スポンサーリンク
スポンサーリンク

【艦これ】2019年冬イベ・E-1海域:中部ソロモン海域 鼠輸送 ブラケット水道/クラ湾沖(第二期)

イベント海域攻略(第二期)

 

スポンサーリンク

E-1海域・中部ソロモン海域 鼠輸送

神楽です。

始まりました、2019年冬イベント!

まずは、E-1海域・中部ソロモン海域 鼠輸送から攻略して行きます。

 

作戦要項によれば、輸送作戦と殲滅作戦のダブルゲージですね。

のっけから来ましたが、それはこちらとて予測済みです。

まずは、輸送作戦からこなして行くとしましょう。

史実艦の選定もしてあるので、特効に期待です。

 

E-1海域・輸送作戦

輸送を行う艦隊は、駆逐艦×四隻以下で最短ルートを通る

との情報を小耳に挟みました。

 

E-1海域輸送作戦・出撃一回目

なので、そうさせてもらいました。

旗艦は、以前からビラ・スタンモーア夜戦の再現とアナウンスがあった以上

村雨嬢以外にあり得ません。

他、史実艦はこの先も出番がありそうなので札を付けるのを避け、

さっちん(皐月改二)を起用するに留めました。

大発が扱えて、そこそこ性能もあるので。

出来ればふみちゅき(文月改二)も入れられれば良かったのですが、

先々を考えますとねぇ。

世に文月のあらんことを。

なので、どうやらダンピールがないっぽいので朝潮型を投入です。

これはどうやら大正解だったようで、

白露型と朝潮型に特効がある模様なのです!

それは後に判明したものなので、この時点では知る由もありませんでした。

輸送作戦につき、まずは大発を八艘持って行くことにしました。

砲は最低限ですね。

 

E-1海域輸送作戦・出撃一回目・一戦目

では、出撃です。

最初につき、支援は出さずに様子見です。

艦数が多かったり、中・大型の艦がいたりすると上下に逸れるのでしょうね。

噂のレーダー射撃を受けるのかもしれません。

さすがに、余計な被害を受けるために札を浪費するわけにはいきませんて。

全クリア後なら……その頃にはンな検証、何の需要もありませんね。

ともあれ、初戦はフラ軽巡率いる水雷戦隊です。

こちらも駆逐艦オンリーで四隻のみなので、雷撃事故が怖いところです。

 

まずは、無事に抜けました。

大事を取って、支援を出すべきでしょうか。

 

E-1海域輸送作戦・出撃一回目・二戦目

次は、夜戦マスです。

相手は駆逐艦のみ三隻ですが、こと夜戦だと侮れませんね。

この時点で、神楽は次から砲撃支援を出そうと決めました。

 

だってほら、事故は怖いですもん。

 

E-1海域輸送作戦・出撃一回目・ボス戦

ボス前に輸送地点がありまして、大発×八艘分の輸送を終えました。

では、ボスマスに向かって進撃です。

……つくづく、別働隊に掃討させれば良いのに。

 

E-1輸送作戦ボスは、エリツ級率いる水雷戦隊でした。

なんてことはない相手ではありますが、こちらの陣容が薄いため

どんな不具合があるか知れたものではありません。

でも、決戦支援を出すまでもないかな――とは思います。

 

雷撃戦で、結構喰らいましたし喰らわせました。

夜戦で旗艦を落とせば問題はありません。

 

無事、S勝利で輸送量は大発×八艘で84となりました。

これなら、大発の数を落としても良さそうです。

 

E-1海域輸送作戦・出撃二回目

駆逐艦に砲を二基乗せ、残りを大発としました。

これで輸送量の様子を見ます。

差額から大発一艘あたりの輸送量も割り出せるでしょうし。

そして、道中支援を要請します。

砲撃支援で、大破撤退の可能性の芽を摘むこととします。

 

E-1海域輸送作戦・出撃二回目・一戦目

二回目の出撃、初戦。

砲撃支援にて、二隻を屠りました。

だいぶ楽に通過出来ます。

 

E-1海域輸送作戦・出撃二回目・二戦目

夜戦でも届く砲撃支援により、可能な限り被弾の可能性をなくしていきます。

支援は要らないだろうって意見もありますけど、

撤退するとなるとイラッとくるのが神楽ですので。

 

E-1海域輸送作戦・出撃二回目・ボス戦

大発の数が半分になりました。

その分、戦闘力は上がっていますが、はてさて。

 

雷撃戦まで飛ばしまして、まぁまぁの状態でしょうか。

 

敵旗艦大破状態につき、何もさせずにS勝利と相成りました。

 

今度の輸送量は52、どうやら大発一艘につき輸送量+8のようです。

であれば、次は大発を二艘増やせばS勝利で輸送ゲージ破壊となりますね。

そして、しむしゅしゅしゅ(占守)がドロッしました。

先のイベントで一隻来ているので、どうせならクナ(国後)が良かったですね。

 

