スポンサーリンク
スポンサーリンク

【艦これ】E-4海域:反転! 敵任務部隊を撃て!_第一・第二輸送作戦_攻略(2020年梅雨&夏イベ)

イベント海域攻略(第二期)

神楽です。

前段作戦、最後の海域までやって来ました。

事実上、中規模イベントの最終海域扱いなだけあって

これまでとは一線を画す難易度となっています。

モチーフはスカベンジャー作戦――大戦末期、本土にほど近い小笠原諸島への

輸送船団が米国債精鋭の空母機動部隊に襲われ、壊滅したというものです。

その圧倒的な戦力差を表現するためか、特に殲滅作戦では凄まじいことになっています。

この海域はみっつの戦力ゲージから成り立っており、

第一輸送作戦・第二輸送作戦・殲滅作戦の順に推移していきます。

ふたつの輸送作戦は、ここまでやってきた提督諸氏であれば

さほど労せず突破出来ることでしょう。

しかし、最後の殲滅作戦は例によって

次元の違う難易度となっていますので

抜本的な攻略法が編み出されるか、

友軍艦隊の到着を待ってから着手するのが賢明といえるでしょう。

この記事では、ひとまず現実的な難易度である輸送作戦までを取り扱いたいと思います。

 

スポンサーリンク

E-4海域・反転! 敵任務部隊を撃て!_第一輸送作戦_攻略

輸送作戦は、通常艦隊・連合艦隊どちらでも攻略が可能です。

が、通常艦隊でやるのは現実的でしょうか?

どうしても輸送量に制限があるため、やるとしても掘りでエコにやるくらいでしょうか。

そんなわけで、第一輸送作戦は連合艦隊、

それも輸送護衛部隊が適しているでしょう。

他の連合艦隊編成では遠回りになってしまうためです。

それに、第一輸送ボスも輸送護衛部隊でもどうとでもなる程度でしかありませんし。

 

輸送護衛部隊で挑むにあたり、

用意したいのが組み込める空母である護衛空母、

特に瑞鳳改二乙がオススメです!

そのため、神楽はセカンドの改二を乙にコンバートしました。

史実艦として非常に強力な特効が付与されており、攻略の大きな助けになるでしょう。

その後の第二輸送作戦・殲滅作戦でもその補正は変わらないので、

ずっと使っていくことが出来ます。

この海域の特効艦は――

旗風、山雲、不知火、野分、秋月、初月

木曾、那智、足柄

瑞鳳、大鷹、神鷹

といった面々となっています。

また、装備にも特効がありまして――

 

艦載機の九三一空シリーズに、強烈な補正が乗っています!

丁度、E-2海行きの突破報酬でもらった天山(九三一空)などですね。

他、九七式艦攻(九三一空)や九七式艦攻(九三一空/熟練)などがあります。

これらを空母の一スロットにでも積んであれば、

全スロットにその補正の恩恵が及ぶことになります。

こうして強化された空母機動部隊で殴るのが、ひとつの攻略法となっています。

また、順番はどうでも良いのですがギミックが存在しまして

・Aマス(空襲)で航空優勢以上

・DマスでS勝利

・Gマス(空襲)で航空優勢以上

をこなすと、第一輸送ゲージ破壊後に

第二輸送ゲージが出現することになります。

 

Aマス・航空優勢以上

神楽は、事前にギミックを片付けることとしました。

まずは、Aマスを目指しましょう。

 

こんなふうに、輸送護衛部隊を組みました。

駆逐艦が大量に必要なことから、史実艦である旗風にかこつけまして

神風型を起用しています。

対潜が得意ですので、そういった方面でも活躍出来るでしょう。

松風だけ外しているのは、後段作戦で出番があるかもしれないからですね。

てか、史実では神風型は後方での輸送や護衛、対潜哨戒などに従事していたのに

何でアイツだけいつも最前線に出張っていたのでしょうかね?

