スポンサーリンク
スポンサーリンク

【艦これ】E-2海域:瀬底島、その先へ――_攻略(2020年梅雨&夏イベ)

イベント海域攻略(第二期)

神楽です。

結構歯ごたえのあったE-1海域を抜け、E-2海域へとやって来ました。

タイトルにある瀬底島での戦いということですが、

1944年10月10日に南西諸島にて米軍による

広範囲の空襲があった十・十空襲(沖縄空襲)がモチーフな模様です。

 

対潜や空襲をくぐり抜けて、

沖縄への敵襲を撃退することになります。

そういう内容ですので、つまる所は沖縄への強襲作戦ということになるわけで

主要メンバーは天一号作戦、

要するに坊ノ岬沖海戦のメンバーが主軸となります!

――うん、またE-2海域で坊ノ岬沖なんだ。

かつてのような鬼畜空襲地獄というわけではなく、

オーソドックスな攻略なのでご安心を。

対地を主とする第一戦力ゲージと、

対空が主となる第二戦力ゲージの二段構成ってだけですよ。

 

スポンサーリンク

E-2海域:瀬底島、その先へ――_攻略

では、E-2海域への攻略に乗り出しましょう。

第一・第二戦力ゲージとも連合艦隊による出撃となりますので、

後々の攻略を念頭に置きながら戦力の抽出を行うことになります。

先に述べましたが坊ノ岬沖組に特効が存在しますので、

大和、矢矧、初霜、霞、雪風、磯風、浜風、朝霜、涼月

といった面々を主軸に据えていくと宜しいでしょう。

とはいえ、決戦存在であり燃費に不安のあるヤマちゃん(大和)は

低速艦であることからルートが遠回りになってしまうのでちと不向きですねぇ。

ユッキー(雪風)、ハマー(浜風)、イソー(磯風)らも

後々出番がある可能性が高く、おいそれと使いたくない

……ということで、

やはぎん(矢矧)、はつしもふもふ(初霜)、

カーチャン(霞)、朝霜、お涼さん(涼月)

らは比較的安心して投入出来るものと思われます。

やはぎんは軽巡枠として非常に頼りになり、

以下の駆逐艦もみな運値が高く、カットイン艦として働くことが期待出来ます。

そこに特化しているはつしもふもふは言わずもがな、

カーチャンは対地も出来て、お涼さんは対空もこなせるということで

この海域の内容に合致しているものと思われるのでオススメです♪

か、カーチャンは前段作戦全般で特効があるらしいですね。

結論としましては、

カーチャンはE-4海域に出すのが正解と言えます。

 

第一戦力ゲージ・水上打撃部隊

たぶん安定するものと思われる、

水上打撃部隊で攻略して行こうと思います。

空母機動部隊や輸送護衛部隊も試してみたくはあるのですが、

この先の戦力抽出に響いても困るので

やるとしても一通り攻略の目処がついてからにするのが無難と思えます。

こればっかりは、実務に響くところなので軽々に手は出せませんのでご了承のほどを。

なお、輸送護衛部隊だと最短ルートで行けるらしいので

掘りなんかで活用する機会はあるでしょうね。

 

こんなふうに組んでみました。

戦力をケチるというか、まだ序盤なのでやりくりしていく感じになります。

まず第一艦隊、旗艦にはセカンド摩耶様に対空および司令部施設で

護衛退避のトリガー役を担ってもらいます。

戦艦枠には、海外艦からリシュ子(Richelieu)、珍しくファーストを切っています。

空母枠には、こちらもファースト・アーちゃん(Arc Royal)。

対地要員として、4thまでいるアブーン(阿武隈改二)から一隻。

そして、セカンドもがみくま(最上・三隈)といった塩梅です。

第二艦隊は、坊ノ岬組から対空役の二枚看板としてお涼さん(涼月)。

軽巡枠に、はやぎん(矢矧)。

対地要員として、カーチャン(霞)とアラレチャン(霰)。

あとは、対潜役としてネノヒー(子日)・ワカバダ(若葉)。

はつしもふもふ(初霜)を入れようかとも思ったのですが、

どうにも温存したくて見送りました(出番なくなるやつだコレ)。

カットインや対潜で働けるので、正解ではあると思います。

 

