隊の潜水艦隊

・水上打撃部隊

 

での攻略が主流ではないかと思われます。

 

E-3海域:第一戦力ゲージ・潜水艦隊・初回出撃

まさかの潜水艦の出番です!

主に削りで活躍することになると思います。

この第一戦力ゲージボスの特性というか弱点としまして、

対地装備を持った子の雷撃にも特効があるのでして

カミ車や大発戦車を満載した対地駆逐艦の雷撃が致命傷たり得ます。

そしてそれは、潜水艦の雷撃であっても同様なわけです。

よって、道中での対潜攻撃をくぐり抜ける前提でボスまで到達出来れば

思いの外大きく戦力ゲージを削ってくれるというわけです。

極めて微小な燃費で!

問題は言うほど簡単ではなく、対地装備の充実はもちろんのこと

道中の対潜攻撃はかなり激しいというかボス前のヤツが大暴れしやがるので

結構な忍耐力が要求されることになります。

 

なお、目指すJマスには戦闘行動半径8以上が要求されますので

基地航空隊は事実上陸戦のエアカバーなしで

陸攻オンリーで突っ込むハメになります。

それもこのJマスに限った話ではなく、E-3海域の主要なマスはほぼ全てこの仕様です。

つまり、熟練度が剥げることや期待の損耗で

資源が吹っ飛ぶことは織り込み済みにせざるを得ないということです。

というか、本イベントは全体的に基地航空隊に対して厳しいですよね。

真っ当に熟練度が減らないのなんて、E-2第ニ戦力ゲージしかありませんから。

 

それはそれとしまして、道中Fマスには例によってアレが居座っていやがるので、

東海部隊を派遣して対処しましょう。

他は、本来はボスに向かわせたかったのですが距離が足らないので仕方なくです。

 

E-3-Aマス・水雷戦隊

まずは初戦です。

潜水艦隊ですので、基本は雷撃が下がらず回避の上がる

警戒陣オンリーで良いでしょう。

って、何かサイバースペースに迷い込んだみたいになっちまっています!?

メンテ明け直後で、回線やらなんやらが不安定なんですかね?

ともあれ、道中支援と基地航空隊で殲滅できました。

開幕で決着する感じにしないと対潜攻撃が怖いですが、

ここは相手が単縦陣なのでまだマシですね。

 

E-3-Bマス・能動分岐

Bマスは、能動分岐になります。

通常艦隊および輸送護衛部隊は、ここを通ることになります。

水上打撃部隊や空母機動部隊は、C・Fマスに向かいます。

……空母機動部隊は後に勝手が違うことになりますが、今はそれでいいです。

ともあれ、Jマスを目指してFマス行きを選択です。

 

E-3-Fマス・潜水新棲姫

来ましたよ、恒例の潜水ロリの洗礼だアアアァァァァァァッ!!

とはいえ今はコチラも潜水艦隊、不毛な雷撃戦を行い無駄負けすることになる

――のはまっぴらゴメンなので東海部隊で嫌がらせを仕掛けます♪

効率を考えれば三部隊をボスに集中させるのが常道なのですが、

神楽は負けるのが大っ嫌いなものでして。

 

E-3-Iマス・空母夏姫

ボス前に鎮座するのは、お馴染み空母BBAです。

他の僚艦も、厄介な連中が揃っていて非常に危険です。

特に今回の潜水艦隊で行く場合は、ツ級改が先制対潜攻撃から

二巡のターンで損傷艦を量産しやがることになります。

コイツを黙らせるのは道中支援がブッ刺さることに期待するしかないので、

事実上好き放題に暴れるのを見ていることしか出来ません。

 

E-3-Jマス・泊地水鬼

ボス戦くらいは単縦陣にしてみましょうか、なんとなく。

 

ハクチーデース!

