スポンサーリンク
スポンサーリンク

【艦これ】2019年春イベ・E-4海域・甲難易度・掘り編成(第二期)

イベント海域攻略(第二期)

神楽です。

E-5海域の甲難易度突破を

友軍艦隊の到着するという水曜日まで延期している状況ですが、

それまでの間にE-4海域でのフレッチャー掘りを

か細い可能性に縋るように続けています。

甲難易度でのボスS勝利は現実的ではないため、

A勝利狙いのドロップ率1%に賭ける有様です。

友軍艦隊が増強されれば、また状況は変わる可能性もありますが。

ともあれ、現時点で確立した掘り編成を紹介してみようと思います。

なお、甲難易度での空母機動部隊掘りは現実的ではないので

割愛させていただきます。

 

スポンサーリンク

E-4海域・掘り編成・比叡&霧島艦隊

まずは、攻略編成をそのまま流用した

特効のある比叡・霧島の両戦艦を軸としたオーソドックスなものです。

掘りを行うにあたり、対地&電探要員として日進を起用しています。

道中でやたら狙われる気がしますが、

ボス戦では主に集積地爆破にお役立ちです。

この編成で掘った感じとしましては、

初戦の単縦陣フラ潜水艦やボス前のルルル戦艦群などに阻まれ

あまりボス到達率が高くないのが難点ですね。

 

基地航空隊は、普通に二部隊を攻撃隊としてボスマスに飛ばし

残りは防空部隊としています。

 

ボス戦、昼戦を終えてA勝利に届いていないため夜戦を挑みます。

 

E-4海域掘りを始めたのは友軍艦隊が到着してからで、

それまでは攻略で激減した資源、主に燃料の備蓄に専念してました。

……すぐにまた減るのですけれどね。

さて待望の友軍艦隊の初っ端ですが、

バーナー×6個消費しての強編成を引いたようです。

とはいえこのガンビー艦隊、対地装備を持っているのがアブーン(阿武隈)のみという。

削るにしても水上艦が水鬼様のみなので、カットインが刺さることは稀です。

敵の第二艦隊がダダ余りしてしまった状況では助けになるでしょうか。

 

E-4海域・友軍艦隊・ガンビー艦隊(金剛改二丙)

次のボス到達時には――

ワタシ

来た!

 

ガンビーちゃん(Gambier Bay)は夜間戦闘機装備で、

砲台小鬼くらいなら退治出来ます。

サミュ子(Samuel B.Roberts)はどの友軍編成でも

一貫して砲魚カットイン装備のようです。

ワタ金剛改二丙は三式弾と探照灯装備の連撃仕様で、

非常に頼りになりマース!

せっかくの雷装値で夜戦火力マシマシなのですが、

相手が地上型ばっかであまり発揮する機会には恵まれません。

 

アブーンはこの編成では対地装備を持ちません。

陽炎は砲魚電カットイン装備で発動率は高いのですが、

いかんせん地上型ばっかではまず刺さりません。

不知火は魚雷カットイン装備ですが、運値の低さと地上型ばっかなことからほぼ発動しませんね。

もっと敵艦数が少ない状況での水鬼様への削りであれば悪くはないのでしょうが。

 

E-4海域・友軍艦隊・ガンビー艦隊(強)

さっきも来た、強編成ガンビー艦隊再びです。

 

元々が非力なガンビーちゃん、水鬼様に向かっても装甲を抜けません。

ジョン子(Jhonston)は砲魚電カットイン仕様ですね。

 

対地アブーンは、地上型相手であれば有効です。

中枢相手でも、たまにすごい大ダメージが出ることもありますし。

かげぬいはあまり頼れないですねぇ……。

 

――というわけで、ガンビー艦隊の強編成ふたつは

もっとタゲを絞れた状況でないと機能しない感じになっています。

A勝利安定に限れば悪くはないとは言えるのですが。

 

E-4海域・掘り編成・ネルソン編成

元々が低速艦である余(ネルソン)やながむつ(長門・陸奥)は

E-4海域では最短ルートに組み込めないとされていましたが、

戦艦×一隻+空母×一隻までの速度・高速統一編成であれば

最短ルートに入れることが判明しました!