【艦これ】E-2海域・迅鯨掘り(2020年梅雨&夏イベ)
アグリケラ(AGURIKERA)_【艦これ】E-2海域・迅鯨掘り(2020年梅雨&夏イベ)

迅鯨掘りでの編成になりますが、

水上打撃部隊でCマス経由の最短ルートを通れます。

 

駆逐艦✕六隻以上であれば、軽空母✕二隻(低速艦)でもOKです。

攻略にも役立つことでしょう。

 

E-2海域から、基地航空隊を出すことが可能になります。

まだ一部隊ですので、役割は明確にしたいですね。

まず制空部隊を組んで、空襲マスに出しています。

ギミックが存在するとのことなので、攻略ついでにこなしてしまいます。

 

E-2-Aマス・対潜・対空警戒を厳とせよ!

E-2-Bマス・能動分岐

最初はフレーバーマスで、ここで輸送護衛部隊だとCマスに向かって

最短ルートに入れるようです。

ちなみに、Cマスは潜水艦らしいので……おワカリですね?

水上打撃部隊・空母機動部隊だと、南下してBマスに行き

そこで能動分岐となりますね。

ギミックをこなすためには、輸送護衛部隊攻略をしていても

他の編成にしなくてはならなくなるので、

じゃあ最初からそうした方がロスが少ないんじゃないのかと思いました。

充分な駆逐艦を用意するの、手間だし今はリスクが高いですからねぇ。

 

E-2-Dマス・潜水艦隊

能動分岐を下に行き、潜水艦に鉢合わせしました。

先制対潜艦を用意していれば、さほど問題にはならないでしょう。

 

E-2-Gマス・空襲(ギミックあり)

E・Gの空襲マスで航空優勢を取ることで

ルートギミックが解除されますので、

攻略の途中で取っておくのが効率が良いと思われます。

まずは、Gマスの空襲で基地航空隊の助けを借りて航空優勢です。

 

E-2-Fマス・潜水艦隊

またも潜水艦ですが、やはり先制対潜艦がいれば大丈夫でしょう。

 

E-2-Hマス・水雷戦隊

精強な水雷戦隊が待ち構えています。

ルート的にまず通ることになるボトルネックですので、

対策はしたいところですが支援艦隊くらいしか手段がないですね。

特に、輸送護衛部隊であれば必須ではないでしょうか。

他の編成であれば、開幕で押し潰したり本体で蹂躙したりも出来るでしょうが。

 

E-2-Iマス・敵警戒線を突破! 突入準備!

E-2-Kマス・能動分岐

輸送護衛部隊であれば、

Iマスから第一戦力ボスマスに直行出来るようです。

そうでなければ、その先の能動分岐まで行くことになりますね。

現時点では、Lマスに行っても仕方がないのでJマスに行きます。

 

E-2-Jマス・戦艦部隊

第一戦力ゲージの鬼門となります。

ル級flagshipが二隻も待ち構えており、事故が予想されます。

Hマスと合わせて、支援艦隊で対処するのが安全策ではありますね。

あぁ、くまりんこ(三隈)がやられた……!

こんなこともあろうかと、護衛退避で先に進みます。

――対地要員ではなく、対潜要員を退避役にしておくべきでしたね。

 

E-2-Mマス・集積地棲姫Ⅱ 夏季上陸mode

春にやっつけたら以降は逃げ出すという醜態を晒したⅡじゃないですか。

バカンスしてる場合かオメー。

 

耐久2400と、今までの上限を軽くブッ千切ってきやがりましたが、

所詮は対地攻撃一発を耐えられるかどうかって程度です。

地上型も一隻しかいないので、特に問題はありませんね。

赤い随伴艦が、やけに避けまくるのが困りものですが。

 

結局は、爆散する定めなり。

昼戦で、アブーンの攻撃を凌いだのはラッキーでしたがね。

このように護衛退避していても、基地航空隊のアシストがなくともなんとでもなりますね。

戦力ゲージの減りからして、四回殴ればOKでしょうか。

母港に帰投して、Gマス航空優勢でのギミック解除音が鳴りました♪

 

護衛退避役を考慮して、第二艦隊の駆逐艦の順番を替えました。

 

今度は、制空部隊をEマスに出していきます。

 

E-2-Eマス・空襲

基地航空隊のアシストで、Eマスでも航空優勢です。

ここから、おそらくは低速艦を含むとFマスの潜水艦に行ってしまうのではないでしょうかね?

