スポンサーリンク
スポンサーリンク

【艦これ】4-2周回

通常海域攻略(第二期)
スポンサーリンク

4-2周回に際して

神楽です。

週の早いうちにウィークリー東方任務が終わったので、

その主戦場である4-2周回についてまとめてみます。

4-2は東方任務をこなす提督にとって

日課のようなものかと思います。

それゆえに個々人それぞれのやりかたがあるわけですが、

ここでは神楽個人の4-2周回に関する要点を

述べていきたいと思います。

何らかの参考になれば幸いです。

 

4-2海域の概要

4-2という海域の特徴を箇条書きしてみます。

 

・道中、ボス共にさほど敵が強くない。

・ウィークリー東方任務をこなす場合、

 西方海域の中で最も周回しやすい。

・ボスマスから逸れても補給艦のいるマスに行くため、

 デイリー補給艦任務やウィークリーろ号の

 消化に適している。

・潜水艦の出るマスが二箇所あり、

 潜水艦を狩る任務や対潜艦のレベリングに適している。

・ドロップ艦が結構美味しい。

 

こんなところでしょうか。

では、それぞれについて解説していきましょう。

 

敵の強さ

読んで字のごとく、4-2は敵が弱いのです。

道中に戦艦は出ず、

敵空母の制空値や攻撃能力も低く、

潜水艦もちょっとした対策で対処可能です。

その割にはそこそこ取得経験値が高く、

その他の要因もあって周回するのに

ストレスが少ない海域といえます。

……まぁ、ボス前羅針盤は、うn。

 

東方任務の消化

いわずもがな、ウィークリー東方任務の主戦場は4-2です。

人によってはボス固定の出来る4-5が良いと言いますが、

アソコは消費が重いですからねぇ……。

4-2で羅針盤に翻弄されるのとトレードになります。

そう、4-2最大の問題はボス前のランダム性です。

これさえなければ、とは思うのですが

ゆえにこそ東方任務とろ号を

並行作業でこなせるともいえるので、

痛し痒しです。

 

補給艦狩り

前述の通り、4-2はボスマスを固定出来ないのが

最大のネックではありますが、

逆に言えば「逸れてもいいや」と

逸れた先の補給艦を狩ることを

副次的な目的にするのに向いた海域であります。

補給艦は2~3隻出てくるので、

一発でデイリー補給艦狩りが終わることも多いですしね。

神楽の場合、東方任務を終えるまでは

デイリー補給艦狩りや潜水艦潰しを4-2でこなし、

以降は5-4や1-5で消化するようにしています。

 

潜水艦狩り

4-2は二箇所で潜水艦が出現します。

他の海域に比べて比較的弱いので

そうそう事故が起きることはありません

(日頃周回している提督からすれば

そうでもないかもですが)。

なので、デイリー南西任務を終えた後の

デイリー潜水艦狩りを4-2で行うのは、

東方任務が終わっていないうちは

ついでにこなせる効率的なやり方であると思います。

駆逐艦や軽巡洋艦、海防艦といった

対潜艦を一隻でも入れておけば

まず問題なく処理できますからね。

 

ドロップ艦

4-2はその難易度に反して、

わりかしドロップ艦が豪華です。

道中では、

・扶桑、山城、伊勢、日向といった戦艦

・蒼龍、加賀といった正規空母

などが目玉でしょうか。

ボスマスでは、

・雪風、島風、夕雲、浦風といった駆逐艦

・鬼怒、阿武隈夕張といった軽巡洋艦

・道中の正規空母に加え、赤城

・道中の戦艦に加え、金剛型と陸奥

といったラインナップとなります。

阿武隈、夕張、陸奥などは

牧場による持参品が重要ですね。

 

――以上が、4-2という海域に対する

神楽の見解です。

では、もう少し深くつっこんでみましょう。

 

4-2周回、応用編

4-2はただ漫然と編成・出撃しても苦労のない海域ですが、

どうせならより効率的な周回をしたいものです。

そのために、いくつかのポイントを挙げていきましょう。

 

・被害や事故を少なくする編成

・省コストでの周回

・レベリング

 

この三点について解説していきます。

あくまで神楽個人の意見ですので、

これらがマストであるなどとは主張いたしません。

 

被害や事故を少なくする編成

ぶっちゃけると、そりゃ強い艦や装備を

しこたまブチ込めば楽になるわけですが、

そのコストはひとまず脇においておくといたしまして。

4-2において、どういう編成ならば被害を減らし、

かつ事故を防ぐことが出来るのかということです。

 

空母の多数配置

まぁ、基本ですよね

空母はどんどん強くなっていっているので、

それに頼るのは至極自然なことです。

4-2は敵の航空戦力が弱いため、

特に攻撃偏重でゴリ押しが効く海域ですし。

では、具体的にどういう艦載機の積み方をするのが

効率的であるのか、ということになります。

神楽的にはこんな感じでしょうか。

制空権を確保出来るラインを維持しつつ

開幕の攻撃力を押し上げ、

一応ボーキサイトの消耗にも気を配った的な。

夜戦要員を確保して、

ボスマスでの討ち漏らしにも配慮しています。

このへんは感覚の領域なので、

絶対的な答えはないんじゃないかとは思います。

しかし、彗星二二型の威力は凄まじいですな。

やりようによっては空母が軒並み射程:長になります。

地味にブレイクスルーですよ、これは!