ので、ながむつコンビは無理ですが

余であればE-4海域に出せるようになりましたので

ボスにネルソンタッチをお見舞いすることが可能なのです!

一緒にネルソンタッチをブチかます子が対地装備三点セットを装備していた場合、

地上型の敵が軒並み吹っ飛ぶことが期待出来ます♪

比叡・霧島を外すことになるので、

現時点で最強の友軍艦隊が来ることも期待出来ます。

陽炎・不知火を加えることにより、ガンビー艦隊を弾くことが出来ます。

これでカーチャン(霞)・アラレチャン(霰)も温存出来ていたら、

より確度の高い最強友軍艦隊を呼べたのですがね(E-3海域で使用済み)。

 

ただ、この編成の問題点となるのは

比叡・霧島編成に比べて第一艦隊の道中戦力が不足するため、

道中撤退率が高くなるです。

 

それと、ボス戦用に第二警戒航行序列を温存する都合上、

初戦の潜水艦混じりの編成で先制対潜攻撃の威力が足りずに

単縦陣開幕雷撃を食らう確率が跳ね上がるのも見逃せません。

ここでは運良く回避していますが。

つまり、ボス戦での爆発力は破格ですが

道中戦が不安定になってしまうこととのバーターとなるということです。

 

そうして何とかボスまで辿り着き、ネルソンタッチの発動に期待します。

基地航空隊は、まぁ普通でしたね。

 

航空戦でやたら被害が出ていますが、丁字不利……コッチだけ丁字不利かな?

って、ネルソンがいて丁字不利……おわかりですね?

そう、ネルソンタッチの補正が最大になる裏仕様です!

ある意味で史実というか元ネタの反映でしょうか。

ともあれ、大破していても集積地を燃やす日進はさすがです!

 

そして、待望のネルソンタッチ発動!

一気に敵編成を切り裂いていきます。

E-4ボスに対してS勝利を狙うにはこのくらいしないと難しいでしょう。

 

E-4海域・友軍艦隊・アイオワ艦隊

夜戦で来たのは、アイオワ率いる艦隊でした。

アメリカと日本の混成艦隊になります。

弱編成になりますかね。

 

オワ子はいつもの主砲論者積みカットイン仕様です。

サミュ子は変わらず砲魚カットイン。

カーチャンは対地装備の連撃仕様なので、地上型に対しては有効です。

アラレチャンは魚雷カットイン仕様で、不知火同様、運値の低さから発動率は低いです。

 

惜しくもS勝利ならず。

……やはり、十八駆を本隊に入れて

こういう友軍艦隊を弾けた方が有利ですね。

もっとも、今後追加されるという

榛名率いる対地友軍艦隊の面子によっては

その評価がひっくり返る可能性はあります。

カーチャン・アラレチャンが対地仕様でやって来る可能性は高いのですから。

 

E-4海域・友軍艦隊・比叡艦隊

またもネルソンタッチで大ダメージ、FFみたいなダメージが出ています。

そして、遂に最強の友軍艦隊が来てくれました!

 

まずは、対地装備持ちの三隻から。

ヒエー(比叡)がヤベェ!

バキちゃんを連撃で持って行きました。

マイシスター霧島は、中枢を狙ってほしかったですね。

アブーンもだよ!

 

本隊のお淀(大淀)が中枢を落としたものの、

水鬼様にトドメを刺せず惜しくもS勝利ならず……!

 

E-4海域・掘り編成・ネルソン編成(五航戦・噴式機)

E-4・E-5海域では、

特効のある翔鶴・瑞鶴に噴式攻撃機(ジェット機)を乗せると

劇的な効果があるという情報を耳にしましたので、

もう使う場所もないだろうからと試してみました。

余編成に組み込んでみました。

あとは、ギミック解除で使ったきりのサード北上さまを魚雷カットイン仕様にして

水鬼様スレイヤーとして起用し直してみました。

運値30ではちと頼りないかもですが。

 

比叡・霧島艦隊の癖で初戦で第二警戒航行序列を選んで

ネルソンタッチを誤爆させてしまったので、

仕方なくボス戦では第四警戒航行序列を選びました。

ジェット機の先制爆撃が中枢に刺さってエラいことに!?

