スポンサーリンク
スポンサーリンク

【艦これ】2019年秋・秋刀魚&鰯祭り・新任務_攻略(第二期)

新任務(第二期)

神楽です。

10/25日のメンテナンス&アップデートにより、

恒例の秋刀魚祭りが開催されました!

かねてからの告知通り、今回は鰯祭りも同時開催となります。

また、各海域を巡る旅となりそうです。

同時に改二艦も実装されまして、

これはグラフィックのチラ見せの時点で確定してはいましたが――

 

朝霜改二だアアアァァァァァァッ!!

復ッ活ッッ ギザ歯復ッ活ッッ

全体的に肉付きが良くなって、性徴しているのが大変けしからんですな♥

性能的には、順当な夕雲型改二といったところです。

改二以前の特徴であった対潜値の高さは、むしろ3ほど下がってしまいました。

戦闘力とのバーターでしょうか。

なんにせよまた一隻、頼れる戦力が増えたことになります。

そして、またひとつ坊ノ岬沖へのカウントダウンが進みました。

……既に春のE-2海域でやったって?

あんなん予行練習に過ぎませんよ……!

これで冬にお冬さん(冬月)が実装されればもう来年春に待ったなしですね。

 

剥きました。

キャミソールが継続しているのが……イイ!

 

スポンサーリンク

2019年・秋刀魚&鰯祭り

では、今年も収集イベントをやっていきましょうか。

前回は二期以降直後、神楽としましては海域再打通が済んだあたりでの開始でした。

普通は、あのイベントを通じて各海域の再攻略となったのではないかと記憶しています。

今回は、リアルでの秋刀魚不漁もあってか逆に豊漁な鰯との合同漁となりました。

なお、言うまでもないと思いますが漁に際してドロップに有利に働くのは――

・アクティブソナー(三式水中探信儀・ASDIC)

・探照灯(大型含む)

・熟練見張員

・二座以上の水上機(零式水上偵察機・瑞雲系)

・ソードフィッシュ、二式大艇、カタリナ

・カ号観測機や三式指揮連絡機(対潜)

・夜間作戦航空要員(+熟練甲板員)

・爆雷投射器(以降のドロップ率減少)

・戦闘糧食

といった装備と、海防艦を連れて行くことです。

装備や編成条件、そして敵の強さによって掘りやすい海域や逆もあるので

その吟味が重要となります。

漁場となるのは、鎮守府海域全域(1-X海域)

南西諸島海域(2-1・2-2・2-3海域※鰯のみ

北方海域全域(3-X海域)

6-1・6-5海域

となっています。

また、いくら周回しやすいからといって同じ海域に籠もっていても

漁場が枯れてしまうので都度、河岸を変える必要があります。

ずっと同じ場所だけで達成出来てしまうのは、ごく限られた選ばれし者だけですので。

横着せずに普段行かない海域に足を伸ばしてみるのも、また別の経験値になるものかと思います。

 

鎮守府海域

1-X海域は敵が弱く、水雷戦隊中心の編成になることもあって

安定して掘りが可能となっています。

出が悪くなっても、似たような編成ですぐに別のところに行けるのも便利ですね。

効率が良いのは、二箇所でドロップが狙える1-4・1-6海域でしょうか。

 

1-1海域

敢えて装備や編成の例を提示しませんが、キラ付けのついでに出れば良いという感じで。

随伴艦に漁装備を持たせて行くのが手っ取り早いでしょうかね。

地味にボスマス・外れマスのいずれでもドロップするのが美味しいとは言えます。

 

1-1海域で掘るとしたら、編成・装備はこんなでしょうか。

これでもかと漁装備を積み込んでいます。

 

それで出るかどうかは別問題ですが。

 

秋刀魚も鰯もストック数が多くなると出にくくなるいつもの仕様でしょうかね?

 

1-2海域

いつものように、最短ボスマス確定である水雷戦隊×五隻の編成で。

自然と弾着観測射撃は由良さんか多摩キャットでも連れて来ない限り出来ないので、

その分を漁装備に振り分ける感じで。

敵はほぼ最弱なので、練度は気にする必要はないでしょう。

ここも1-1海域同様、ボスマス・外れマスのいずれでもドロップしますが、

敢えて外れる必要もないかと思います。

しかし、フレ子マザー(Fletcher)がノリノリです!

密かに待っていたようですが、残念ながら網”特攻(ぶっこみ)”はないのでした……。

 

神楽としましては積極的に行く場所ではないので、取り敢えず一回だけ。

残念ながら秋刀魚も鰯も来ませんでした。

 

1-3海域

少し前に、山風掘りでさんざっぱら通ったのが記憶に新しいですね……!

