スポンサーリンク
スポンサーリンク

【艦これ】節分モード、終了(2021年)

艦これ(第二期)

神楽です。

既に節分モードが終了し、メンテも明けてバレンタインモードになっていますが

諸々書いていなかったものが多いので一気に吐き出してしまいますね。

いや~、もうほぼ週末休みくらいしか記事を書く時間が取れませんで。

 

スポンサーリンク

ウィークリー・マンスリー・イヤーリー・節分任務_消化

ってなわけで、今月一日はウィークリー・マンスリー任務の同時更新、

加えてイヤーリー二月任務も重なりまして忙しいったらなかったです。

あ、5-5海域は月替わりの初っ端にやっておきました。

それと、イヤーリー任務・二月の遠征は画像も残さず終わらせてしまいました。

簡単なのしかなかったですけどね。

節分任務も期日までに仕上げないとでしたので、その煩雑さはひとしおでした。

月曜日にウィークリーあ号・い号任務は終えていたのですが、そこで力尽きまして――

 

ある種のお約束として、月替わりの次の日は7-2-1海域でデイリー補給艦狩りですね。

戦果砲任務等で7-2-2海域への道を付けておく必要もありますし。

 

続いてデイリー南西任務の取っ掛かりとして、

色々と前提条件にもなっている第五戦隊任務を。

 

まずは、2-5海域ひと削りです。

 

「海防艦」、海を護る(イヤーリー任務・二月)

海防艦✕三隻を含む五隻以下の編成で、

1-1・1-2・1-3・1-5・1-6海域を巡る任務です。

1-6海域が、少々面倒ですかね。

バレンタイン任務との兼ね合いが難しいので、個別にやることになるでしょうか。

マンスリー兵站戦任務を同時に進めることになります。

 

1-1~1-3海域までは、この編成で通していけそうです。

 

1-1海域

ある意味、最難関なんじゃないでしょうか羅針盤的な意味で。

幸い、一発でボスに行ってくれました。

 

1-2海域

ボスマス固定は問題ないとしまして、低速編成ゆえに一戦増えるかもでしたが

最短で行ってくれましたね。

 

1-3海域

さすがにちと厳しそうに思えたので、海防艦を一隻駆逐艦に替えました。

ここで、デイリー南西任務を優先して潜水艦狩りまでこの任務はお休みとなります。

 

初日の午後演習でマンスリー兵站戦任務は出ていたのですが、翌日に回しました。

結果、鎮守府海域を巡る他の任務と兼ねることが出来ますね。

特に、クォータリー海上警備行動任務とは海域がモロ被りですゆえ。

 

で、その締めとして1-4海域です。

 

今月は、戦果砲全ぶっぱです。

そのために、先週の豆戦果を持ってきましたし。

 

マンスリー兵站戦任務の締めとして2-1海域へ。

いつもの最短編成ですね。

 

よし。

同時に、節分任務もこなしています。

 

例によって、同じ編成で2-2海域へ。

 

軽巡を空母に替えて、2-3海域へ。

 

これで、節分任務の最初のをクリアです。

 

Z砲前段任務がリーチ状態なので、2-4海域に向かいます。

節分ウラナージ(浦波)掘りで、散々行きました……。

 

来ましたけどね!

 

今やってるバレンタイン任務でも、2-4海域は条件になっているので

後回しでも良かったかもしれません。

とはいえ、任務がめっさ多かったので消化しないとどうにもこうにもでしたが。

クリアして、Z砲後段任務が出ました。

 

1-5海域

デイリー南西任務を終えましたので、後回しにしていた海防艦任務の続きを1-5海域で。

海防艦オンリーで行けば良いので楽です。

ついでに、リーチ状態の泊地砲任務もこなしてしまいます。

で、最後の1-6海域開放まで日を置くことになります……。

 

ウィークリー東方任務にかこつけて、節分任務の西方海域のをこなしちゃいます。

ずっと同じ編成で行けますしね(装備は変えます)。

 

まずは、4-1海域。

 

あぁ、軽巡も要るのでした。

 

4-2海域。

 

対地装備にして、と。

 

4-3海域。

これで、節分任務二つ目もクリアです。

 

精鋭「十九駆」、躍り出る!(イヤーリー任務・二月)

もひとつイヤーリー任務がありますので、やっていきます。

綾波改二・敷波改二を含む編成で、

2-5・3-4・4-5・5-3海域をクリアするというものです。

面倒な海域を、面倒な編成でやらねばなりません。

 

4-5海域

まずは、ウィークリー東方任務の一環として

またEO海域攻略として4-5海域へ。

非・高速+統一編成での攻略となります。

 

この一連の任務では、やたらとアヤナージ(綾波)が狙われました。

その場合は、たいてい撤退することに。

 

その後は、高速+統一編成で削り決戦編成で4-5海域を割りました。

 