 

基地航空隊も中枢に当てまして、何と昼戦で落とすことが出来ました!

 

E-4海域・友軍艦隊・阿武隈艦隊

友軍艦隊は、アブーン率いる弱編成でした。

 

対地装備はカーチャンだけですね。

 

またまた惜しくもS勝利ならず……!

ネルソンタッチが使えていたら、あるいは強編成の友軍艦隊が来ていたら……!

 

E-4海域・初めてのS勝利

今度はちゃんとネルソンタッチが発動しまして、

地上型に大ダメージを与えていきます。

 

友軍艦隊は、またもアブーン艦隊でした。

中枢に全集中しまして、これは期待出来るのでは……!?

 

瀕死の両ボスにキッチリとどめを刺しまして、

遂に念願のS勝利です……ッ!

ドロップは金髪で幼な気な子……これがフレッ隈ですね!?

 

――というわけで、なんとかS勝利を取ることが出来ました。

五航戦ジェットは道中・ボス戦共に有効で熟練度が剥げにくく

制空にも寄与すると良いことずくめなのですが、

鋼材の消費量も半端ないというリスクも兼ね備えていますので

ご利用は計画的に。

E-4・E-5海域攻略や戦力ゲージ削りでも有用でしょうね。

ここで五航戦を使うのであれば、赤城さんをE-5海域に回して暴れさせられるでしょう。

神楽にゃもう出来ませんが……。

 

E-4海域・友軍艦隊・霧島艦隊

6/12のオンメンテで強化された友軍艦隊が到着し、

霧島率いる強編成が来てくれました!

 

霧島・霞・霰の三隻が対地装備持ちで、かなり強力です。

 

ガンビーちゃんは夜間強襲として、

ジョン子が連撃、サミュ子も連撃の削り重視のスタイルです。

割合ダメージ狙いであれば悪くはないでしょう。

 

もいっちょ、霧島艦隊です。

完璧な働きをしてくれたのですが、

ここまで追い込んでも本隊でトドメを刺せず

S勝利を逃すというのが水鬼様が水鬼様たる所以ですねぇ……。

 

E-4海域・友軍艦隊・榛名艦隊(強?)

榛名率いる艦隊も来ました!

オワ子が場違いな感じではありますが……。

 

榛名の装備は完璧です!

PT小鬼なんぞ狙わなければ。

オワ子もPT小鬼狙いで……!

本隊にPTスレイヤーを用意しようと思った下りでした。

 

カーチャン・アラレチャンの対地コンビはハマれば強力ですね。

友軍艦隊強化前は、E-3海域で両者を使ってしまったことを後悔もしましたが、

結果的に起用は正解だったことになりました。

本隊にいない方が強力な友軍として参戦してくれることが多いようなので。

 

E-4海域・友軍艦隊・金剛艦隊――二度目のS勝利

まずまずの開幕でネルソンタッチも決まり――

 

いつもの二隻のみを残した状態で夜戦突入!

来てくれたのは最強の友軍艦隊、

ワタ金剛改二丙率いる部隊でした!

 

金剛・榛名・阿武隈が対地装備を持つ強力な友軍艦隊で、

A勝利の安定とS勝利狙いに大きく貢献してくれるでしょう。

余編成だけでなく、護衛退避編成の方でも来てくれますし。

そうして削りに削った挙げ句、ぬいぬい(不知火)がドヤ顔でトドメを刺して

二度目のS勝利となりました!

ドロップは……これが妙ッチャーですね!?