 

噴進砲改二の増産

最近の大きなムーヴといえる噴進砲改二の実装

特定の艦種が装備した際に

一定確率で敵の開幕爆撃を無効化するという

割りとトンデモな効果で話題となっています。

とにかくこれの数を揃えるのが

現在の艦これ界のトレンドであると言えましょう。

神楽は上記のように、4基揃えています。

普段使いには充分な数、

イベントでの連合艦隊・空母機動部隊でも

空母勢に行き渡りますね。

出来ればあと3基は増やしたいです。

航空戦艦か航空巡洋艦用の二基と

連合第二艦隊の軽空母用ですね。

……ともあれ、4-2においては

噴進砲改二を装備した空母は

ほぼ開幕事故を防ぐことが出来るのでオススメです。

 

対潜艦の配備

道中の潜水艦に対処するのは当然ですが、

ではどういう編成なら良いでしょうか?

開幕爆撃と対潜と出撃コスト減を

同時にこなせる軽空母を多く配備するのが良いかと

神楽は考えます。

それでもやや不安があるので、

神楽は駆逐艦や軽巡洋艦、海防艦に

対潜装備をさせて旗艦に入れるようにしています。

練度は追求しないレベリング要員でもあります。

そりゃ育ちきった先制対潜可能な子のほうが

より安全ではあるのですが、

せっかくですから色々育てたいのです。

こと対潜に関しては、該当艦の練度は

さほど影響がないですからね。

装備のほうが重要です。

最低でもソナーと爆雷投射機のシナジーは確保しましょう。

 

戦艦を編成する

4-2に戦艦は過剰戦力ではないか?

という意見もあろうかと思います。

コスト面からも頷けるのは神楽も認めます。

その上で、神楽としては特に

潜水マスでの安全面から

戦艦の編入を主張するものです。

潜水艦の雷撃はどうしたって

一定の事故を覚悟しなければなりません。

敵・エリート潜水艦以上の開幕雷撃は

もう対処のしようはないわけですが、

閉幕雷撃は敵潜水艦を中破以上に追い込めば防げます。

戦艦を入れて二巡させることで、

安全を確保しようということですね。

雷撃事故での撤退による燃費と入渠コストと

戦艦編入によるトレードでは、

神楽としては戦艦inに天秤が傾きます。

 

――以上を、4-2での事故を防ぐ編成の要項とします。

 

省コストでの周回

先に上げた編成例は

最大限の効率と安全を追求したものですので、

コスト的にはやや割高となっています。

ちょい省エネな、いつも神楽が使っているようなのだと

こういう感じになります。

磯波、陸奥、瑞鶴、瑞鳳なんかは牧場艦、

あるいは育成艦となっています。

4-2は何から何まで最高を要求されるような

海域ではないので、牧場艦で充分です。

更に突き詰めてしまうと、

こんな、ほぼ全艦ドロップ艦のみでの編成でも

一応やってやれなくはないとも言えます。

さすがにここまでは神楽も不安なので、

何隻かはせめて牧場艦で補強しますが。

一回の出撃でドロップ艦は無補給でお役御免になるため、

いちいち編成し直す手間や

丁度いいドロップ艦がいないなどの問題もありますし。

ドロップ戦艦や空母に余裕がある場合に、

一隻、二隻入れてみる程度なら大丈夫でしょう。

 

レベリング

何度も繰り返し述べていますが、

4-2はレベリングに適した海域です。

敵の強さが丁度いいことや、

東方任務などの周回ついでという要素に加え、

より上位のレベリング海域である5-4よりも

編成・装備の自由度が高く、

速度による縛りもないという有利な点があります。

せいぜい、駆逐艦を二隻以上編成すると

渦巻きを越えて行く上ルートには行けない

というのがあるくらいですが、

さして問題はないでしょう。

対潜艦を旗艦以外に置くのは事故の元ですし。

特に、1-5以外で海防艦のレベリングが出来る

数少ない海域が4-2です。

他は、4-3くらいでしょうか?

3-2-1レベリングなんかもそうなのですが、

神楽は特に目的のないレベリングが苦手でして。

任務消化なり戦果稼ぎなり、何かしらあったほうが

モチベーションが維持出来るのです。

いや、改造間近の子を3-2-1でダメ押しするとかは

普通にやりますよ?

つまるところ、任務を中軸にしたレベリングであれば

自動的にスケジューリングが組まれることになるため

なんといいますか、流れでやっていけるのが楽なんですね~。

 

――というわけで、4-2の神楽式周回方法でした。

機会があれば、他の海域についても

こんな感じでまとめてみようかと思います。

長々とした駄文にお付き合いくださり、ありがとうございます。

 


艦隊これくしょんランキング

コメント