スポンサーリンク
スポンサーリンク

【艦これ】E-3-2海域:増援輸送! ペデスタル作戦・第二戦力ゲージ_攻略(2021年夏イベ)

イベント海域攻略(第二期)

神楽です。

のっけから難関であったE-3-1海域を突破した先は、

本イベント最難関とされるE-3-2海域でした。

ルートギミック等はなく、いきなりボスに挑めるのですが

小細工無用とばかりに大人気ない強さの艦隊がボス前を塞いでいやがります……!

こういう空気を読まないガチっぷりをかますのは、

かつて同様に張り切ってメチャクチャな道中布陣を敷いて提督を絶望のドン底に叩き落とした

あの欧州棲姫です……!

他に迂回ルートもなく、かつてのようにダメコン戦術を強要してきますね。

E-3-2海域はForce H部隊の海域札が付きますが、

これが付いている子がいると

E-3-3海域以降でも大西洋側に出てしまいます。

これは難易度すら関係ない強制仕様となっています。

最悪、全ての艦娘にForce H札が付いてしまうと、クリア不可能となるわけですね。

そこまで極端ではなくとも、丙難易度以下でいつものようにポンポン海域札を付けていると

足元を掬われる可能性があるので注意です。

E-3-2海域の特効艦は――

Bismarck、Richelieu、Prinz Eugenに、×1.21倍

Warspite、Nelson、Ark Royal、Jervis、Janusに、×1.15倍

イタリア艦全艦、Washington、Houstonに、×1.05倍

となっています。

イギリス艦(Ark Royal以外)やアメリカ艦はE-3-4海域で多大な特効があるため、

ここで使うのはドイツ艦・イタリア艦ということになりますね。

逆算してE-2-2・3海域でも、ドイツ艦・イタリア艦を出せることになりますね。

ただ、友軍艦隊を考慮するとビス子やリシュ、プリンちゃん、レーベ・マックス

を出すのもどうかとなってしまいます。

たぶん、今後来訪する強友軍はイギリス艦が来るんじゃないかとも思えますけどね。

 

また、E-3-1海域に引き続き欧州艦載機の特効は健在ですので

前回のメソッドがそのまま活かせるものかと思われます。

欧州の艦戦は制空力に難のあるものが多いですが、乗せ方次第では

道中戦や空襲、ボス戦でも制空権確保は可能となります。

そうして、艦載機を温存してボスにぶつけるのが一つの課題となることでしょう。

 

スポンサーリンク

E-3-2海域:増援輸送! ペデスタル作戦・第二戦力ゲージ_攻略

E-3-2海域の最短ルート編成は、

戦艦+空母が五隻までの速度・高速統一編成となります。

こげな感じに。

空母×四隻の空母機動部隊で、第二艦隊にはイタリア駆逐やイギリス駆逐などで

固めるのが常道となるでしょうか。

第一艦隊に潜水艦を配しているのは、

ボス戦でネカス以外の攻撃を吸って

他の子の安全を確保するという

潜水艦デコイ戦法ですね。

これがあるとないとじゃ、空母の生存性に大きな差が出るものかと思われます。

なお、今回は例によって索敵装備を撤廃して逸れていきます。

 

なので、基地航空隊も東海部隊だけとします。

ドッチに行くのかな~?

 

E-3-J2マス・潜水新棲姫 バカンスmode

この先ずっと、付き纏ってきやがる潜水ロリです。

東海部隊を集中させずとも、今回はなんとかなりました。

道中の潜水ロリ……ドーバー海峡……ウッ頭が!

かつての地獄を彷彿とさせますが、今はどうとでもなりますね。

とはいえ、攻略上避けて通れないので厄介なのは確かなのですが。

 

E-3-Lマス・空襲

次に、空襲です。

比較的有情ですが、ここで制空権確保にして艦載機を保全したいものです。

 

E-3-Kマス・逸れ

はい、逸れました♥

 

戦艦を追加し、ついでに潜水艦を低速のままにして空きマスを埋めに行きます。

……リシュもビス子も、友軍の関係で出番がなくなるという。

 

おそらく下ルートに行くので、東海部隊をココに。

 

E-3-J1マス・潜水新棲姫 バカンスmode

東海部隊を潜水ロリにあて、対潜要員は一隻で充分……というか、

それ以上は割けませんね。

 

E-3-Jマス・空襲

そして、空襲。

下ルートは今後もギミックにも関係がないので、行くのはこれっきりとなります。

さすがにこれ以上進んで、潜水ロリ→空襲→潜水ロリで一斉レベリングするのは無理がありますね。

今回は、そういう美味しい一斉レベリングポイントがなくてですね……。

 

では、Nマスを目指して低速艦(潜水艦)込みで行ってみましょう。

 

東海部隊以外の基地航空隊を、ボス前Mマスに集中。

一応、道中支援も出しました。

 

E-3-Mマス・空母機動部隊

はい、ここがE-3-2海域のネックとなります。

ヲ級改率いる空母機動部隊ですが、何の冗談かネカスが二隻もいやがります……!