試してませんけど。

 

そのまま進み、ボス前も無傷で抜けられました♪

この出撃では、ほぼノーダメでボスまで行けました。

 

さっきは制空権を取れたのに、今回はダメでした。

制空値がギリギリなんですかね?

 

やはり、膨大な耐久をもってしても

耐えられるのは精々一発ですねぇ。

 

おっと、梅雨ふかふか(福江)♥

 

ひとつ枠が埋まりました♪

この第一戦力ボスマスでは、

新規艦である潜水母艦の迅鯨がドロップするので

後で掘りに来ることになりそうです。

第二戦力ボス前でも、ドロップするらしいですが。

 

先の出撃で帰投しまして、ギミック解除音が鳴りました♪

ルートギミックを終えて、

潜水艦マスには行かないと判明したので、対潜艦にも対地・対空装備を施します。

 

基地航空隊を攻撃隊に入れ替えまして、

ボス前Jマスに送り込みます。

ボス戦は基地航空隊がなくてもどうとでもなるので、

辿り着けるようにボス前ケアに努めます。

 

順調に、三度目のボス訪問。

また焼きに来ましたよ♥

 

昼戦で爆散しましたので、夜戦で残敵掃討。

これで、ラスダンに入りましたかね?

 

って、しまった!

ラスダンの壊状態の三面図を撮り損ねましたァッ!!

願わくば、集積地が生き残ってくれるよう祈るしか……無理ゲーですね。

 

そしたら、お里で有志の方より提供いただけました!

アリガトウ……アリガトウ……ッ!!

 

一度は凌いだのですが、やはり昇天してしまわれました。

仕方がありません、来年の機会に期待しますか。

というわけで、ボスまで辿り着いて対地装備さえ充実しているのなら

さほど苦労せずに突破出来る程度でした。

道中重点でケアするのが、攻略の肝でしょうかね?

 

既にルートギミックは解除済みですので、

ボス撃破と同時に第二戦力ルートが出現します。

E-1海域でルート出現をミスったので、入念に撮る神楽の図。

 

第二戦力ゲージ・水上打撃部隊

引き続き、第二戦力ゲージも水上打撃部隊で攻略します。

メンバーはほぼ変わらず、アブーンをポーラに替えたくらいですね。

対地装備はもう必要ないので、

制空を意識した装備に換装しています。

そのための、もがみくまとポーラです。

第二艦隊は、運値の高いお涼さんとカーチャンに魚雷カットイン装備を。

特にお涼さんは火力MAXには届きませんが、そこは特効で補う方向で。

子日・若葉はまた潜水艦に当たるかもなので、再び対潜装備にしていますね。

一スロ先制対潜攻撃の出来るアラレチャンは優秀な子です♥

 

基地航空隊は、かなり制空に振ってボスマスに向かわせました。

第二戦力ボスマスまでの戦闘行動半径は8あるので、

陸攻オンリーとかでもない限り

二式大艇や陸偵で伸ばさないと届きません。

 

E-2-Lマス・空襲

ルートは能動分岐までは変わらず、

そこからさっきまでは行き止まりだったLマスに向かいます。

そこは空襲マスでした。

……あ、対潜要らないやつだコレ。

 

E-2-Rマス・戦艦部隊

ボス前は、やはり精強な戦艦が待ち受けていました。

君等、さっきとほぼ一緒よね?