編成はその時と同様の、ボスマス固定最短編成です。

軽空母+水雷戦隊で、軽空母は二隻までは可ですね。

比較的、周回はしやすい海域となっています。

 

脅威となるのはボスマスの戦艦ル級のみですので、安定した掘りが可能だと思われます。

1-4海域周回の疲労抜きの合間に回すのに丁度良いでしょう。

 

1-4海域

こちらも少し前に対馬掘りで周回しまくったので、勝手知ったる編成です。

大鯨+駆逐艦×四隻以上で上下どちらのルートでもボスマス固定

&ドロップ機会がふたつとなっていますので、非常に良い漁場となっています。

 

この編成であればHマスを確実に踏むので、

そこでも漁獲チャンスとなります。

一応、編成を重くしての上ルートIマスでも出ますが

そこへ行くのはランダムで安定しないので無視して良いでしょう。

 

ボスマスでも漁獲チャンスがありますので、

積極的に周回したい海域です。

 

また、今回めでたく改二となった朝霜の期間限定(?)ドロップもありますので、

ついでに狙ってみても良いかと思われます。

せっかくの法被グラですしね♥

 

1-5海域

1-5海域にはドロップ箇所がみっつありまして、

お好みで選ぶことが出来ます。

 

Jマス(ボスマス)

オーソドックスなボスマスでの掘りです。

どうせならドロップ率の高くなる海防艦で行くのが、

所要時間の問題からも有効かと。

装備は、安定度を求めると爆雷投射器を持って行くことになりますが、

そうするとガチンコ漁になって

以降のドロップ率が下がってしまうのが難点です。

どうしてもドロップしたいって場合の最後の手段でしょうか。

 

丁度、秋刀魚が佳境だったので無理矢理GETしました。

どうせ週明けのウィークリーあ号ついでのキラ付けで、

漁場がボロボロになるので気にしないです。

 

Iマス

敢えてIマスに逸れる編成です。

空母や軽巡、戦艦が多めで逸れることが可能です。

水上艦が相手になるので、

ボスマスのように爆雷投射器で漁場を荒らさずに済むのが利点です。

 

敵はそう強くはないので、周回向きではあります。

 

装備はコッチのが良いですかね?

 

Hマス

五隻以上の編成で行けるのですが、途中でランダム分岐になるため安定しません。

しかも、海防艦ルートに行くとボスマスに辿り着けずに終了となってしまいます。

一応、海防艦のみの五隻以上編成でHマスとボスマスの二択には出来ますが

それで水上艦の相手は厳しいどころか無謀の極みです。

よって、見なかったことにするのが妥当かと思います。

 

1-6海域

1-6海域は、水雷戦隊でないルートで

二箇所ドロップ機会がありますので

ここも周回向きであります。

実のところ、神楽が始めに手を付けたのはこの1-6海域であったりします。

 

上ルート

改造前の朝霜を剥くために加えつつ、一種の穴場である上ルートに向かいます。

航空戦艦+軽空母を二隻までにしておけば、

あとは索敵値で行けるでしょう。

 

既存の収集イベントでも、良く行ったもんです。

大破撤退が多いのが難ですけれどね。

 

あ、狙い通り朝霜が剥けました♥

そして、冒頭の改二改造へと至ります。

 

瑞雲立体攻撃、使っていますか?

1-6海域では良く刺さります。

収集イベでは、瑞雲が有効ですしね。

 

秋刀魚GETです!

初見でこのエフェクトは吹きましたよ!

 

これですもんねぇ。

この演出に懲りすぎて、朝霜改二の改造演出が新規で作れなかったのではと

まことしやかに囁かれています。

 

中央ルート

上ルートで大破撤退が相次いだために、中央ルートに切り替えました。

編成を重くすればOKです。

航空戦艦×二隻+軽空母×二隻あたりが良いのでは。

航空戦マスでの夜戦を考えると、軽空母は夜戦仕様にしておいた方が良いでしょう。

 

中央ルートの潜水艦マスが、まずは漁獲ポイントになります。

 

ゴール前の航空戦マスも、漁獲ポイントになっています。

これは去年にはなかった仕様ですね。

S勝利を取りたいので、夜戦することになるでしょう。

神楽は、どっちにしろ航空戦マスでは夜戦するようにしていますが。

負けるの大っ嫌いなので。

ともあれ、1-6上・中央ルートはかなりの良い漁場となっています。

 