他、山雲・野分・秋月といった史実艦もピックアップしています。

秋月は、セカンド艦ですが。

いずれも、対潜がそこそこ得意あのも助かります。

第二艦隊の旗艦軽巡には、

ここでファースト・アブーン(阿武隈改二)を切っていきます。

後段作戦にはゴト(Gotland)やバリ(夕張改二)といった面々が控えていますので、

この難関を打破する力になってもらいましょう。

大発を乗せて、輸送にも貢献出来ますしね。

火力役には、重巡の那智・足柄。

それに、最大戦力の瑞鳳改二乙。

あとは、輸送にも制空にも役立つコマちゃん(Commandante Teste)。

ただ、この第一輸送作戦では相応しくはなかったですね……。

まずはこのメンバーで、輸送にはまだ着手せずに回ってみます。

 

基地航空隊は、制空部隊✕二部隊でAマスに向かわせます。

なお、E-4海域から三部隊運用可能になりまして

ここでは防空専用の枠として開放されています。

ありがたく使わせてもらいましょう。

E-3海域同様、充分な質を用意出来れば防空部隊✕一部隊で

基地空襲を完全にシャットアウト出来ます♪

 

E-4-Cマス・能動分岐

この海域での、全ての起点になる能動分岐です。

まずは、下に向かいましょう。

 

E-4-Bマス・潜水艦隊

おっと、基地空襲です。

防空部隊により、まず被害ゼロに抑え込めるのは良いですね♪

 

潜水艦は、これだけの対潜艦がいれば問題はなく。

後々、通り道になる時はそこまで対潜艦を用意出来なくて危険もありますが。

 

E-4-Aマス・空襲

E-4海域の空襲は、E-3海域のに比べたら随分と優しいですね♪

アッチが苛烈すぎるとも言えますが。

ましてや今回は、基地航空隊によるケアもありますので

余裕で制空権確保です。

母港に帰投しまして、ピロリーンと鳴りました♪

 

Gマス・航空優勢以上

次は、Gマスに制空部隊を差し向けます。

おそらく、空母機動部隊でなら基地航空隊を出すまでもないかもですが

今の段階で空母戦力を投入しちゃうのはちょっと怖いですね……。

 

E-4-Eマス・潜水艦隊

またも基地空襲、しかしシャットアウト。

今のところ、基地空襲はギミック条件に入っていないのでうっとおしいだけです。

 

またも潜水艦。

対潜艦が以下略。

 

E-4-Gマス・空襲

なんの気なしにGマスに来てしまいましたが、

本来ならここには水上打撃部隊か空母機動部隊、

あるいは通常艦隊か

水上機母艦or揚陸艦を含輸送護衛部隊でないと行けません。

奇しくも、条件を満たしていたのですね。

で、航空優勢を取りまして先に進もうか悩みましたが、一旦帰ることに。

母港に帰投して、ピロリーンと鳴りました♪

 

Dマス・S勝利

残るギミックはDマスでのS勝利だけとなりましたが、ソチラは後回しにして

本攻略たる輸送をやっていこうと思いました。

輸送装備を詰め込んで、いざ!

 

あ、道中支援は重巡によるエコ支援を出しています。

 

基地航空隊も、第一輸送ボスに。

敵制空値が結構ありそうなので、

やや制空重視の攻撃隊を二部隊用意しました。

 

E-4-Fマス・能動分岐

……したら、また空襲マスに行ってしまった挙げ句

南下してしまいました。

仕方がないので、Dマスに行きましょうか。

 

E-4-Dマス・水雷戦隊

図らずも、ギミックであるDマスまで来てしまいました。

相手は普通の水雷戦隊ですので、特に問題はありません。

 

道中支援が活きましたね♪

輸送護衛部隊は戦力に乏しいので、助かります。

そして、S勝利!

母港に帰投して、ピロリーンと鳴りました♪

今は何の変化もありませんが、

第一輸送作戦完了時に即座に次のルートが出現するはずです。

 

E-4-Jマス・巡洋艦隊

う~ん、やはり下に行ってしまいますね。

低速艦(コマちゃん)がいるからかな? と思っていました。

今度はボスマス方面に舵を切りましたが、

既に輸送護衛部隊で相手をするにはキツくなって来ています。

そりゃ、本来は水上打撃部隊や空母機動部隊が通るルートですからね!

