スポンサーリンク
スポンサーリンク

【艦これ】コンプティーク 2020年6・7月合併号の艦これイベント情報(2020年)

艦これ(第二期)

神楽です。

表題にもあるように、

コンプティーク 2020年6・7月合併号に

艦これイベント情報が載っています。

まだ断片的なものとはいえ、おぼろげながらもそのカタチが見えて来ましたかね?

 

前段作戦✕四海域+後段作戦✕三海域の全・七海域

前段作戦は、鎮守府近海を舞台とした四海域

後段作戦は、南太平洋海戦に至る三海域

とのことです。

最初は薄雲が関わる海域とされ、前段作戦最終海域は松が関わる海域とされています。

後段作戦は、ラストが南太平洋海戦とのことですね。

即ち有無を言わさぬ大規模イベントであり、

その開催期間も二ヶ月に及ぶ可能性もあり

実質、超大規模かもしれません。

備えよう。

 

新規艦は10隻近く実装予定

超大規模イベントかもしれない理由の一つが、

この新規艦実装の多さですね。

過去には、多くても七隻程度。

今回は、少なくとも八~九隻まではあるんじゃないかと思われる以上

相応に規模も大きくなるという算段です。

現状、わかっているだけでも

E-1海域突破報酬に、薄雲。

E-4海域突破報酬に、松。

他、丁型海防艦および伊47の実装が示唆されています。

丁型海防艦は、スカベンジャー作戦に参加した

第4号・第12号海防艦のどちらか、あるいは両方でしょうか?

しかし、やや年長な占守型はともかくとして

択捉型の時点で外見年齢一桁台だというのに、

それよりも幼いであろう丁型海防艦ともなれば

もう未就学児になっちゃうんじゃないですかね?

ある意味、他のゲームでもおいそれと踏み込めない領域に突っ込んでいく艦これです。

伊47は、発見時にゴーヤ(伊58)と間違えられた

五島列島沖の海底で真っ直ぐ逆さまにぶっ刺さっている潜水艦ですね。

イラストが逆立ちしていたら笑いますよ?

台詞枠で顔が隠れちゃうから、ないでしょうけど。

もしかしたら、ヨークタウンかレキシントンがドロップするかもしれませんね。

 

後段作戦では、実装が明言されているのはサウスダコタ。

他にもノースカロライナやノーザンプトン、

あるいは新たなるアトランタ級の可能性もありますかね。

南太平洋海戦が決戦ともなれば、

おそらくラスボスはホーネットになるでしょうか?

エンタープライズは、まだ早い。

 

モチーフ海域

まずE-1海域ですが、

薄雲がガッツリ関わる北方海域から始まるとのことです。

実際、主にアリューシャン方面で活躍していた子ですね。

あのキスカ島撤退作戦にも参加していまして、

1944年にはシンガポールへの輸送任務に参加しまして、

そこで長いこと相方を務めた白雲をトートグの雷撃で喪っています。

その後はもう一隻の相方である薄雲と共にマリアナ沖海戦を挟み、

小笠原沖・硫黄島への輸送任務に従事。

曙・潮と共に小樽港からの出立、スケートの雷撃で薄雲は撃沈となっています。

E-1海域はこの薄雲の最期が元になっている可能性が高いです。

運営の、「小樽から始まる」という発言とも合致しますね。

なので、E-1海域にはぼの(曙)とうしおす(潮)を出す予定でいましょうか。

 

E-2・E-3海域はまだわからないですが、

薄雲も来ることですし

E-2海域ではちとキスカ島撤退をやってみるとか?

E-3海域は、そういう流れならそろそろ連合艦隊の出番だろうということで

マリアナ沖チックな何かをやる……とか?

そっちでサウスダコタかノースカロライナを先出ししちゃうって線もなくはないでしょうか。

 

で、E-4海域はまず間違いなくスカベンジャー作戦。

レキシントン、ヨークタウン、エンタープライズ、ホーネット(エセックス級の二代目)という本気戦力に

松を始めとする駆逐艦・海防艦で立ち向かった絶望的な戦いですね。

旗風、山雲、野分、秋月、初月といった駆逐艦を予定しておきましょう。

づほ(瑞鳳)も関わっていますが、やるかどうか不明なマリアナ沖はともかく

後段作戦にも出番がありそうなので出すかどうかが難しいところです。

神楽は、セカンドの改二か、またはテンザーン(天山)牧場で丁度改造Lvにある子を使いますかね?

 

後段作戦は、南太平洋海戦に至るまでがどうなるかですね。

ミカ(三日月)の関わる輸送作戦として、

クラ湾夜戦かコロンバンガラ沖夜戦はやるとは思うので

これがE-5海域の可能性は高いでしょう。

 

E-6海域は……RJちゃん(龍驤)が沈んだ第二次ソロモン海戦とか?

ヒエー(比叡)の活躍する海域があるという運営の発もありまして、

それにも合致はしますね。

やったばかりの第三次ソロモンを避けると、コレかなぁ?

ってな程度ですが。

他、マイシスター霧島や翔鶴・瑞鶴・龍驤といった空母勢を始め

いつものソロモン組は温存しておきませんとね。

 

で、E-7海域はおそらく南太平洋海戦。

ソロモンの流れの中の戦いなので、予想されるこれまでの海域と

参加艦が被りまくる可能性が高いですね。

特に、翔鶴・瑞鶴・瑞鳳、重巡から駆逐艦までのソロモン組だとかが。

参加艦艇は、後でまとめようとは思います。

ともあれ、ここまでお膳立てされたとなると

ミッドウェーや西海岸行きはないでしょうかね。

加賀さん改二がイベント後っぽいってのもありますし。

 

潜水艦隊群システム

潜水艦隊群システム、というのが実装予定だそうです。

潜水母艦率いる潜水艦による支援……でしょうか?

史実ではついぞ実現しなかった縦深戦術というか、

群狼戦術あたりを再現する感じになるのかなぁ?

複数の潜水母艦の実装を待ってからとのことですが、

現状唯一のタイゲイリニンサン(大鯨)の他の候補となると、

全級の迅鯨・長鯨、あるいは剣埼・高崎でしょうか?

剣崎は祥鳳、高崎は瑞鳳になっていますが、この子らは実質潜水母艦としては働いていませんので

迅鯨・長鯨の可能性が高いんじゃないかと思われます。

 

――とまぁ、コンプ情報はこんなところでしょうか。

 


艦隊これくしょんランキング

スポンサーリンク
艦これ(第二期)
スポンサーリンク
神楽玲をフォローする
スポンサーリンク
アグリケラ(AGURIKERA)

コメント