下ルート

いつもの下ルート編成と一緒の純正水雷戦隊ですね。

先制対潜が出来ない子でも、熟練見張員要員として起用出来ます。

 

ゴール前の一箇所でしかドロップしないのがねぇ。

しかも枯れたのか、出ませんし。

どうせ水雷戦隊で行くのなら、他でも良いというのが困りどころです。

せいぜい、月明けのEO海域攻略でやるくらいですかね。

 

南西諸島海域

南西諸島海域では、鰯しか出ないのが特徴ですね。

一見難点のように思えますが、見方を変えれば

秋刀魚を無視して鰯一本狙いに出来るのはむしろ利点となります。

なんせ、50尾も集めなければなりませんからね。

デイリー南西任務のついでに掘っていれば、自動的に達成出来るというものです。

とはいえ、利便性では2-2海域が圧倒的すぎて

他は無視してしまっても良いくらいです。

 

2-1海域

2-1海域はねぇ、大破率が高いのですよねぇ。

ドロップ艦隊や潜水艦隊以外ではあまり行きたくはない場所です。

 

2-2海域が枯れた場合に行くくらいですかねぇ?

週明けのウィークリーい号任務のついででも良いですが。

 

2-2海域

2-2海域の海防艦+水上機母艦の上ルートは、

単純にデイリー南西任務のみならず

収集イベントとの相性が非常に良いです。

南西諸島海域は、ここだけで良いくらいです。

日々の南西任務をこなすだけで、順調に鰯が集まることでしょう。

 

燃費も被害も少なく周回出来るのが良いですね。

ドロップ艦以外では、主にやられることになる海防艦の入渠時間が短いのも利点です。

 

2-3海域

2-3海域は、初手ランダムで下ルートでないと

ボスマス固定出来ないのが難点ですね。

水上機母艦+軽巡+駆逐艦×二隻というのは

収集イベントでは有効ではあるのですが。

 

一回行くだけ行ってみました。

 

北方海域

本来の秋刀魚漁のメッカのはずですが、現実での不漁が祟ってか

あまりドロップ率は高くはない印象を受けます。

ウィークリー北方任務のついでくらいにしておけば丁度良いでしょうか。

 

3-1海域

3-1海域のボスマス固定最短編成は、

3-3海域と全く同じというのが特徴です。

3-3海域が枯れた場合の予備になりますかね?

アッチは二箇所掘れますからねぇ。

 

一回掘って――

 

二回掘って、こんなもんですかね。

デイリー補給艦をこなせないかと思い結構周りましたが、

最初の一回にしか補給艦が出なくてですねぇ……。

 

3-2海域

3-2海域は、ボスマスと下ルートで漁が出来ます。

ボスマスでは確定で補給艦が出るので、デイリー補給艦をこなすのもアリかと。

下ルートでは、二箇所でドロップ機会があるのが利点です。

ボスマスと違って、敵がかなり強力ですが。

 

下ルート

戦艦+空母が二隻以下かつ駆逐艦が四隻以上で

下ルートに向かうことが出来ます。

二箇所で掘れるので、周回に適しています。

 

下の行き止まり前のマスと――

 

行き止まりマスの二箇所でドロップがあります。

ここも良い漁場です♥

 

ボスマス

最適なのは最速統一最短編成なのですが、

装備枠を圧迫して漁どころではなくなってしまうので

高速+統一編成で妥協します。

電探もある程度外せるので、、結果的にはこれが最適ですね♥

 

ランダムで最短ルートにも行くことがありますね。

 

だいたいは渦潮を踏んでのルートになりますね。

 

3-3海域

普通に上ルート編成ですよね。

ウィークリー北方任務のノリそのままで良いでしょう。

下ルートは、見なかったことに。

 

なーんかボスに行けなかったのですよねぇ……。

ボス前大破撤退三連続とか。

そのくせ、そこでも出るはずの漁獲もなかったという。

今回は神楽と相性が悪かったようですね。

そういう海域もあるでしょう。

 

3-4海域

いくつかのルートがありますね。

やはりお好みで。

 

疑似空母編成

一時期話題になった、戦果稼ぎ用の編成ですね。

常であれば制空用に多摩キャットや由良さんを入れるところですが、

そこに漁装備を持たせるようにします。

その分、空母に艦戦を乗せることになります。

つまり、この編成の最大の強みである

開幕爆撃殲滅に弊害があるという

本末転倒なことになってしまうのです……!