当然、開幕雷撃をかましてきやがるので無傷突破は絶望的となります。

その前に排除するのは不可能、よしんば特殊砲撃をかましたとしても望み薄でしょう。

というわけで、ダメコン大破進軍を強制されることになります。

護衛退避は、削り時点でならやっても良いのですが

割りの段階になると戦力が足らなくなるのでお役御免になるでしょうか。

で、今回はNマスまで行きたいのに護衛退避不可ですよ。

 

よし、抜けた!

 

E-3-Nマス・空母機動部隊

戦艦+空母が六隻以上、もしくは低速艦込みだとNマスに逸れてしまいます。

またもネカスがいやがりますので、ココに行くともう攻略は絶望的です……。

なので、大型艦の制限および高速化は必須となります。

 

空きマス埋めも終わりましたので、本攻略に移りましょう。

まず旗艦以外に女神を配布し、潜水艦の高速化もしました。

駆逐艦は、D魚電見で行きます。

 

基地航空隊は、陸戦+陸攻×二機+距離延長用の陸偵の二部隊をボスへ。

あとは東海部隊を潜水ロリにですね。

 

欧州艦戦での道中制空権確保を確認。

ボス前も、どうにか抜けました♪

輪形陣だと、被害はだいぶ抑えめになりますね。

……もっとも、割り段階だと単縦陣固定という鬼畜仕様ですが。

クリアさせる気を感じませんね。

 

E-3-Oマス・欧州棲姫

もはや懐かしい、欧州棲姫です。

ダーク・アーちゃん……ダーちゃんで!

 

既にキッツイのですが、これが更に強化されるのかと思うと……。

それでもこの段階であれば、基地航空隊がまだ機能しますので

開幕で敵・第二艦隊全滅などが現実的なラインです。

ナカスがいやがりますので、コイツだけでも落としておかないと

本体の艦載機がやられて悲惨なことにもなりかねません。

 

欧州棲姫やヌカス、ツァなどは、潜水艦に吸引されますので

一巡目は空母勢に向かうのがネカスのみとなります。

 

そうして保全された空母勢の特効で、ズバズバ切り裂いていくのが攻略法となりますね。

敵は輪形陣なので、怖いネカスの攻撃も結構避けてはくれるのです。

やられる時はやられますけどね。

 

友軍は、ドイツ・ソ連連合軍?

 

グラ子(Graf Zeppelin)の夜襲は、決まれば結構大きいです。

ガンちゃん(Гангут )は、うn。

 

ソ連駆逐は、当たるも八卦当たらぬも八卦。

 

おぉ、のっけからボス撃破!

幸先が良いですね♪

例によって、神楽は最初良くても右肩下がりなのがデフォですけど。

 

友軍枠に入っているリシュとビス子の代わりに、オワ子(Iowa)を起用しました。

 

ボコられた状態で辿り着いて、丁字不利……。

 

今度は、独仏連合軍ですか。

 

E-2海域でハッスルしていたように、リシュが頑張ってくれると良いのですが。

ビス子も、頼むよ~。

コマちゃん(Commandante Teste)は、さすがに力不足かなぁ。

 

頼みはドイツ駆逐ですが、レーベも魚雷カットインだったらなぁ。

ボスのステータスは……例によって装甲以外どーでもヨシ!

 

護衛退避アリで同航戦、それなりですね。

 

純正ソ連艦隊!(なお、純粋なソ連艦はいない模様)

 

ガンちゃん、頑張った!(ナデナデ

ソ連駆逐も、なかなかです。

 

結構削れました♪

 

ボス前で、翔鶴姉がやられたのにキレたずいずい以下空母勢が発奮してS勝利!