 

見ての通り、地上型に対する雷撃がすごいことになっており、

これはボスに対しても同様です。

上手いことボスにブチ当てれば、大きくダメージを与えられるというわけですね。

 

E-3海域:第一戦力ゲージ・潜水艦隊・対地特化

アドバイスを貰って対地装備マシマシにしてみたのですが、

結果からすると悪手でしたね……。

雷撃性能がガクンと下がって、いざというときの殲滅力を担保出来ないのですね。

 

今度は基地航空隊の戦闘鼓動半径を見直して、

ボスに飛ばすのは陸攻オンリーにしています。

 

なお、キャッシュクリアしてリロードしたら背景は直りました♪

 

潜水ロリは、東海部隊任せで。

 

で、このようにツァが暴れて撤退が確定して負けを回避するために夜戦しても、

火力がないので有効打を与えられず負ける……と。

 

次の出撃でも、負けを回避しようとして負けましたが

進軍は可能なのでボスまで行きます。

 

そこそこ良い感じに削れましたね♪

 

ここで、損傷したごーちゃん(伊504)とケッカリ(ケッコンカッコカリ)です♥

109番目のケッカリ艦となりました♪

 

やっぱ多少は雷撃力がないとダメだな~と修正してみましたが――

 

うにもボス前のツァに阻まれまくるのが我慢ならず、

潜水艦隊による攻略は打ち切る判断をしました。

根気と負けを気にしない度量があればそのまま続けるのもアリなのでしょうが、

神楽は我慢弱いもので。

 

E-3海域:第一戦力ゲージ・Eマス攻略(通常艦隊)

ここで、ギミック解除に関わるという話のあるEマス攻略に着手しました。

予想される対地と対PT小鬼な装備で、通常艦隊で行ってみます。

 

基地航空隊はJマス攻略用のを転用し、東海部隊はお休みです。

 

Aマスは、道中支援で一掃しまして。

 

E-3-Dマス・空襲

Dマスは、空襲です。

ここも、後々ギミックに関わることになります。

 

E-3-Eマス・集積地棲姫

如何にもギミックマスでございな感じで実際そうなのですが、

ここを叩くのは第一戦力ゲージ攻略後だそうでして。

今はやっても無駄足というわけです。

……なんか通信エラーで歯抜けが出ていますが。

猫らなかっただけマシでしょうか。

 

E-3海域:第一戦力ゲージ・水上打撃部隊

改めまして、Jマス攻略に戻ります。

 

水上打撃部隊・初回編成

正規の攻略手順であろう水上打撃部隊で、

第一戦力ゲージの攻略に移ります。

特効艦であろうと思われる欧州艦から、

イタリア艦を中心に選出しています。

対地装備と対潜装備のバランスが肝要で、ここはやっていくうちに微調整しましょ。

また、大型艦が多い(戦艦+正規空母が五隻以上)と逸れるようでして、

制空役は軽空母×一隻に押しつけました。

 

基地航空隊は、潜水艦隊の時と同様です。

……段々と熟練度が剥げてきていますね。

 

初戦は問題になりません。

 

潜水ロリは、東海部隊と対潜役が噛み合えばノーダメもあり得ます。

また、今回の潜水ロリは単横陣で舐めプしている場合が多く、

討ち漏らしたとしてもなんとかなる場合がそこそこあるのが有情です。

 

そりゃあ、空母BBA相手じゃ事故りますよねぇえええぇぇぇぇぇぇ!

そんなこともあろうかと、司令部施設を積んで護衛退避するわけです。

 

ボスに辿り着きまして、

対地駆逐艦の放った雷撃がボスに刺さりすんごいことにッ!?

S勝利はなりませんでしたが、見事ボスをワンパンでした♪

これが対地特効の乗った雷撃、いわゆる対地魚雷です!

……魚雷が対地兵装?

細かいことは気にしない方がいいですね。

 

ここで、PT小鬼対策として三隻いるゴト(Gotland)のうちファーストに

補強増設を施すことにしました。

E-1海域の突破報酬ですね。

特例の、ケッカリ以前の婚前交渉(違 となります。

他には、磯風とかコマちゃんとかカモーイとか。

四スロ軽巡に補強増設があると、幅広い運用を可能としますからね。

将来的には改二になってケッカリする予定ですので、腐らないはずです。

 

水上打撃部隊・編成修正その一

対地魚雷の威力に惹かれたのか、ソレを攻略の主軸として活かそうと

対地駆逐艦を第二に集中させました。

保険として、航巡をフィニッシャーともしています。

 

そうすると、カーチャン(霞改二)を速攻で無力化してくるわけですよ。

残ったアサシオチャン…(朝潮改二)の雷撃は、PT小鬼に吸い込まれました。

きっと、敵の第二艦隊が残っていても雷撃を吸われますよね。

これは、「開幕でPT小鬼を始め第ニ艦隊を可能な限り排除して、

昼戦でボス単騎にまで追い込んで対地魚雷を当てるゲーム」

ということになりますか。

 

次のボス到達では、開幕で第二艦隊はダダ余りですが

第ニ艦隊は姫ズを除いて殲滅と良い感じです♪

 

イタリア艦の特効は、かなり期待出来ます。

どちらかと言うと、道中戦で頼りになる印象ですが。

なお、特効の火力倍率はイギリス艦>イタリア艦>ドイツ艦

ということらしいです。

 

姫ズ以外を掃討したところで、対地魚雷炸裂!