 

E-4海域・掘り編成・比叡&霧島艦隊(護衛退避)

一見、先の比叡・霧島艦隊と同じようですが、

旗艦の赤城さんが司令部施設を積んでいるため

道中で大破艦が出ても護衛退避することで

ボスへの到達率を高めることが可能になります。

とはいえ、最短ルートを通るには水上電探の数が必要になるため、

護衛退避した場合に水上電探が足りなくなることが懸念されます。

しかし、余分に水上電探装備艦を用意しておくことで

護衛退避してもボスまで到達可能にすることが出来るのです!

甲難易度の場合は水上電探が四基必要ですので、

五隻に搭載しておけば護衛退避しても足りるというわけです。

 

このように、道中で二回護衛退避が発生したとしても

Rマスに逸れつつもボスまで到達することが可能ですので、

同時に二隻が大破するというようなことでもない限り、

ほぼ確実にボスまで辿り着くことが出来るようになります。

そして、友軍艦隊の来た今となっては

まずA勝利を収めることが出来ますので、

掘りには持って来いの編成であるとお勧め出来ます♪

 

6/12の友軍艦隊強化後、下の余編成である程度友軍艦隊を見極めた後、

ボス到達率の高い護衛退避編成に戻すことにしました。

その際、気付いた諸問題に対する変更を盛り込みました。

とはいえ、PT小鬼対策に駆逐艦をPTスレイヤー装備にしたくらいですが。

PT小鬼が夜戦まで残ってしまうと、友軍艦隊が機能不全に陥ることがままありましたので。

あとは、雷巡が魚雷カットインしようがしまいがあまりS勝利には繋がらない感じだったので、

それならばと北上さまと経験値が離されてしまった大井っちに替えたのでした。

 

E-4海域・掘り編成・三度目のS勝利

下の方で紹介していますが、この編成でも来る最強の友軍艦隊である

ワタ金剛艦隊の活躍もあって、三度目のS勝利を取れました!

ドロップは……ホロ背景!

これが陸ッチャーですね!?

なお、この後も陸ッチャーは来ましたよ……。

ともあれ、この護衛退避編成でも

S勝利を取ることは可能だとわかりました!

 

あと、ボス前で護衛退避した際に二期になってからは初のドロップとなる

コマちゃん(Commandante Teste)が来ました!

一時期すごくいましたが、ほぼ季節グラの改造していなくなりました。

梅雨グラ、来ますかね?

 

E-4海域・掘り編成・ボス支援導入

護衛退避編成で、ほぼボス到達が確実になったのと

あと一歩でS勝利を逃すことが多かったのもあって、

ボス支援でその一歩・一手を埋めようと思い立ったのです。

……で、その矢先に初戦大破→護衛退避→空襲で大破

&残る駆逐艦小破で護衛退避不能になるという

嫌がらせを仕掛けてくる右の人です♥

で、次でボスに到達してかなり良い感じの開幕にボス支援でダメ押ししたのですが、

本隊の昼戦自体は同航戦にも関わらずタゲに恵まれずグダってしまいました。

 

やはりあと一手が足りないわけです。

筑摩が夜戦で大破を喰らわなければ、あるいは大井っちの二撃目がクリティカっていたならば……!

 

E-4海域・友軍艦隊・榛名艦隊(弱)

榛名艦隊からオワ子を抜いた弱編成が来ました。

これでも全員が対地装備持ちなので普通に強いです。

 

再び榛名弱友軍でした。

例によって大井っちは仕留められず。

そろそろ北上さまと交代して魚雷カットインにしてみますかね?

ドロップは……ホロ背景!

これがしおッチャーですね!?

てか、セカンドしおんちゃんデース!

 

その後もホロ背景で淀ッチャーが来たり。

 

E-4海域・友軍艦隊・ガンビー艦隊(弱)

ガンビーちゃんの弱編成が来ました。

 

誰も対地装備を持っていないので、決定力不足になりますね。

 

ま、A勝利出来るのなら文句はないんです。

この日は基地が腐ったりクソタゲすぎてC敗北を喫するのが二度もありましてねぇ……。

 

セカンド・ジョンストン!

なんとなくS勝利取れそうだなーと夜戦してみましたが、やはり取れず。

ってとこで、今度こそフレッチャー……級ッ!