 

E-4-Kマス・戦艦部隊

次は、戦艦部隊ッ!?

もう完全に、輸送護衛部隊で相手するものではありません。

 

残念ながら、ここでこの旅は終わってしまいました……(撤退)。

 

コマちゃんを高速化してみました。

真実は、コマちゃん(水上機母艦)そのものだったのですけどね。

ついでに、司令部施設を持たせて旗艦にしてもみています。

 

E-4-Lマス・揚陸地点

コマちゃんを高速化しても南下。

今度は戦艦マスを突破しまして、揚陸地点に辿り着きました!

完全に遠回りしていますね、うん……このルートはない。

 

E-4-Mマス・空母棲姫

空母BBAこと、空母棲姫のお出ましだ!

なにげに、ノーマル状態でのピックアップは二期では初めてでしょうか?

 

開幕で既に勝負が決してしまっていますね。

敵の艦載機、枯れましたし。

 

づほ(瑞鳳改二乙)がヤバイ!

史実艦特効に加え、九三一空特効も合わさりとんでもない決戦存在と化しています。

 

ここで、ようやくコマちゃん(水上機母艦)が

ネックになっていたのだと気付きます。

代わりに、史実艦でもあるぬいぬい(不知火)を投入。

後段作戦であろうソロモンには、陽炎・黒潮・親潮と違い参加していないので

比較的余裕をもって出せますね。

シフトもやや変更し、出来るだけ二スロ先制対潜の可能な子に

ドラム缶も持たせるようにしています。

コマちゃんの大発をアテに出来なくなったのが痛い……。

 

E-4-Hマス・水雷戦隊

やっと、Hマスに向かいました。

これが、輸送護衛部隊本来の取るべきルートですね。

 

E-4-Iマス・水雷戦隊

それから下に行ってしまい、またも水雷戦隊と当たります。

道中支援のおかげもあり、ほぼ突破が可能なレベルではありますが。

Hマスからボスマスへ直行するには、

重巡あるいは護衛空母、航空戦艦のいない

速度・高速統一の水雷戦隊でないとならないようです。

厳密には、駆逐艦✕九隻以上の輸送護衛部隊ということです。

第二艦隊旗艦に必須の軽巡を除けば、二隻しか空きがないのですね。

それで戦力が足りるのかどうか。

 

輸送したのは、大発✕二艘にドラム缶✕14個。

これでずっと通していくことになります。

 

ボス戦は編成や基地航空隊がビシッとハマったのか、

またも空母BBAを枯らしての完全勝利です!

てか、最後までずっとこうでした。

 

道中支援の重巡エコ艦隊、いい感じですね。

安全にボスマスまでエスコートしてくれます。

 

ボスを枯らし~の、完全勝利~の。

 

パターン入った!(課長感)

それこそ丁字不利でも。

 

おや、親潮はん。

三面図の回収が出来ました♪

あと、クリスマスに向けて育てましょうか。

 

づほの決戦存在っぷりが気持ち良いです♪

 

そんなこんなで、ラスダンです。

本当にここまで全て、空母BBAを枯らしてのでした完全勝利でした。

ここにきて、遂に空母BBAが枯れずに航空戦を突破!(どっちの味方だよ)

 

祝! 空母BBA、初の攻撃参加!(ミス)

ここまで一方的な展開は、そうそう見られませんね。

最後はづほで締めました。

 

第一輸送作戦、完了です!