したら、水着マックスがドロップしましたよ♥

……なんか、今回のレアドロップこれくらいなよーな?(姫様がいましたか)

 

同航戦で、良い感じに♪

良い交戦形態を引いて、空母が生存しつつCL2を叩き込みまくればこうなりますね。

 

ドイツ艦隊、ここにビス子が加わるのが現状最強の布陣でしょうか。

 

グラ子が夜襲をボスにかまし、プリンちゃんがヌカスを排除。

 

ドイツ駆逐は当然、ボスをタコ殴り!

そうして撃破圏内のボスでしたが、シロッ子(Scirocco)のカットインは不発。

この頃から、肝心な時にダメなのが示唆されていましたね……。

 

その後も削りは順調で、一回道中撤退はあっただけでラスダンに入りました♪

なお、奇跡的なことにここまで大破進軍ばかりでしたが女神の消費なし!

 

ボス前でボコられて進軍してもしょうがなく、夜戦しても負けました……。

コレ以前も以降も、ボス前は負けて当然な感じでしたね(クソァ

ラスダンに入り、単縦陣固定となりましたのでより顕著に。

 

壊れダーちゃん、ここからが本番です……!

 

ラスダンではヌカスが増えて制空値が増し、制空権確保が困難になります。

ツァがツカスになり、敵・第二艦隊は旗艦ヘカスはまぁ良いとしまして(良くない)

ナカスが三隻になって開幕雷撃は輪形陣のためややマシとはいえ

対空砲火が酷いことになるのでコチラの艦載機が枯らされることになります。

空母の特効火力が頼みの綱なので、これがキツイ……。

今回は、残った夜戦火力からして仮にグレ子がかましたとしても撃破不可能と判断し

夜戦をせずに帰りました……A勝利は確保していましたので。

 

次、二隻大破進軍ながら良い感じです♪

 

ドイツ艦隊完全版、ですかね。

装備なんかは事前のものと同一となります。

 

女神消費ナシ!

女神カウンターしていても、撃破は困難でしたでしょうね。

 

ボス前で、ここまでボコられちゃあねぇ。

一応夜戦しても、敗北は変わりませんでした……。

 

またも二隻大破進軍でしたが、丁字有利でメッチャ順調に推移してボス単騎!

友軍で大破に追い込んでこりゃ殺ったか……!?

あぁん、シロッ子のカットイン不発……!

ここまで、マトモに発動していないのですよね。

最も惜しかった回となります、というかココで決めて欲しかったですね……。

グレ子が大破していなければッ!

 

ってわけで、ボススナイプ頼みでグレ子を旗艦にして魚雷カットインとしました。

後々考えると。多摩キャットを最後尾にしといた方が良かったですかね。

ポーラに探照灯を持たせるというのもアリでしょうか、いや結構貴重な削り要員ですしねぇ。

アそうだ、穴空けたセカンド・ゴト(Gotland)に対潜させつつ探照灯を持たせれば良いんじゃないかな!?

ドイツ友軍に絞って、オワ子に替えてリシュinでも良いかも?

と、後から反省材料は出てきますね。

 

ダメコン戦術もあって、結構ボス到達率は高かったです。

でもダメですね、半端な戦力でボスに挑んでも足りません。

ここは、機会が訪れるまでじっと待つのが良かったかと。

 

遂に女神発動するにあたり、絶好の機会を待つことにしました。

 

ってなところで休日が終わってしまいましたので、攻略は一時中断。

またウィークリー任務を片付けてからね。

その間に、艦載機の熟練度を回復しておきませんと。

資源は、3万ほど吹っ飛びましたねぇ……。

 

ここまでの攻略履歴です。

ほんと、ボス前敗北当たり前ですねぇ。

 

友軍艦隊・本隊来援

9/17 18:00、軽メンテの後に友軍艦隊本隊が到着しましたので

神楽もE-3-2海域割りの続きと行こうと思います。

 

その前にウィークリー任務やらを片付けていまして、

攻略再開は日が替わってからとなってしまいました。

……ここから、16時間にも及ぶ長く苦しいラスダン攻略となりました。

 

攻略中断中に色々模索していまして、

イタリア駆逐は特効倍率×1.05%では日本駆逐艦に及ばないと悟り、

ユッキー(雪風改二)とアヤナージ(綾波改二)をカットイン艦として投入しました。

グレ子は、続投です。

また戦艦をオワ子からリシュに戻してみたり。

支援は両方出していますが、本日の出撃20回を超えるかどうかというあたりで

コレほぼ意味ねーなと道中支援を取り辞めています。

 

基地航空隊は、後から考えたら戦闘後続距離5で足りますので

陸攻もう一機追加出来ましたね。

 

ボス前、E-3-Mマスに昼戦友軍がやって来るようになりました。

このように、陣容はなかなか大したものなのですが

航空攻撃でしかないのでほぼ成果を上げることが出来ません……!