10000ダメージ出ちゃいました!

夜戦でもカーチャンが集積地を焼いて、一隻で2500オーバーダメージを稼いでいますよ!?

理想的な展開でしたね♥

想定通りにハマると、気持ちが良いものです。

 

水上打撃部隊・編成修正その二

第一艦隊の重巡も、対地から対PT小鬼に変更しました。

とことん雷撃の邪魔を排除しようという思想ですね。

 

毎回、そう上手くは運ばないものですが。

ともあれ、これでラスダンに突入しました!

 

E-3海域:第一戦力ゲージ・ラスダン突入

ハクチーが壊れました。

 

ステータスは、こんなですね。

ボスはもう装備込みで装甲300超えがデフォ化しています。

 

E-3海域:第一戦力ゲージ・ラスダン一回目

ラスダン編成では、姫ズが壊れた他は

第二艦隊旗艦が戦艦タ級になるという反則に出てきやがりました!?

そういえば、タ級は高速戦艦でしたね……合法ッ!

 

ラスダン用の修正は、PT小鬼はもう開幕で撃破してくれることに賭け

ボスへのトドメ用の装備に変更しました。

後々になって改めて考えてみると、対地装備と先制雷撃を併用可能な

日進や瑞穂、由良さん改二といった面子を

第二艦隊に組み込むことで殲滅力を大幅に上げることが出来ましたね。

 

基地航空隊は、東海部隊すら陸攻に変更しての殲滅を狙います。

 

E-3海域:第一戦力ゲージ・ラスダン二回目

潜水ロリに対しては、運良く避けてくれるか護衛退避頼みとなります。

 

ボス前で戦艦が揃ってやられましたが、まだイケます!

 

イケませんでした……。

常に先手を取られて良いようにやられましたねぇ。

 

E-3海域:第一戦力ゲージ・ラスダン三回目

次は、惜しいところまで行けましたが届かず。

撃破数が足らず負けたかと思いましたが、ダメージ比でB勝利でした。

 

E-3海域:第一戦力ゲージ・ラスダン四回目

護衛退避×二回のボロボロ艦隊で辿り着きましたが、

第四陣形すら組めないという有様です……。

それでも対地魚雷さえ決まれば……!(決まりましたか?)

夜戦すら行えない体たらくです。

 

E-3海域:第一戦力ゲージ、突破ッ!

負けが込んできましたが、そろそろ決めたいですね(露骨な前フリ)。

 

基地航空隊の三部隊集中は、

第一艦隊の砲台小鬼とPT小鬼の排除と

第二艦隊を三隻撃破とほぼ最高の仕事です!

 

更に、ボス支援がダメ押し!

 

理想通りの開幕戦が展開されました♪

反航戦なのは、ご愛嬌で。

 

イタリア艦勢が奮闘します!

第二艦隊を片付けられたのは大きいです。

 

雷撃フェイズまでに姫ズ残しという、以前にも見た光景です。

それはつまり……行ったアアアァァァァァァッ!!

カーチャンの放った対地魚雷を後続が見守るだけという確約された勝利です!

 

夜戦で集積地も焼いて締めです。

まんま、「開幕でPT小鬼を始め第ニ艦隊を可能な限り排除して、

昼戦でボス単騎にまで追い込んで対地魚雷を当てるゲーム」

と言った時と同じ展開となりましたね♪

 

ハクチー撃破で、新たなルートが出現しました。

ここからは、第ニ戦力ゲージ・ボスマスを出すためのギミック解除となりますね。

 

――激戦でした。

普通にラスボスでも遜色ない強さと難易度であったと思います。

明確な弱点があったためになんとかなった感がありますね。

ビッグセブン艦を起用すれば、もっと楽が出来たのかもしれません。

出来ればもう二度と来たくはないですが、実は……。

 


艦隊これくしょんランキング

 

 

コメント