スポンサーリンク
スポンサーリンク

【艦これ】次回欧州イベ・E-2海域はバレンツ海海戦(2020年)

艦これ(第二期)

神楽です。

次回イベントの開始日がいよいよ明後日に迫ってきました。

神楽の準備はまぁそこそこ? なくらいでしょうか。

資源はおおむね30万近辺にはなってはいますし、バケツもカンストしました。

懸念と言えそうなのはバーナーが2800個ちょいで、

しかして友軍艦隊の到着まで二週間はあると考えれば

日々の2-1海域行脚で10個/日で増やしていけば再カンストの目があるものかと。

そもそも前回の規模が異常であったと考えれば、

今回はそこまででもない……というのは油断や慢心でしょうかね?

 

さて、運営電文にて情報の追加がありまして。

E-1海域がMG1作戦というのは既に報じられていましたが、

正式に地中海マルタ島沖【発動! MG1作戦】ということになりました。

完全に第二次シルテ湾海戦ですね。

輸送込みのダブルゲージかと思われますが、輸送だけの場合もあるのかな?

 

そして、E-2海域の情報も発布されました!

バレンツ海【バレンツ海海戦】ということで、

いきなり地中海から北に飛びましたよ!?

ここんとこ、E-2海域に坊ノ岬沖が挟まる事例も多く

E-2海域はそういうイレギュラーな場となっているのでしょうか?

E-3海域は未だ謎ということですが、

E-2海域がコレなので俄然予想が難しくなってしまいました。

 

メンテ時間は11:00~22.30:とのことですが、

例によって延長は考慮しておきましょうかね。

ここんとこの傾向からして、日を跨ぐどころか夜が明けるものかと。

 

バレンツ海海戦 - Wikipedia

さて、言及のあったE-2海域バレンツ海海戦。

ソ連へ向かうイギリス輸送護衛艦隊を、ドイツ海軍が強襲するというシナリオでした。

ドイツ側の作戦名は、レーゲンボーゲン作戦……虹作戦。

ノルウェー北部のアルテンフィヨルドから北極海にかけての広範な海域が舞台でありまして、

これまでになかった戦場となります。

プリンちゃん(Prinz Eugen)のお姉さんであるアドミラル・ヒッパー率いるドイツ艦隊は、

必勝を期しての出陣だったにも関わらずイギリスの輸送艦一隻も沈めること叶わず、

大層失望したチョビ髭はレーダー海軍元帥を罷免、

潜水艦畑だったデーニッツ大将を後釜に据えて

潜水艦偏重の通商破壊特化に舵を切る契機となりました。

グラ子(Graf Zeppelin)の運命がネジ曲がった発端といえますね。

このモチーフを扱うにあたり、新規艦となる可能性が高いのはやはり

アドミラル・ヒッパーでしょうか?

担当するのが、今もって忙しいフミカネ氏であるかはかなり難しいとは思いますが。

装甲艦リュッツオゥことドイッチュラントなんて変わり種もいますので、

実装されたら面白いかもしれません。

 

北岬沖海戦 - Wikipedia

で、バレンツ海海戦が確定したということは

続く北岬沖海戦も盛り込まれる可能性が高いのでして。

ノルウェー最北端を戦場としたこの海戦では、

ブチキレたチョビ髭をなだめて大型艦解体を阻止したデーニッツ新元帥により

ドイツ戦艦・ティルピッツ&シャルンホルストが戦場に赴くことになりました。

ティルピッツはスピッツボルゲン島砲撃戦にて損傷、

以後は修理を終えてなおもフィヨルドに留まり威圧するという

良く言われる引きこもり戦艦となりました。

残るシャルンホルストですが、バレンツ海海戦にて得た戦訓により

輸送船団を囮に敵主力をおびき出すというまんま釣り野伏戦術を用いた英艦隊に補足され

レーダー索敵による先制を許して電探を損傷、孤立無援な状況を招いてしまい

英艦隊のフルボッコを食らって撃沈されることになったのが北岬沖海戦でした。

この戦いは、大戦を通しても珍しい戦艦同士の直接対決が実現した一例でもありまして

相手役となったのは英戦艦ディーク・オブ・ヨークでした。

戦艦同士の対決は痛み分けな感じではありましたが、

集中飽和攻撃という数の暴力の前に霧の女王は散っていったことになります。

イベントでやるかどうかは不明なマタパン沖海戦といい、

レーダー技術が水上海戦の主力であることを決定付けた戦いでもありましたね。

 

PQ17船団 - Wikipedia

北方海戦ついでに実装されそうなのは、数あるソ連向け輸送作戦の中でも

PQ17船団がそれでしょうか。

時系列的にはバレンツ海海戦よりも前ですが、

参加艦艇がとにかく豪華なので同系列の作戦群の中でも異彩を放っています。

戦果としましては、ドイツ海軍の攻勢でイギリス輸送船団が大損害をこうむり

筆髭激おことなった感じですね。

この作戦が来そうな理由としましては、いつか語ったこともありましたが

ワシントンが参加しているというのが大きいです。

これが来るとしたら、Z4リヒャルト・バイツェンが参加している関係上

レーベ・マックスを投入することになるでしょうか?