タ級かル級かの違いはありますが。

今度は、基地航空隊で蹴散らすわけにもいかないので

安全策を採るのであれば、支援艦隊を出すべきでしょう。

なお、このRマスでは迅鯨がドロップするようです。

下ルートのPマスでも同様だそうで。

下ルートには、空母機動部隊で行けるようですね。

さすがに、今試すのは札の関係でちょっと勘弁ですねぇ。

 

E-2-Tマス・空母ヲ級改flagship&戦艦水鬼

ボスの顔見せもなく、戦闘開始です。

ボス、ただのヲ改ですもんね。

随伴の水鬼様が異様に目立ってますが。

基地航空隊は、攻撃機が少ないのであまり戦果に期待は出来ないですね。

 

しかし、しっかり制空は取ってくれました♪

とにかく水鬼様以下、随伴艦が異様にボスを庇う上に避けるので

なかなか有効打が決まりません。

それでもなんとかボス撃破まで持っていけたのは、練度の為せる技でしょうか。

水鬼様撃破は、こりゃ難しいですね。

お涼さんかカーチャンのカットイン次第になりますね。

 

やはぎんドロップ!

そりゃ、坊ノ岬組はそうでしょうとも。

ヤマちゃんやお涼さんもドロップするようです。

 

下ルートに行けないものかと試しましたが、

やはり空母機動部隊でないとダメみたいですね。

遠回りしてしまいました。

ボスまで行けたのは僥倖です。

 

あ、画像の順番が逆になってるや。

まず、お涼さんがカットインで特効ダメージを叩き込んだ後に

やはぎんがボスを仕留めたんでした。

元画像がもうないから、このままで。

 

対潜装備を外す際に、どうせなら空きマスも埋めようと思い

索敵装備をほぼ全廃してルート逸れを目指します♪(いつもの病気)

 

なので、ボスには行かない予定となりまして基地航空隊はボス前のケアに。

入れ替えはしません。

 

E-2-Sマス・逸れ

ボス前を突破しまして、索敵不足で逸れて終了です♪

弾着観測射撃が出来ませんでしたが、そのぶん主砲ガン積みで

単発火力でもゴリ押せる次第となりました。

他の空きマスも、後で埋めませんとね。

 

改めて、装備を刷新しました。

対潜装備を外して対空重点にしたくらいですがね。

 

基地航空隊も、再びボスに向かわせます。

 

当たり前ですが、特効の乗ったやはぎんはかなり強く

事実上、戦艦が第二艦隊にいるかのような

頼もしさを発揮してくれます。

道中・ボス戦とも非常に頼りになりますね♥

軽巡枠にお悩みでしたら、オススメです。

水鬼様を連撃で屠り、S勝利です!(クマー

 

なんか、お涼さんはボスにオーバーキルカットインを叩き込むのが好きみたいです。

 

また、お涼さんがボスに過度な制裁を……。

 

やはぎんの特効連撃で、残る水鬼様は虫の息に。

そこに今まで執拗に右の人に無力化され続けてきたカーチャンが、

鬱憤を晴らすように初めてのお役目を全うしてくれました!

 

しかし順調ですな、道中撤退も今まで一回だけです。

ドロップにはあまり恵まれませんが。

そうこうしているうちに、ラスダンに突入したようです!

 

随伴艦が全体的に強化され、厄介なことになりました。

 

カーチャンカットインで水鬼様は倒したのですが、

肝心のボスを取り逃してしまいました。

しかし、スゲェダメージ叩き出してますね、カーチャン。

 

今度は討ち漏らさないよう、ボス支援を出しました。

道中に送るような全キラ支援艦隊にしてしまいましたが、

この一回で決めれば元は取れるのですよ!

基地航空隊は、制空補助が役目なので撃破は期待していません。

航空戦で、中破ながらアーちゃんがやってくれましたね♪

 

ボス支援は、まずまず。

反航戦ながら、主要な相手二隻を残し、こちらも夜戦火力は充分といったところ。

 

まずは、お涼さんのカットイン!

いくら運値が高くとも、防空駆逐艦にカットインをさせるとか前代未聞なやつですわ。

のわりに、景気よく毎回カットインしてくれましたね♪

 

最後まで、ボスいじめに心血を注いだお涼さんでした♥

まさかの防空駆逐艦がフィニッシャー……相手が相手でもありますが。

 

終始、やはぎんは頼れる姉御でございました。

あまり目立たない……ってこともありませんでしたけど(戦艦ボコったり)、

常に着実な仕事を果たしてくれました!

 

右の人に邪魔されまくってなかなか働けなかったカーチャンでしたが、

それは君が悪いのではないのですよ?