 

出ないこともありますよね。

 

上ルート編成

ずっと放置しているルート逸れついでの上ルートも試してみました。

ボス前でもドロップチャンスがあるのですが、

そもそもランダム要素が高くて安定しないのですよね。

 

うーん、落ちませんねぇ。

 

ボスでも落ちず、このへんは運次第ですねぇ。

後で掘った時にはちゃんと出ましたが。

 

下ルート編成

下ルート編成は巡洋艦隊なので、

収集イベントとの相性は良いです。

 

道中・ボス共に安定しないのが難点ですが。

一応、A勝利でもドロップするのが救いです。

 

3-5海域

3-5海域では、下ルートのボス前マスとボスマスで秋刀魚&鰯が穫れます。

上ルート・ほっぽ(北方棲姫)マスでは、例によって「ナイナイ」されてしまいます。

掘るにはちと厳しい海域ですので、戦力ゲージ割りのついでくらいに留めるのが無難でしょうか。

 

下ルート編成は、最短の駆逐艦×五隻+α編成で行きます。

残り一隻は、軽巡か水上機母艦かってところです。

今なら、まず日進一択でしょう。

索敵値の問題で日進に水上偵察機を積んで行き、

駆逐艦には漁装備を持たせます。

可能であれば、バルジ装備可能な駆逐艦が良いでしょう。

陽炎型・夕雲型の改二艦が該当します。

 

下ルート・ボス前マス

下ルート・ボス前マスでも漁獲が期待出来ます。

ボスマスと合わせて、二箇所で穫れる可能性があります。

最初に行って秋刀魚が出ましたが、残念ながら以降はボスマスでも何も獲れませんでした……。

 

ボスマス

削りの三回でも穫れず――

 

結局、最初の一尾だけの渋い海域となってしまいました。

神楽の場合はってことかもしれませんが。

 

中部海域

中部海域は、6-1・6-5海域で漁獲が可能です……が、

事実上6-1海域は使い物にならないでしょう。

そして、漁場としての6-5海域が圧倒的ですのでコチラだけで充分です。

 

6-1海域

道中戦・ボス戦共に極めて不安定であることと、

とても漁装備を持って行く余裕がないことから極めて不向きな海域となっています。

せいぜい、月明けのマンスリー任務で行った時に運良くドロップすれば良い程度で。

 

見ての通り、漁装備を持って行く余裕は一切ありません。

 

これまで数限りなく6-1海域には行きましたが、

歴代でも最高の一戦となりました♪

もっとも、漁獲はありませんでしたが。

 

二回目も、空振り。

 

三度目もS勝利しまして、マンスリー任務を完了しましたが漁獲はなしでした。

漁装備がなければ、そりゃそうですね。

 

6-5海域

この6-5海域、何がスゴイって毎度のことではありますが

下ルートでは初手潜水艦マス以外の全てで漁獲チャンスがある

ということです。

自然、最大の漁場となるポテンシャルを秘めています。

 

ボスマスまで行く編成

普通にボスマスまで行く編成ですね。

日振・大東がドロップすると聞いて必要があるのかと思いまして。

丁度、日振が欲しいのですよね耐久改修的に。

 

夜戦マスで大破撤退してしまっていますが、その後はボスマスまで行っています。

当然ながら、資源の消費や基地航空隊の熟練度剥げの見地から非効率ではあるのですが。

 

夜戦マス撤退編成

んでもって、今回の収集任務報酬で海防艦がもらえると知りまして

無理して掘る必要がなくなったことで余(Nelson)入り編成に切り替えました。

 

ボスマスに行かせていた基地航空隊を

潜水艦マスと夜戦マスではない道中に振り分けることで、より安全に掘りが可能になりました♪

熟練度の回復も同時にこなします。

 

出ませんねぇ。

 

撮っていないだけで、そりゃ漁獲出来たことはあります。

 

夜戦マスでは、複縦陣でネルソンタッチです!

 

総じて今日は、ネルソンタッチで厄介な敵軽巡を潰してくれることが多かったですね♪

夜戦で、撤退し、無駄な消費を抑えます。

撮影していない範囲では、漁獲率はかなりのものでした。

 

秋刀魚&鰯漁のコツ

基本的には、複数のマスでドロップする海域を中心に周回すること

だと思います。

1-4・1-6(上・中央)・3-2(下)・3-3・6-5海域ですね。

その合間に1-3・1-5海域といった軽く回せる海域を織り交ぜていけば

そう焦らずとも秋刀魚×18尾の収集は達成出来るものと思います。

そうする間に鰯も稼げているはずですので、

デイリー南西任務のついでに2-2海域でも周回していけば

鰯×50尾も現実的に集まることでしょう。

漁場を休ませてコンスタントに掘る方が結果的に効率的ですので、

計画性を持ってローテーションを定めて掘ることが肝要かと思われます。

 

新任務

今回の収集イベにまつわる任務も紹介しましょう。

最初の任務から順にこなしていけば問題はないです。

なお、途中で漁獲物を資源等に変換してしまうと

任務に差し障りますので、

全任務を達成してから消費するのが望ましいです。

 

秋刀魚漁:今年は不漁? でも…上々ね!