残りのウィークリー東方任務を4-2海域で済ませ、良い感じに補給艦撃破も貯まりました。

で、カスガダマ任務ついでに西方砲の締めとして4-4海域へ。

なにげに節分任務との相性がバツグンなんですよね。

 

西方砲ぶっぱ。

次は、5-2海域ですね。

鋼材が溢れるので任務達成を様子見していますが、

どうにもイヤーリー任務といい鋼材ばっかり大量に入手出来てしまうので

結局は溢れるの度外視で達成することになります。

 

節分任務ラストに5-2海域が含まれるので、そのように。

 

この後、もう一回のウィークリー任務をこなしましたが

両方で瑞鶴→翔鶴ドロップでした。

 

ここからは、支援艦隊が必要な任務のターンですね。

綾波・敷波のキラをここで消化してしまいましょう。

まずは、リーチ状態の三川砲&六水戦砲の同時達成を目指して5-1海域へ。

睦月型がLv99になって遠征から解放されましたので、

キラを気にすることなく投入出来るようになりました。

 

戦果砲同時ぶっぱです!

 

ラスト節分任務のためにも、5-5海域を割っておく必要があったのですね。

中央→下ルート補給艦入り編成で行きます。

 

敵艦載機を枯らせたようで、楽勝でした♪

 

5-3海域

綾波・敷波のキラがなくなったので、5-3海域へ。

僚艦夜戦突撃も狙っていきます。

ボス戦での制空も意識して……空母がいなければですが。

 

まぁ、いるよね。

知ってたデース!

 

ラスト節分任務の締めとして、6-4海域へ。

 

飛龍一機は、改修に回しています。

 

思えば、毎週の節分任務での6-4海域で、道中撤退はありませんでしたね。

 

これで、銀河分の豆は揃ったはずです。

が、なんとなくGETを後回しにしていました。

 

3-4海域

ウィークリー北方任務込みで、十九駆は3-4海域へ。

下ルート最短編成で行きます。

 

ギリッギリまでもつれ込んでしまいました……。

やはり、このルートはキツイ。

 

ここで、銀河と豆を交換です。

あら、ほっしょさん(鳳翔)。

これで、神楽も晴れてギンガマンデース!

 

この時点で、ウィークリーろ号任務での補給艦撃破が44隻。

残り六隻を任務とぴゃあ(酒匂)掘りも兼ねて6-2海域で。

最短で行けるように、かつ逸れないように索敵値を調整しました。

レベルアップでズレたりもしましたが。

 

Z砲後段任務の進捗は滞りなく。

 

それから、ウィークリーろ号任務を達成するまで6-2海域で掘っていましたが

それ以前からずっと掘っているのにぴゃあは来ず……。

幸い、バレンタインモードでも冬服のままなので継続して掘れるようですが。

あと、まるゆが二隻来ました。

ろ号終了後に空母機動部隊、西へを4-2海域でこなしましてようやく水上反撃任務です。

 

2-5海域

補給艦狩りの関係で、2-5海域が最後になってしまいました。

マンスリー水上反撃任務と同時にやる腹積もりでした。

……四回くらい撤退しましたっけねぇ。

レベリング艦入りの舐めプってのもあったでしょうけど。

 

二度ほどボスA敗北もしましたので、どんだけ沼ってたんだって話です。

これで、やっと十九駆任務を完了です。

 

1-6海域

やっと、海防艦任務を進められます。

 

海防艦を入れて、しかも五隻以下で1-6海域に行けという

逸れろと言わんばかりの条件なのが鬼畜です。

なので、上ルートで索敵値を削減しての中央ルートを目指します。

ここが、一番楽でしょう。

 

はい。

いやもう、パズル的に任務消化をしていたら思ったよりずっと進みませんでしたね。

 

Z砲後段任務として、既に出している7-2-2海域へ向かいます。

 

よし。

この後、戦力ゲージを割るまでやりましたが節分瑞穂は来ませんでしたね。

 

節分モード最終日にして、飛龍が☆MAXになりました!

 

最終的に豆は三個残り、二個はネジにするとして一個はどうしようもなく使いみちがありません。

セーフティーみたいなもんと思っておきましょうか。

 

メンテ入り前に、Z砲後段ラストの6-5海域をやっておきます。

さすがに、割るまではいかないですけど。

 

ここでも、飛龍は活躍してくれるでしょう。

丁度、戦闘行動半径も5ですし。

 

丁字不利ながら、枯らせて勝利!

しかしこの任務、鋼材余りでまだ達成していないのです……。

 

――ってなわけで、月替わりからメンテ入りまでやたらバタバタして忙しかったです。

 


艦隊これくしょんランキング

スポンサーリンク
艦これ(第二期)
スポンサーリンク
神楽玲をフォローする
スポンサーリンク
アグリケラ(AGURIKERA)

コメント