最後は決めて欲しかったですが、まぁ仕方ないですね。

 

完全な有終の美は飾れませんでしたが、クリアはクリアです!

 

海域突破・報酬

甲難易度でのE-2海域突破報酬は――

・勲章

・新型砲熕兵装資材✕三個

・特注家具職人

・天山(九三一空)☆+2

・補強増設✕二個

・試製15cm9連装対潜噴進砲

と、なかなかの大盤振る舞い!

前段作戦では、唯一の報酬艦なしの海域となりましたが充分ではないでしょうか。

神楽的には、砲熕資材が嬉しいですね♪

テンザーン(天山)六三一空は……どうなんだろコレ?

って思っていたら、E-4海域突破の鍵でしたね。

そして、対潜値+15の対潜噴進砲は貴重ですね、また対潜ボーダーが下がります♥

 

新しい潜水艦用の艦種魚雷は、

来たるべき潜水母艦と共同となる新システムに合わせたものでしょうか。

単純性能も高いのですけどね。

 

摩耶様で、スゥー…。

海域浄化も成し遂げまして――

 

E-3海域へと向かいましょう!

 

道中撤退一回と、ほぼ無駄なし攻略が出来ました♪

攻略中に迅鯨は来ませんでしたので、後で掘りませんと。

 

資源はまだ一万を使ってはいませんが、

バケツはわりと消耗してきていますねぇ。

 

空きマス埋め

ほぼ趣味ですが、いつものをやっていきましょう。

 

E-2-Cマス・潜水艦隊

機会が出来ましたので、まだ空いているCマスを埋めてしまいましょう。

輸送護衛部隊で行くことが出来ますが、現状では掘りをやるにしても

大量の大発駆逐を投入出来るわけもないので

ドロップ艦を入れて様子見するに留めます。

 

潜水艦マスですので、一斉レベリングを行うことは可能です。

 

【艦これ】E-4-B→Nマス・潜水艦一斉レベリング(2020年梅雨&夏イベ)
アグリケラ(AGURIKERA)_【艦これ】E-4-B→Nマス・潜水艦一斉レベリング(2020年梅雨&夏イベ)

しかしながら、E-4海域で行う方が圧倒的に高効率ですね。

一応、基地空襲がないだとか能動分岐での選択をしなくて良いという利点もあります。

 

ただ、経験値でも圧倒的に差がありますからねぇ(E-4海域だと、最大504)。

 

第二戦力ゲージ・下ルート(空母機動部隊)

手つかずの第二戦力ゲージ・下ルートですが、

空母機動部隊でないと行けません。

空母を空きマス埋めだけのために使うのも難なので、機会を伺っていました。

デイリーで正規空母を拾ったので、やっと実行に移せます。

 

E-2-Nマス・水雷戦隊

Nマスから先に進むために、空母機動部隊を組みました。

ついでにQマスにも逸れるために、索敵装備を撤廃しています。

そのためにはOマスにも行かなければならないので、

正規空母が三隻必要だったんですね。

潜水艦マスも経由するので、対潜装備もしていきましょう(過剰)。

 

基地航空隊は、唯一の水上戦闘のあるNマスに。

 

低レベル艦が心配ですが、そのための司令部施設です。

……くまりんこに使ってますけど。

あ、Nマスは普通に突破です。

 

E-2-Oマス・空襲

Oマスには正規空母✕三隻以上だとか、戦艦+空母が五隻以上だとか、

低速艦がいると、要するに「重い」編成で行ってしまうのですね。

 

E-2-Qマス・逸れ

そして、目論見通り索敵値不足で逸れて終了です♪

 

E-2-Pマス・空母機動部隊

残るPマスに行くために、正規空母を二隻まで

戦艦+空母を五隻までという条件に合うように

空母機動部隊を組みます。

 

Gマスの空襲は、もがみくまを大破させないと

気が済まないのでしょうか?

司令部施設でイナフしたとはいえ。

 

迅鯨捕鯨は出来ませんでした。

掘るにしても、ここはボーキやバケツの消費が重いので

水上打撃部隊で行くRマスのが良いですね。

というわけで、E-2海域の全マスを制覇しました♪

 


艦隊これくしょんランキング

 

コメント