E-1海域輸送作戦・出撃三回目

輸送量ギリギリを狙って、大発を二艘プラスしました。

 

道中支援もあるため、輸送地点まで飛ばします。

今度は大発×六艘の輸送です。

 

ボス戦ですが、これは下手すると――

 

ああ、やっぱり。

S勝利に届かず余計な出撃をする羽目になってしまいました。

 

E-1海域輸送作戦・出撃四回目

そしてここで、軽巡を一隻入れても最短ルートで行ける

との情報が入りました。

丁度この時、遠征プリセットに登録されていたさっちん(皐月改二)が

遠征に行ってしまったので、穴埋めにアブーン(阿武隈改二)を編入しました。

神楽んとこにはアブーンが四隻いるので、フルに使えますね。

大発は一応持って行きますが、既にA勝利以上でクリア見込みです。

 

ボス前まで飛ばしまして――

 

今度ぁS勝利(か)ったかな?

 

ちょいと手間取りましたが、E-1甲・輸送ゲージ破壊完了です!

ドロップ艦は春雨ちゃんでした。

続けて、殲滅作戦に移行します。

 

E-1海域・殲滅作戦

E-1海域の殲滅作戦は、軽巡+駆逐艦×五隻のいわゆる純粋水雷戦隊の出番です。

水上電探を多くすると、レーダー射撃マスを避けられるようです。

 

遠征から帰ってきたさっちん(皐月改二)を再加入させ、

追加のはつしもふもふ(初霜改二)に魚雷カットイン役を頼みます。

アブーン(阿武隈改二)以外に水上電探を積み、これでルートを固定します。

どうやらこの編成で問題なかったようで、このまま最後まで行きます。

 

E-1海域殲滅作戦・出撃一回目

殲滅作戦では、道中・ボス支援共に出していきます。

 

E-1海域殲滅作戦・出撃一回目・一戦目

輸送作戦よりも艦数が増えてしまったので、初手Cマスには行けずに

Bマスの潜水艦マスに流されてしまいます。

結構ヤバめな潜水艦隊の待ち伏せがあるため、どうにかしませんとね。

こちらは対潜装備を持って来る余裕がないのですから。

となると……それは次回に回すとしまして。

 

運良くノーダメで切り抜けました。

 

E-1海域殲滅作戦・出撃一回目・二戦目

二戦目は、駆逐艦オンリーのなんともコメントに困る相手です。

砲撃支援で吹き飛ばすにしても、ちょっとオーバーキル気味ですね。

 

事実、開幕で終わってしまいました。

 

E-1海域殲滅作戦・出撃一回目・三戦目

三戦目は、輸送作戦の初戦の相手です。

やはり砲撃支援では過剰戦力で、あっさりと突破出来てしまいました。

 

E-1海域殲滅作戦・出撃一回目・ボス戦

楽にボスまで辿り着けるにこしたことはないのですがね。

新ボスは、深海雨雲姫

この海域の元となったビラ・スタンモーア夜戦にて、

レーダー射撃の標的として沈没することになった

村雨・峯雲をミックスしたような姿となっています。

……どちらもパイオツカイデーなのに、随分と控えめな胸部装甲ですね?

 

敵戦力としては、ボス以下ツ級の姿が目立ちますが、

こちらは航空戦力を運用していないので単なる強めの軽巡に過ぎません。

ボス支援やアブーンの開幕雷撃で三隻も落とせれば御の字でしょう。

 

開幕で、ほぼ勝負が決まってしまいましたね。

 

なお、この雨雲ちゃんは雷装値を持たないようで、

開幕も閉幕も雷撃をしてくることはありません。

そこそこ強めの駆逐艦ボスですが、事実上弱体化した駆逐姫という印象です。

 

しかも、ここから白露型や朝潮型の特効が発揮されるため、

編成によってはとんでもないダメージが飛び交うことになります。

史実的にも、村雨嬢旗艦で暴れさせるのが良いのではないかと。

S勝利、ボス撃破でおおよそ戦力ゲージの1/4が削れましたので、

最短四回出撃で終わるようです。

あ、アマギリンがドロップしました。

もしかしたら、この先の海域で出番があるからかもしれません。

 

E-1海域殲滅作戦・出撃二回目

今回から、道中砲撃支援に代えて対潜航空支援に切り替えます。

初戦の潜水艦マスへの対策および、

砲撃支援では過剰戦力だったことへのバランス取りとなります。

丁度、砲撃支援の戦艦のキラが剥げてきたところだったので渡りに船でした。

 

E-1海域殲滅作戦・出撃二回目・一戦目

では、対潜航空支援の出来栄えを見てみましょう。

 

充分な成果ですね。

このまま、サボらなければ良いのですが。

 