敵の制空を削ることは出来るでしょう、しかし本隊だけで制空権確保は余裕なのです。

ごく稀に、駆逐艦くらいは落とすこともあるでしょう。

しかし、その程度で毎回バーナーを毟り取っていくのは詐欺と取られても仕方がないと思います。

さすがの神楽も、これは擁護しかねますね。

この仕様で実装するのであれば、航空攻撃にヤククソじみた特効が付与されていて

ネカスを簡単に吹っ飛ばせるくらいでないと成立しないと思います。

 

ただでさえ、ラスダン時ボス前が単縦陣固定で雷撃が凶悪すぎて

クリアさせる気ないだろうって状態なので。

これに関しては、ハッキリと難易度設定を失敗したのだと神楽でさえ強く思います。

そりゃ、コンセプトデザイン的には地中海に注力する余り

大西洋側への監視や戦力投入を怠った結果として

ドーバー海峡に再出現した欧州棲姫の勢力が野放しになったために

このような地獄が現出してしまったという戦略的大失敗なのはわかります。

それでいて、結局地中海にも同様な連中の跋扈を許してしまったのですから本末転倒ですね。

そんな最悪の戦況下で、ひたすら欧州勢の尻拭いをさせられるというのが今回のシナリオでしょうか。

元ネタのペデスタル作戦も激戦であったのは確かですが、それにしたってやりすぎかと。

甲難易度だからといって、ごく一部の豪運の持ち主か

極めて諦めの悪い提督以外はお呼びじゃないことになってしまっていますからね。

これが、ラスダン前のように輪形陣でも出るようになるギミックでもあれば

まだしも救われたと思うのですよ。

さて、愚痴めいたものはこのへんにしときましょう。

たまには……ね?

 

ボスに辿り着いての、反航戦。

これがまた、異常に多くてですね……固定されてんじゃないかってくらい。

逆に、ボス前は同航戦固定状態でしたね。

そりゃ、突破は無理だろうって。

 

新たな友軍艦隊は、日米連合軍……ってか、ソロモン組ですね。

あああああッ!? アカツキッ!? ナイトメアァァァッ!!??

おや、誰かの悲痛な叫びが?

 

わっしー(Washington)には特効があるようですが、他全員は素のままですかね。

結果として、あまり強くはない友軍だったりします。

 

フレ子マザー(Fletcher)は全く刺さらず、れでぃ(暁改二)はそこそこ。

頼りになるのは、実質ぽいぬ(夕立改二)だけという塩梅です。

 

夜戦火力が足りない……。

後で確信したのですが、この海域は

夜戦火力よりも昼戦での雑魚散らし能力

もっと言えばボス前での生存性に特化させるべきで

火力は空母勢に任せてしまった方が良かったですね。

 

ここから、ボス前は全て同航戦となる呪いがかかります。

ボス戦はそこまででもないのですが、それでも反航戦率が高かったですね。

 

ボス戦で来ていた基地空襲が、ボス前時点で。

それで潮目が変わればとも思ったのですが、全く関係なかったですね。

ゲン担ぎはしたいのです。

 

ボス前に、ドイツ艦隊?

まぁ、何が来たって等しく無意味でしたが。

 

珍しく同航戦の好機でしたが、余り活かせませんでした。

敵の対空砲火でコッチの艦載機が枯らされると、どーにもなりませんで。

 

丁字有利!

空母勢が爆発しまして、千載一遇の好機到来です♥

……が、勝ち確なところでアヤナージのカットイン不発ッ!?

惜しかった、そして決めて欲しかったです。

ここで終わっていれば、その先も困難とはいえまだしも楽しく攻略出来ていたでしょうに。

僅かずつとはいえ一歩一歩進んでいるのと、ずっと同じところで停滞しているのとでは

モチベーションが雲泥の差となってしまいますからね。

 

道中で追い返されたり、そのついでに敗北したりしながら

ボス戦に挑むも歯が立ちません……。

ここまでは、奇跡的にダメコンの消費は一個で済んでいたのですが――

 

遂に轟沈が頻発するようになってしまいましたね。

出撃前にダメコンの装備状況は嫌ってほど確認しますので、無事ではあるのですが。

 