 

おっと、ツチノコ(朝雲)です。

三面図回収♪

 

既にギミックはやっていましたので、

即座に第二輸送ゲージが出現しました。

 

E-4海域・反転! 敵任務部隊を撃て!_第二輸送作戦_攻略

では、第二輸送作戦を始め……る前に

ここにも作戦終了後の戦力ゲージ出現用ギミックがありますので

先にこなしましょう。

それも、さっきまで行っていた第一輸送ボスの撃破なので。

 

Mマス・S勝利

編成はそのまま、輸送装備を外しての道行きとなります。

 

基地航空隊も変わらずです。

仮にも空母戦でしたのに、熟練度の損耗は微々たるものですね。

 

今回も艦載機を枯らさず意地を見せましたが、そこまでです。

してみると、セカンド艦とはいえ

秋月型を入れて行ったのは正解でしたね。

母港に帰投し、ピロリーンと鳴りました♪

今回のギミック要素は、これだけです。

 

第二輸送作戦は、水上打撃部隊で行くのが良いでしょう。

空母機動部隊や輸送護衛部隊ですと、潜水艦戦が一回増えてしまいますゆえ。

対潜で踏破出来るのであれば、それでも良いかもですけど。

その代わり、輸送護衛部隊ですと水上艦戦が一回減るのですよね。

しかしながら、ボス戦力を考えるとどうにも不向きだとは思います。

そして、満を持してながむつ(長門改二・陸奥改二)を投入です!

それも、ファーストのガチ戦力をです。

この後の殲滅作戦が鬼畜とのことで、早々に投入を決めました。

う~ん、戦力が第一艦隊に偏りすぎて

夜戦戦力が全くないのが気がかりですね。

 

基地航空隊は、陸戦を一機減らして攻撃の厚みを増しています。

ボスマスがエアベースからほど近いので(戦闘行動半径2)、

局戦を投入可能ですバカヤロウコノヤロウ。

 

E-4-Oマス・空母機動部隊

Dマスまで進んでから、Oマスは空母機動部隊です。

ヌ級改が脅威で大破リスクがあります。

幸い、一回の撤退で済みはしましたが。

 

引き続きのエコ道中支援が効いていたのでしょうね。

来ないことも多かったですけど(三~四回?)。

 

E-4-Qマス・揚陸地点

う~ん、輸送量が少なく感じますが戦力的にこれ以上も厳しいのですよね。

 

E-4-Rマス・重巡夏姫

ボスまで到着!

当然、胸熱斉射を試みるべく第二警戒航行序列で挑みます。

 

第二輸送作戦のボスは、

いつもの重巡棲姫……じゃなくて夏姫でした。

 

恒例の暴言。

 

いきなりネ級改がいますことよッ!?

ヌ級改もツ級改も厄介です。

あ、むっちゃん(陸奥改二)が初手斉射をミスりました(いつもの)。

 

二巡目ではちゃんと発動しまして、打撃を与えていきます。

 

しかし、夜戦火力がまるでなくては勝てるものも勝てないと学びました。

ただでさえ、輸送量が少なくて参るというのにです。

 

編成を弄る前に、空きマスを埋めてしまおうと思います。

索敵装備を撤廃し、揚陸地点からの逸れを目指します。

 

基地航空隊は、道中Oマス重点です。

支援は、今回はいいや。

 

E-4-Pマス・逸れ

索敵値不足で逸れて終了です♪

これで、ひとまず全マスは埋まりましたね。

 

んでは、ボス攻略に向けて編成を刷新しましょう。

夜戦戦力として、重巡姉妹を第二艦隊に移します。

特効もあって、多大な戦力になってくれるでしょう。

代わりに、山雲とコマちゃんを第一艦隊に移しました。

山雲にはドラム缶を満載ました、ねー。

また、特効艦として新たにキソー(木曾改二)を投入

のわっち(野分)を外しました。

アブーン(阿武隈改二)とのダブル開幕雷撃に期待です♪

対潜艦が二隻に減ってしまいましたが、敵潜は単横陣なことも多いのでそこに期待です。

第一艦隊の投射戦力が減って道中が不安ですが、そこはエコ支援に頑張ってもらいましょう。

 

輸送量は、やや向上しました♪

 

さて、この編成でどこまで行けますやら。

なんか、基地航空隊が刺さりにくいです。

駆逐艦を排除してくれれば、御の字でしょうか。

ヌカスやツ級を落としてくれることもありますが。

 

またも初手斉射不発!