限りなく正解に近いのは確かなのですが、違うよそうじゃねェッ!(バシィ

確率的には半分の薄い方が来てしまいました……。

なんにせよ、セカンド・ジョン子の着任です♥

 

四度目のS勝利

もうボス支援も出しておらず、A勝利で妥協する構えになっていますが

それでもS勝利を取れることはあります。

四度目のS勝利では……本日二度目のお淀でした。

 

五度目のS勝利、そして――

週が明けて、ウィークリー任務をあらかた済ませてからの掘り再開で

ボス前にてサード・ガンビーちゃんが来てしまいました!

これでノーマル改造と秋刀魚改造に対応出来ますね。

 

それからしばらくして、ちと苦しめですがS勝利の目アリと見て夜戦を挑みます!

だいたい姫級×三隻残しの場合には、強い友軍が来ることを期待して夜戦していました。

ほぼ全てA勝利止まりでしたが――

 

最強のワタ金剛艦隊が来てくれました!

それでもなおS勝利とはならないのが通例でしたが、

今回は(撮れませんでしたが)金剛がバキちゃんを倒し、

榛名が集積地を燃やし、アブーンが中枢を撃破するという大活躍!

そして、幾度となくあと一歩でS勝利を逃してきた本隊でしたが

今回はキッチリちくまーがトドメを刺してくれました!

つくづく、E-4ボスでのS勝利を阻んでいるのは水鬼様だと思います。

これがノーマルダイソンであればS勝利は現実的で、

例えダイソン改であってもそこそこS勝利は取れていたでしょう。

水鬼様はアカンですよ水鬼様はッ!?

なんだって大ボスが随伴でいやがるんでしょうねぇ……?

 

ともあれ、五度目のS勝利で

来たアアアアアアァァァァァァ~~~ッッ!!!??

やっと……やっとフレ子が来てくれましたッ!!

この瞬間、神楽の本イベントが終了いたしました。

盛大に資源や時間や精神をすり減らしましたが、報われることが出来ました。

正直、色々と言いたいこともあったのですが――

 

終わった今となっては、もういいや♥

 

E-4甲への総出撃数157回中、ボス到達110回、道中撤退47回。

E-4ボスでのS勝利5回、A勝利99回、C敗北6回。

ボス到達率は通算ではかなり低いですが後半は持ち直しまして、

コンスタントにボスまで行けて

A勝利狙いで夜戦せずに済むこともあって

燃費も比較的軽くて道中戦が安定するという点では、

S勝利狙いでもなかなか取れず道中が不安定な余編成よりも

司令部施設の護衛退避込みの

比叡・霧島艦隊に軍配が上がる印象でしたね。

 

E-5海域突破してALL甲クリアから掘り始めまして、

燃料は4万減っていることになりますが実際のところは、

途中の遠征回復量を見込めば計8万は飛ばしていることになります。

一時は自然回復域まで行ってしまいましたしね。

 

そして、新艦娘着任の儀によりフレ子を剥きました♥

網がヴェールのように頭に掛かっているのは意図的なのでしょうか?

この網は別に秋刀魚漁を意図したものではなく、

史実で海中に落ちた人員を救助するために投げられた

甲板資材固定用の網の再現とのことです。

あと、ぱんつに穴空いちゃってますよ?

……卑しい長女すとんて!

 

しかしまぁ、でっけぇな!?

これでは収まらなくて服をはだけているのも仕方のないことなのかもしれません。

それを真似ているのか対抗しているのか、どうなのかねジョン子君ッ!?

そのエロさとは裏腹に、本人は至って真面目で駆逐艦にあらざる母性を体現しております。

まさに、マザー・フレッチャー。

やたらコーヒーを淹れてくるのはどうなんでしょうか?

 

――というわけで、ねんがんの フレ子を てにいれたぞ!

→殺(以下略)

そして性懲りもなく、気持ちは次なる目標であるところの

E-3海域セカンド・タシュ子掘りに向いてしまっている神楽です。

こんな残り資源なのに、業の深い……。

 


艦隊これくしょんランキング

コメント