スポンサーリンク
スポンサーリンク

【艦これ】コンプティーク10月号での艦これ情報(2020年)

艦これ(第二期)

神楽です。

9/10に、例によって艦これ特集が組まれた

コンプティーク10月号が発売されました。

電子書籍としても購入可能ですが、

その場合は艦娘の特典ボイスの

ダウンロードコードが付かないので注意です。

とはいえ、もう実本は入手困難かもですが……。

 

それと、9/17に次回メンテナンスが入るようですね。

何かしら、追加点はあるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

コンプティーク10月号での艦これ情報

おおまかな内容としましては――

 

次の秋イベは、恒例の欧州へ!

夏イベと交代になったやつですね。

四度目となる欧州遠征、今度はどんな史実ネタで来るのでしょうか?

先日の記事でも挙げたように、地中海かバルト海か、はたまたノルマンディーかダンケルクか

そんなくらいしか神楽には予想は出来ませんが、さて。

青寒天ことじじ氏に仕事の発注は行っているようですので、

新しいイタリア艦は固いのではないかという予測が立てられています。

マエストラーレ級駆逐艦最後のシロッコなんかが、良くネタとして挙げられますね。

他、ヴィットリオ・ヴェネト級戦艦やザラ級重巡洋艦なども当然のように候補となります。

イギリス艦も、ロドニーを始め候補に枚挙は厭わないので、誰が来ても不思議ではないですね。

ドイツ艦は……パパが色々と具合が悪いので期待薄なのですが、

それでも望まずにはいられないのです。

 

先日、ノルウェー沖にて大戦中のドイツ巡洋艦カールスルーエ級の発見がなされ、

そのことについて擬人化するならどうするかという言及がありましたが、

おそらくはクリエイターの性としての発言であらせられることでしょう。

……もっとも、こういう時事ネタに乗って実際に実装される可能性はゼロではないのでしょうが。

 

「幸運の女神」の二段階大規模改装

既に情報自体はチラ見せされてはいましたが、

遂に雪風の改二が来るようです!

コンプティークにも、そのシルエットらしきものが載っていますね。

どうやらコンバートありのようで、

そうなると改二および「丹陽」への改装も期待されるところです。

坊ノ岬沖海戦に準拠した改二になってから丹陽になるのか、

丹陽になってから本土に変換されたIFとしての改二になるのか、

その順番にも興味があります。

丹陽はアメリカの手が入った対空・対潜強化型となりますのでその方向で良いとしましても

そこから返還されたIF改二ですと完全に戦後仕様となってしまいます。

既に赤城改二がそういう方向で実装されていますので、なくはないのですが

まだ戦後装備を駆逐艦に持たせるのは時期尚早かなとは思ってしまいます。

なので、今回は艦隊型駆逐艦として極まった

甲型改装が改二となるのではないかと思うのですが、どうでしょうか?

それから、台湾への移譲艦仲間として対馬や屋代との絡みもあるかも?

 

最新鋭軽巡二番艦・三番艦の改二改装

矢矧改二に関しましては、アニメ二期のPV等で既に予告はされていましたが

新たに能代も改二となることが告知されました!

うやまって……とはいえ、阿賀野はトラック空襲で早々に脱落している身分ですので

また那珂ちゃん共々スポットが当たることを期待しましょうか。

あと、随分とご無沙汰な軽トラ君(軽巡棲鬼)も。

神通仮面は、つい最近復活したことですし。

ぴゃー(酒匂)は、またクロスロード作戦があった時にでも。

そういった関連付けがなくとも、随時実装されていく可能性はありそうなのですがね。

して、その改二改装の方向性ですが。

海外軽巡の躍進が著しい昨今、もはや四スロ化は当然という時代なのでしょう。

競合する海外軽巡はそれぞれ、昼戦火力や対潜・対空といった

一芸に特化することで出番を勝ち得ていますので、

同じ土俵で勝負しても二番煎じとなってしまう可能性が高いです。

それはそれで予備戦力として価値がないわけではありませんが、

どうせならもっと別の独自性――それこそ日本艦の本分である水雷戦能力、

つまりは夜戦火力特化型という方向性はどうでしょうか?

この方向で目立つのは神通教官くらいなものなので、狙ってみる余地はあると思います。

対地や水戦による制空補助なら、もう他に該当艦はいますしね。

もし水戦が乗る四スロ軽巡ということにでもなれば、また違った活用も見出せますが。

 

第七戦隊所属・航空巡洋艦の改二改装

もがみくま(最上・三隈)ですね。

既に告知はされていますので、今か今かと待っているところです。

航巡はいくらいても困らないわけなので、待ち侘びている提督も多いことでしょう。

既に搭載数でなら、とねちく(利根改二・筑摩改二)や鈴熊(鈴谷改二・熊野改二)にも劣らないので

より航空戦能力を推し進めた改装になるのではないかと思われますが、どうでしょうねぇ。

鈴熊のように、航空母艦にコンバートするかもしれませんが。

にしても、コンバートのコストはもっと安くならないものでしょうかね。

特に、頻繁にコンバートする機会のあるバリ(夕張改二)やづほ(瑞鳳改二)あたりだけでも。

 

今年の秋刀魚祭りは、リアルともども見送りに

リアル不漁なのでリアルは仕方ないですし、

代替として豊漁な鰻祭りが開催されることになりましたが、

ゲームの方では特に代替措置はない……ということでしょうか。

欧州イベントとモロ被りするということと、超大規模イベントの後ということもあって

あまりイベントを詰めてもプレイヤーが対応出来ないことを鑑みての可能性も。

 

新規艦

松に続いて、渡辺明夫氏が手がける二番艦・竹の実装について言及されました。

順当ですね、梅も揃えたいところです。

もしかしたら、甲標的っぽいナニカを積めちゃう姉妹艦が来ちゃうかもですが。

また、最近仕事量が多いZECO氏の更なる新規艦もあるようで。

アメリカ艦でしょうか、新たなフレッチャー級とか。

改装に関しましては、加賀さん以降の大型艦への改装計画もあるようです。

海外艦へのそれは予測が難しいので考慮外としますと、

日本艦で候補となるのは大和・大鳳・雲龍型、あとは軽空母の何隻でしょうか。

ヤマちゃんはほぼ内定していますのでソレという可能性が高いのですが、

次点ではたういでしょうかねぇ?

 

――おおむね、こんなところですね。

 


艦隊これくしょんランキング

スポンサーリンク
艦これ(第二期)
スポンサーリンク
神楽玲をフォローする
スポンサーリンク
アグリケラ(AGURIKERA)

コメント