そして、レディ長門大破!

う~ん、結果論ですが複縦陣(相当)で火力ダウンしただけとなってしまいました。

全体としては、四~五回は不発でしたかね?

それこそ結果論では胸熱斉射は要らなかったとも言えるのですが、

そこは殲滅作戦も睨んでのことなので。

無駄に戦艦を繰り出すわけにもいかないのですし。

 

補うように、づほの奮闘!

レディ長門大破状態で斉射してもなんなので(発動しない仕様ですが)、

弾薬代が浮いたと思いましょうか。

 

夜戦でキッチリ落として、S勝利!

下手に火力艦を後に回さず、

速攻で勝負を決めに行く配置が正解でしたね。

それだけ、被害を減らせますし。

 

攻略法が構築出来ましたので、あとはこの繰り返しとなります。

 

キソーの特効夜戦火力もパないですね!

夜戦でキソーまで回ったのは、この一回だけでしたが。

開幕・閉幕雷撃で活躍しているので、無駄ではないのです。

 

妙高型フィニッシュ!

 

ホント頼りになる姉妹です♪

クソ硬いボスやネカスをホイホイ屠ってくれますからね。

他の子ですと、こうも簡単にはいかないでしょう。

 

あらゆる要素が完璧に回ると、昼戦決着も。

 

微妙に輸送量が足りないので、この一回だけアブーンに大発を追加します。

開幕雷撃がキソーの一発のみになってしまいますが、問題はないでしょう。

 

輸送量ブースト!

 

これで、ラスダンに突入しました。

最後の輸送量は確保しましたので、アブーンの甲標的を元に戻します。

 

壊にはならないのですね、そもそも夏姫には壊がないですが。

基地航空隊は……不調!

 

開幕は、まずまず。

 

とにかく、胸熱斉射不発が目立ちました。

それはそれで、良い打撃を与えてくれればそれでも良いのですが。

フォローで良い仕事しまくりのづほです。

 

二巡目も斉射不発……。

今回はそれでも何とかなってはいますが、本番の殲滅作戦では頼みますよ?

 

MVPは、間違いなくづほでしょう!

夜戦で残りも片付けまして、初回以外は全てS勝利で終えました。

 

第二輸送作戦、完了!

ここまでは詰まるところもなく、順調そのものでした♥

 

ギミック解除済みですので、即座に戦力ゲージが出現です。

 

さすがにこのあたりから、資源の消費がキツくなり始めます。

 

攻略過程にて、こんだけ完全勝利が並ぶのもそうそうないんじゃないでしょうかね?

ドロップはパッとしませんでしたが、ひとつ気付いたことが。

第一輸送ボスはともかく、

第二輸送ボスでのドロップが確実なんですね。

少なくとも、現状は。

これは、新規艦の第四号海防艦がここでドロップすることと

関係しているのかもしれません。

とはいえ、第二輸送ボスで出る出ないの意見が分かれてもいます。

おそらく攻略中には来てくれず、

戦力ゲージ出現後あるいはその装甲破砕ギミック解除後に

掘りにてドロップするようになる仕様なのではないでしょうか?

その段階になると第二輸送ボス編成からネ級改が出なくなるらしく、

断然掘りがしやすくなる仕様とも合致します。

神楽も掘ってみましょうかねぇ?

一応、戦力ボスの方でもA勝利以上で来るらしいですが。

 

――そんなこんなで、ひとまずE-4海域の輸送作戦は完了です。

まだNマスが空いたままですが、ソチラは後々埋めます。

 

【艦これ】E-4-B→Nマス・潜水艦一斉レベリング(2020年梅雨&夏イベ)
アグリケラ(AGURIKERA)_【艦これ】E-4-B→Nマス・潜水艦一斉レベリング(2020年梅雨&夏イベ)

はい、例の潜水艦一斉レベリングです♥

今回は、連続で稼げますよ♪

 


艦隊これくしょんランキング

 

コメント