 

――で、この北岬沖海戦もしくはPQ17船団がE-3海域もしくはE-4海域に来るかというと

北岬沖海戦はE-2海域の第二ゲージあたりに放り込まれる可能性

があるかと思われます。

バレンツ海海戦が輸送作戦の体を成している関係上、

殲滅作戦にあたるものが盛り込まれている方が収まりが良いですからね。

そうなると、PQ17船団は単体で輸送作戦を内包しているのでやりやすいかも。

新規艦の可能性としましては、

バレンツ海海戦では、重巡アドミラル・ヒッパー(独)。

北岬沖海戦では、戦艦ティルピッツ(独)、シャルンホルスト(独)、デューク・オブ・ヨーク(英)

重巡ノーフォーク(英)、軽巡ベルファスト(英)、シェフィールド(英)、ジャマイカ(英)

PQ船団では、戦艦デューク・オブ・ヨーク(英)、ワシントン(米)、ティルピッツ(独)

重巡アドミラル・ヒッパー(独)、駆逐艦Z4リヒャルト・バイツェン(独)

あたりが有力かなと思います。

今回の新規艦の戦艦枠はひとつだと思われますので、

ティルピッツ、シャルンホルスト、デューク・オブ・ヨーク、

そしてワシントンの争奪戦となるでしょうか。

巡洋艦からは、アドミラル・ヒッパー、ゴリツィア、(余が言及している)シェフィールドあたりかも。

おそらく日本艦も一隻くらいはいるんじゃないかと思われますので、

本気で予想が難しいです。

新規艦✕四枠の中で極めて確度の高い候補となりますと、

シロッコ、戦艦、日本艦、あと誰か

な感じでしょうか?

 

当初は地中海中心かなと思っていたのですが、

どうも本当に欧州全体にことが及びそうなので俄然予想が難しくなってしまいました。

三海域に収めるには、枠が足りない……!

キュッとしたイベントっていう表現がありましたが、詰め込めるだけ詰め込んだものだった……?

E-2海域までは確定しましたが、残るE-3海域はおそらく地中海か北の海かだと思いますが

また突拍子もない「輸送作戦」が持ち上がる可能性がありますからねぇ。

候補だけでも、前回挙げたヴィラガス作戦・ハープーン作戦・ペデスタル作戦

今回挙げた北岬沖海戦・PQ17船団とありまして、

この中からE-3海域を絞るだけでも困難な状況です。

しかも、E-4海域は明確に欧州ではない可能性が高いわけですからねぇ……。

欧州の帰りにインド洋ならまだしも、太平洋が舞台になることだって考えられます。

そして、ソッチの輸送作戦は多すぎて絞れやしませんよ……!

ただ、余(Nelson)のドロップが確約されていることを踏まえますと

やはりE-3海域はペデスタル作戦が来るんじゃないか

とは思うのですよ。

E-3海域は、それこそヴィラガス作戦・ハープーン作戦・ペデスタル作戦の

三ゲージってことはあり得るんじゃないでしょうか?

丁度、先のイベントでのE-4海域、輸送二ゲージ+殲滅作戦という例もありますしね。

 

――しっかしまぁ、運営もやるものです。

E-2海域が北に飛んだことで、またもや予想が根本から覆ってしまいました。

これじゃあ地中海にも北の海にも戦力を絞れず、

結局全方位に備えなければならないわけですからね。

更に、最後は太平洋が舞台になることも考慮しておかねばならないという。

まっこと、イベント予想は難しい……そして、楽しいですね♪

 

スポンサーリンク

近況

ちょっと前に任務報酬となった

四連装酸素魚雷後期型の四基目が、☆MAXになりました!

甲型駆逐艦の魚雷カットイン艦✕二隻分が揃いましたね♪

イベント前の最後の準備、といったところでしょうか。

 

まっちゃん(松)が至りました♪

もしかしたらイベントで出番があるかもしれませんので、間に合って良かったです。

 

サードバリ(夕張)が改二改造Lvになったのですが、

改装設計図を用意したところではたと「そこまでして必要になるのかな?」と日和りまして、

改装はしないままとなっています。

 

シキナージ(敷波)が、アヤナージ(綾波)に追い付きました!

運値以外は、黒豹と遜色ないですからね姪っ子は(別に運値も低くはないし)。

特効艦になる頻度の違いはありますが。

 


艦隊これくしょんランキング

スポンサーリンク
艦これ(第二期)
スポンサーリンク
神楽玲をフォローする
スポンサーリンク
アグリケラ(AGURIKERA)

コメント