ポーラが復活するも、戦局には影響せず。

 

ボス前の被害で、空母勢がやられてるのもそうですが

夜戦火力が機能不全の場合も撤退条件としていました。

無駄にダメコンを消耗するわけにもいかないので。

 

比較的良い状態でボス戦とするも、交戦形態に恵まれない呪いのために

結果としてダメコンが浪費されていきます。

 

あーもー。

 

なんとか打開する方法はないものかと思案しまして、

コロちゃん編成は割りでは不向きだと思いましたので

せめてたけぞう(武蔵改二)を入れてみたらどうかなと思いましたが……。

 

ここで、基地航空隊の是正を行いましたね。

とにかく手数が要るだろうと。

新規に投入したのは、たった一発で熟練度が全剥げしましたとさ♪

 

やはり、第一艦隊に戦艦がいることでボス前が二巡してしまいますので

これは美味しくなかったかな、と。

たけぞう、無駄に海域札が付いたことになります。

今後、出番はないと踏んだからこそですが。

 

E-3-2海域・突破編成

それから道中撤退も連発しまして、神楽、遂に根負けして

お里の方でアドバイスを頂くことにしました。

そしたら、一斉にダメ出しくらいまして……有り難いことです。

艦載機のチョイスに問題アリということで、制空を意識しすぎて火力が足らないと。

もっと特効艦載機の積み方を意識して、群と族がクロスするように積むべきだと。

神楽的にはこれで良いと思っていたのが、まだ足りなかったのですね。

 

そうした助言に従い、新たに組んでみたのがコチラとなります。

空母全艦、FBAカットイン仕様としまして

二隻は特効艦載機三種盛りで最大倍率化するようになっています。

第二艦隊も戦艦×二隻体制とすることで、ボス前での生存性を高めています。

ザラねーさまを制空箱としまして、基地航空隊の劣勢→劣勢削りと合わせまして

ボス戦で航空優勢を取れるとようにしました。

 

久々にボスまで辿り着いての、定められた反航戦。

当然ダメでしたが、この前のボス前にて空母勢が

400だの500だのの大ダメージを叩き出してハッスルする様から

確実に艦載機を積み替えた成果はあったものと確信しました。

これならイケる、というかイケないと本気で打つ手がなくなってしまいます……!

この時の艦載機熟練度の剥げ具合はまだ許容範囲、まだイケます!

 

ボス前同航戦の呪いは、ついぞ解けることはありませんでした……!

それで良く突破し続けられましたね、そうでなけりゃもっと楽でしたでしょうに。

やはり、神楽は持っていません。

 

かなり良い状態で辿り着いたボス戦、開幕はカスりました……(ナカス一隻撃破のみ)。

しかし、ボス戦ではとうとう呪いが解けて丁字有利!

 

一巡目、ネカス以外は潜水艦に吸引され安全を確保した空母勢。

全艦、FBAカットイン可能な最高の状態で

特効打撃で面白いように無双していきます!

一隻一殺の様相で、これまでで最高の状態で戦局を進めました。

 

第二艦隊では戦艦ズが始末を付け、残った旗艦をアヤナージが処理。

これは丁字有利でないと出来なかったでしょうね、魚雷カットイン装備だし。

そして、雷撃では唯一可能なアヤナージがヌカスを撃破!

地味に大きな一撃を続けざまにかましてくれました♥

ここで手数を稼げたのが、本当に重要だったのです。

 

ボスは既に中破で行動不能、随伴艦が動くまでの僅かな隙を見逃さず

空母勢が引き続き叩き込んでボス単騎、更に削って必殺の間合いを形成しました。

 

最後は、ずいずいが決着めたアアアァァァァァァッッ!!!

本当に、長く苦しい死闘がようやく終幕と相成りました……。

 

次は、輸送作戦となります。

引き続き厳しい戦いとなりますが、今回最大の山場は越えました。

ウィニングランとはいかないでしょうが、クリアは現実的なものとなるでしょう。

時間と手間と資源はかかるでしょうが、やってみせろよワタシィィィ!!

なんとでもなるはずデース!

僚艦夜戦突撃だとッ!?

(ナラナイコトバヲモウイチドエガーイテー)

 

盛大に資源を削られましたが、まだこれだけ残っています。

 

ここまでの、攻略履歴です。

いや~、負けた負けた。

腹立たしいよりも、終わってくれたことの方が大きいでしょうか。

 


艦隊これくしょんランキング

 

コメント