最初から出現している、秋刀魚を三尾集める任務です。

 

最初の選択肢は、やはり熟練家具職人でしょうか。

次の選択肢は、装備の揃っていないニュービー救済用ですね。

神楽はソナーも探照灯も余っていますので、ネジにしておきます。

この任務を達成すると、新たにふたつの任務が出現します。

 

秋刀魚漁:今年は気分が高揚します!

秋刀魚を八尾、

全体の要求数のほぼ半数を集めると達成です。

 

選択はかなり悩ましいですが、

噴進砲は作れる装備……と言い聞かせまして

大発動艇×二艘を選びました。

次もかなり悩ましいです。

神楽は砲熕装置が足りない(残り六個)のですが、

それでも流星改(一航戦)に分があると判断しました。

 

この任務の達成後に、

秋刀魚集めの最後の任務が出現します。

 

【特別任務】大丈夫、鰯があるじゃない!

鰯を25尾集めると達成です。

……毎度、収集イベでの任務で電ちゃんに煽られるのは恒例でしょうか?

 

海防艦を選択する絵面が危険極まりない気がします……!

デリh……(ゲフンゲフン

季節グラのある択捉・松輪・対馬・福江から選択するのが妥当でしょうか。

佐渡様……。

神楽は、エトロフチャン…(択捉)を選びました♥

次の選択は、神楽は二式爆雷は10基持っていますので除外して、

値段的に補強増設をチョイスしました。

 

君、写真の子と違くない?

どこかの海域で掘れるという

エトロフチャン…を掘る手間が省けました♪

この任務の達成後に、鰯集めの最終任務が出現します。

 

秋刀魚漁:大漁旗、ここは…譲れません!

秋刀魚×18尾で達成となります。

秋刀魚集めはこの任務で打ち止めで、

以降は調理法に合わせた数を消費するなり補充するなりとなります。

 

選択報酬は、先のイベントの報酬艦であったジェイ子(Janus)の改造時の持参品であった

対潜値+13のASDICソナー

戦闘詳報×二枚、2018年度の大漁旗からの選択となります。

事実上、ASDICソナー一択であります。

先制対潜が可能になる閾値の引き下げとなり、

より対潜艦のレベリングが捗ることに繋がります。

そして、今年の大漁旗が報酬でもらえます♪

 

一航戦の二隻がモチーフです♪

幸せそうに食いやがって……!

折しも、故ポール・アレン氏の探索チームがミッドウェー近海を捜索し、

海底に眠る赤城・加賀の実艦を発見しました。

狙ったわけではないでしょうが、偶然の一致といったところでしょうか。

過去にも、こういったシンクロニティは幾度か起きていますね。

リアル艦これ事業は、確実に「持っている」のでしょうね。

 

【特別任務】今年は鰯が豊漁なのです!

鰯が40尾に差し掛かろうかというあたりから、露骨に出なくなりましたね。

ほうぼうを巡って10尾ほどは仕入れたのですが、ラス1が出ないこと出ないこと。

手を付けていない3-5海域以外は枯れていましたねぇ。

 

最終的には、ほぼ一日放置して休まっていた2-2海域で釣れました!

やはり急いでがっつくよりも、

日々コンスタントに稼いでいくスタイルが正解なのでしょうね。

 

なかなか苦労しましたが、鰯×50尾を集め終わりました!

またも電ちゃんが煽ってはります。

今回の新任務は、これで全て達成となります。

 

またもいかがわしい絵面が……!

手元に大東がいますので、耐久改修のペアになるひぶりん(日振)を選択します。

あとは、やはりカタパルトですね。

勲章はいっぱいありますので。

 

なにげに燃料が美味しいですね♪

 

そしてカタパルト。

加賀さん改二の際にはまた別に入手出来るかと思います。

今回のはニュービー用でしょうかね。

 

――というわけで、収集はひとまず終了しました。

調理に関しては、また後日。

 


艦隊これくしょんランキング

スポンサーリンク
新任務(第二期)
スポンサーリンク
神楽玲をフォローする
スポンサーリンク
アグリケラ(AGURIKERA)

コメント