E-1海域殲滅作戦・出撃二回目・二戦目&三戦目

二戦目と三戦目の開幕にも、航空支援が到着です。

この程度の相手であれば威力は充分でして、燃費的にも程よい感じです。

 

E-1海域殲滅作戦・出撃二回目・ボス戦

二回目のボス戦でも、開幕は良い仕事をしてくれました。

 

危なげなくS勝利です。

 

E-1海域殲滅作戦・出撃三回目

もはや安泰な道中戦は飛ばしまして、三度目のボス戦です。

 

村雨嬢以下の特効艦が活躍しまして、

なおかつ夜戦で村雨嬢がバーニングかましてボス撃破。

ラスダンに突入見込みとなります。

もしかしたらカス残りしているかもですが。

 

おっと、ここでセカンドハマナージ(浜波)のドロップです!

二期になって初めての邂逅となります。

密かに狙っていたE-1海域の目玉「でした」。

攻略中に来てくれましたので、掘る必要がなくなりました。

後顧の憂いなく、ラスダンに挑むことが出来ます♪

 

E-1海域殲滅作戦・出撃四回目

初戦の潜水艦隊に、旗艦フラヨ級が混ざるパターンがありました。

対潜航空支援では落としきれず、砲撃戦でも残ってしまう厄介な相手です。

 

被弾もなく、倒し切ることが出来ました。

結構な幸運でしたね。

 

ラスダンにつき、雨雲ちゃんが壊になりました!

薄いお胸がオープンゲットしちゃってはりますが……武蔵!?(関係ない)

 

ラスダン編成としては、ボスの耐久が増えたのと

エリツ級が混ざるようになった程度でしょうか。

抜本的な戦力の違いはなさそうです。

 

ああ~、順調にボス単騎まで追い込んだのですが、

こともあろうに最大戦力の村雨嬢が無力化させられてしまいました。

それでも、勝ちの目は残されてはいますが――

 

村雨嬢、大破状態でもボスの攻撃を引き受けてくれています!

 

特効のある朝潮型改二も不発ながら削り続け、

トドメ要員として配置したはつしもふもふの魚雷カットイン……不発ッ!?

乱数に嫌われましたね、これは仕方がありません。

もう一回遊べるドン!

 

E-1海域殲滅作戦・出撃五回目

今度こそは!

 

開幕はまずまずです。

 

昼戦を終えて全艦健在、ボスを削り切れるかの勝負です。

つくづく、雷撃をしてこない有情なボスで助かっている面はありますね。

 

まずは村雨嬢が致死領域まで削り、

続く(おそらく史実艦ながら特効のない)さっちんはカスダメに留まり、

ここまで目立った活躍のないミッチー(満潮改二)の番となりますが――

 

行ったアアアアアアァァァァァァァァァァァァ~~~~ッッ!!!

ここに来て、一発どデカイのを喰らわせてくれましたァ!

やはり、朝潮型にも特効があるのは確かなようです。

 

それでもMVPはやはり村雨嬢でしょう。

終始、エースとして活躍し通しでした。

自らの終幕の再現を乗り越えた彼女に、幸多からんことを。

 

E-1甲・突破報酬

E-1海域・甲難易度の突破報酬は、

戦闘詳報

間宮×二個

洋上補給×三個

といった消耗品に加え――

 

二式陸上偵察機

5inch単装砲 Mk.30改

の、ランカー報酬として配られた装備類。

 

報酬艦にして、深海からの浄化組峯雲の参入となりました♪

朝潮型としては規格外に

でっけぇな

でっけぇな

髪先がグラデしているのは、藤川デザイン朝潮型の特徴でしょうか?

若干、白露型の要素を受け継いでいるという解釈も出来そうです。

 

村雨嬢でスゥー…

彼女が主役になると決まってから、旗艦でクリアすることを決めていました。

 

海域浄化も完了しまして、次なるE-2海域に歩を進めていきます。

 

E-1での消費は……特に言及するほどではないですね。

 

おまけ

デイリー装備改修にて、噴進砲改二☆MAXが三基になりました!

きっと心強い助けになるでしょう。

あと、噴進砲改二が一基を残して☆6になりましたので、

あと12基の三連装機銃でノルマは達成となります。

その後は、集中配備に回しますかね。

 

また、GETしたての峯雲およびドロップした大掃除ぼの(曙)を剥きました♥

青ブラ! おっきい!  スパッツ!

また期待の新人が参加しました。

若干、村雨嬢依存症が見受けられるきがしますが……?

ぼのは、そういえばそんな時期でしたね。

つけてないし、はいていません。

 

――と、こんなところで、ますがE-1甲の攻略とさせていただきます。

掘りやらなんやらで新要素が判明したら、何か書くかもです。

 


艦隊これくしょんランキング

 

コメント